2004/10/10

映画「獄門島」  MOVIE


どんなにお金を使っても
全て「必要経費」で落とせる金田一さんが羨ましい。
ということで第6弾「獄門島」です。

市川監督の金田一シリーズとしては第三弾にあたります。
前2作に比べ、死体のグロテスクさが抑えられ
ちょっと失速したという感じがしないでもありません。
映像も、これまでほど凝っていないように思えます。

この「獄門島」も原作は読んでいませんが、
JETという方が漫画にされたので大体内容は知っています。
………って犯人増えてませんか?
勝代さんって誰?
市川監督は何が何でも真犯人役の人に
無理のある若作りをやらせたいんですね。
そして、それには佐分利信では流石に無理とお考えなんですね。

その佐分利信演じる和尚が3つの条件が1つ欠ければこの犯罪は行わなかったと云っていますが、
その1つは、つきつめていくと金田一耕助さんが島に来たからじゃ…?
よそ者を受け入れないという島ならではの封鎖的な人間関係がもたらした事件ですが
それにしては、島の人たちはあっさりと金田一さんと仲良くなっているようなんですけど
旅行者は良いのでしょうか?
ささやかな疑問です。

ところで、大原麗子さんは今どうしているんですか?
日本の芸能界には疎いので知らないんです。
だいぶ前から気にかかっているんですけど、未だ詳しいことを知りません。

…あれ、そういえば与三松さんってどうなったんですっけ?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ