2004/10/15

張學友「黒與白」  CD


張學友「黒與白」聞いています。

1つの前のアルバム「Life is Like a Dream」は
張學友が3年の月日をかけて作り上げた
デビュー以来初めて全10曲が自作曲という
記念すべきオリジナルアルバムにもかかわらず、
なぜかどれひとつとっても琴線に触れる曲がなくて
1度聞いたっきりになっていますが、
この新曲5曲を含む北京語ベストアルバム「黒與白」は
耳慣れた曲もあり、はじめての曲もありと
何気にBGMにもってこいなので、何かにつれ聞いています。

ところで、私が持っているのは、9月に発売された黒色版(首批限量版)のほうですが、
先日、収録内容が全く同じ(CD2枚、DVD1枚)の白色版(普及版)が発売されました。

まかり間違って買いそうですが、
必死にその衝動を押さえ込んでいます。

香港のCDでは、こういうことはざらにあって、
同じCDでも、後日ミュージックビデオが収録されたVCDや
ミニ写真集(年末ならカレンダー)のついたものが
装いも新たに発売されたりします。
そのたびにCDを買うと、いつの間にか同じCDが家に
何枚もあるという状態になってしまいます。
SACD(Super Audio CD)なるものが出てきてから
さらにその傾向が激しくなってきました。

実際1999年の暮れに発売された「走過1999」なんて
香港版、台湾版、カレンダー付き、VCD付きと
同じCDが家に4枚もあります。

「黒與白」はそんなことにはならないと強く願っていますが、
これのブックレットの写真が鼻血出るかと思ったほど良かっただけに
普及版以外で新装版が出たら間違いなく手を出してしまいそうで怖いです。

クリックすると元のサイズで表示します

DVDの1曲目「黒白畫映」の映像は
なんか、海賊の人みたいでしたけどね。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ