2004/8/26

映画「電影行動1:99」  MOVIE


今回は、映画「電影行動1:99」のことです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

香港版の「電影行動1:99」をお友達から貸してもらったのはよいが、読めない中国語&英語字幕を目で追うのが非常に面倒くさい。
そのうちそのうちと、ずっと棚上げしていたところ、そのうち意外や日本でもDVDが発売された。
さらに、8月の下旬からはその日本語字幕版がチャンネルNECOで放送されたので、いよいよ重い腰をあげこれを機に観ることにする。

「電影行動1:99」は2003年にアジア各地で猛威を振るったSARS撲滅チャリティーのため、香港の映画スター、スタッフが結集して作ったショートフィルムをまとめた作品だ。
こういうボランティアのための映画をごく当たり前のように作るのは、香港の凄いところだ。
1本1本はテレビCMの間に挟むため1分弱しかないが、この「電影1:99」では
実際にテレビ放送されたバージョンのほか、短縮する前のオリジナルバージョンとメーキング映像がついている。
内容は以下のとおり。

1「狂想曲」
《監督》 ジョニー・トー、ワイ・ガーファイ
《出演》 アンディ・ラウ、サミー・チェン、ラウ・チンワン
2「子ブタは体調不良」
《監督》 フルーツ・チャン
《監督》 Shine、サム・リー
3「いつも笑顔で」
《監督》 テディ・チャン
《出演》 シッ・ラッイン
4「信じるも信じないも ご勝手に」
《監督》 ツイ・ハーク
《原作》 ウォン・ザ
5「必勝香港」
《監督》 チャウ・シンチー
《出演》 ジェニー・イップ
6「ミス香港は誰?」
《監督》 ジョー・マー
《出演》 イーソン・チャン、ウー・フォン、ニキ・チャウ、 デニス・ホー
7「飛んでる家族」
《監督》 メイベル・チャン、アレックス・ロウ
《出演》 アンソニー・ウォン
8「運よ開け」
《監督》 ダンテ・ラム、ゴードン・チャン
《出演》 アーロン・クォック、ジジ・リョン、ウォン・ジーワー、ジョシー・ホー、ジジ・ライ
9「マクダルの1:99」
《監督》 ブライアン・チェ
《声の出演》 ジャン・ラム、the Pancakes
10「2003年春・追想」
《監督》 ピーター・チャン
《出演》 トニー・レオン、バージニア・ユン
《「オリジナル・バージョン」のみ出演》 クリストファー・ドイル、サンドラ・ン、アルフレッド・チョン、ポール・ウォン、ジョン・チョン
11「輝ける未来」
《監督》 アンドリュー・ラウ、アラン・マック
《出演》 カリーナ・ラウ、フランシス・ン、アンソニー・ウォン、チャップマン・トー、ショーン・ユー、エリック・ツァン、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、エディソン・チャン


錚錚たるメンバーの名前が連なっているが、カタカナ表記で書くとそんなに凄いように見えないのが悲しい。
その錚錚たるメンバーのなかに香港の黒柳徹子こと、レオン・ライの姿がないのも寂しい。
作品については
1「狂想曲」のアンディ・ラウが相変わらずロン毛が似合っていないことや
6「ミス香港は誰?」には野沢直子がいたり
8「運よ開け」がいまさら「マトリックス」なのもどうかと。
ただ、どれもこれも、良くも悪くも香港的。

どの作品も、「SARS』がテーマであるため、内容は、「香港、加油!」「香港の医療施設、ありがとう!」といった感じで、SARSから時を経た今見るとなんとも云えない。すっかり出遅れてしまった。

とまあ、
香港芸能迷だった頃の私からずいぶん遠ざかってしまったことを改めて実感する。

なお、DVDのほうはさらに特典映像として「全40名にも及ぶスタッフ・キャスト紹介」と「メイキング」映像がついているらしい
そこまでは放送されず、ちょっと残念。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
0



2004/8/29  23:25

投稿者:「行きたいところに行けばいい」管理人

関係ないけど、黎明って中谷○宏に何気に似ているような…

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ