2006/2/20

ベストテン  MOVIE


何を今さら、という感じですが、
ようやく「映画芸術 2005年日本映画ベストテン&ワーストテン号」
を読むことができました。

数ある年鑑映画ランキングや映画賞のなかでも、毎年注目しているのが
この「映画芸術」のベストテンと日本映画プロフェッショナル大賞の
2つです。

で、その「映画芸術」のベストテン




1位 リンダ リンダ リンダ 監督:山下敦弘
2位 パッチギ! 監督:井筒和幸
3位 いつか読書する日 監督:緒方明
4位 カナリア 監督:塩田明彦
5位 空中庭園 監督:豊田利晃
6位 レイクサイド マーダーケース 監督:青山真治
7位 運命じゃない人 監督:内田けんじ
8位 火火 監督:高橋伴明
9位 せかいのおわり 監督:風間志織
10位 17歳の風景 少年は何を見たのか 監督:若松孝二

…あれ?
今年は意外と面白味がないような…。
他の映画賞と大差がありません。
キネマ旬報と比べると、過半数が被っています。
こんなん「映画芸術」じゃないです。

「パッチギ!」が2位ですか?
この映画が公開された時には、ここまで評価高かったっけ?
というか、観たという人に出会ったことがなかった映画だったのに…。

ちなみにワーストテンはこちら。
1位 ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴
2位 オペレッタ狸御殿 監督:鈴木清順
2位 TAKESHIS 監督:北野武
2位 ローレライ 監督:樋口真嗣
5位 またの日の知華 監督:原一男
6位 北の零年 監督:行定勲
6位 容疑者 室井慎次 監督:君塚良一
8位 NANA 監督:大谷健太郎
9位 鉄人28号 監督:冨樫森
10位 阿修羅城の瞳 監督:滝田洋二郎

ね、偏っているでしょ?
この偏り具合が好きなんです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ