2006/11/26

「神戸在住」第9巻  BOOK


「神戸在住」第9巻を読んでいたら
遊佐未森さんの「地図をください」をモチーフとした話があって
ひさしぶりに聞きたくなったら
たいしたものでちゃんとYoutubeにありました。
この曲が収録されてた「空耳の丘」は
この「神戸在住」の主人公と同じくらいの頃
大学時代によく聞いていました。

あと、LA-PPISCHの「ハーメルン」も。

「神戸在住」を読むともう一度大学時代をやり直したくなりますね。
もう一度ベルトの様なモノで教科書を縛りたくなりますね。
まあ、私の大学時代でもそんなもんで教科書を縛っているのは
私ぐらいでしたが…。
傍目からは「どんなコントだ?」と思われていたことでしょう。

ともあれこの第9巻では卒業間近になった主人公が、ゼミの先生の薦めで
京都の地方劇団のお手伝いをする話が載っています。
舞台好きにはちょっと嬉しい挿話です。

巻末に追加されている描きおろし漫画の1節
「その人の好きな曲というのはその人の心の奥底に流れている曲」
という言葉があって
私も常日頃そう思っていたのでこれも嬉しかったり。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ