2004/10/1

2時間ドラマ「八つ墓村」  TV


フジテレビで午後9時から放送された「八つ墓村」を見ました。
4月に放送された「犬神家の一族」に引き続いて金田一耕助に稲垣吾郎を配したあれです。
4月にすでに予告があった第2弾です。

他の配役は
田治見辰弥:藤原竜也
森美也子:若村真由美
田治見春代:りょう
田治見要蔵&久弥:吹越満
小竹さま:江波杏子(なぜか小梅さまは違う人が演じています)

この物語で不気味で怖い役回りである田治見要蔵、小竹&小梅さまを差し置いて
なぜか田治見春代さんが怖いです。
ていうか、演じているりょうさんが怖いです。
彼女と比べれば、吹越満さんなんて可愛いものです。
彼女なら村民全員がかかってきても気迫だけで田治見家を守っていけそうです。
そして、そんな彼女を上回りさらに怖いのは森美也子さんです。
若村真由美さんが出てくるたびに彼女の背後に釈尊会のあの人の姿が見える、見えてしまいます。
これは怖いです。
若村真由美さんの背後の生霊が怖いです。

それ以外では、やはり恐怖に駆られた村民の集団心理が怖いですね。
彼らにとっては多治見家は自分達の生命を脅かす存在でしかないので
自分達に関係ない多治見家ゆかりの人が死んだだけでも
いや死ぬ前からヒステリックになってしまうのは仕方ないですが
集団で1つの「邪悪」に向かおうとするとどうしてあんなふうになっちゃうんでしょうか?

これで、辰也さんはあわや命を落としかけるんですが
こまったことに、そのピンチから救いだしてくれるのは
警察でも金田一耕助でもなく
八つ墓村で惨殺された8人の落ち武者の亡霊なのは




いただけませんよね。
それはないですよね。
横溝正史先生もびっくりな結末です。

ついでに、美也子さんが死ぬのは、春代さんに噛み付かれた小指の怪我が原因なんですけど
そこはそれ流石りょうが演じただけあって
春代さん、ただ噛んでいるだけでなく
第一関節から噛み切っています。
もし今後「極道の女たち」が映画化されるなら姐役はりょうさんで決まりです。
こ、怖っ!

ところで、これまでも何度も映像化されている「八つ墓村」ですが
残念ながら、今作品でも原作ではもっとも愛らしく金田一よりも活躍する
里村典子さんの存在が全く無視されています。
これは一九七七年に野村芳太郎監督が撮った「八つ墓村」の影響が大きいのかもしれません。
私は、この里村典子さんが好きだったのでこうもないがしろにされると、残念です。
さらにその里村典子さんのお兄さんで美也子さんが事件を起こした動機となる
里村慎太郎さんも影が薄いです。演じた俳優さんの顔すら覚えていません。
そのせいで美也子さんのこの事件に対する思いの深さが伝わってきません。

まあ、でも、2時間ドラマなんで仕方ないかな。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ