2005/12/24

映画「サヨナラCOLOR」  MOVIE


いまさらですが、今日から富山松竹で公開された
「サヨナラCOLOR」を観てきました。

この富山松竹は、ご家族で経営されているような
小さな街の映画館ですが、
いちばん好きな映画館です。
建物が古すぎるため、暖房も音の大きい旧式のもので
映画館から観客一人一人にひざ掛けが貸し出されました。
こういうサービスもなんかアットホームで好いですね。

そういう映画館でこういうやさしい映画が観れるのは
嬉しいです。

「同級生ってどのくらい覚えている?」
すみません。
高校三年間で覚えているのは、女の子の同級生だけです。
男の子のほうは高校時代でさえ、まったく覚えていませんでした。
大学四年の就職活動中に
ある説明会会場で
「俺のこと覚えている」という男の子に会ったのですが、
顔すら覚えていませんでした。
あとで、卒業アルバムを見たら、二年と三年のときの同級生でした。

それはさておき、この映画は
途中から、その後の展開がだいたい読めてしまう映画です。
それでも、映画から目が離せなくなります。

たぶん、今年最後に観る映画になると思いますが
最後にこの映画で締めくくれてよかったと思います。

出てくる俳優さんも
よくこんな小さな役でこんな人たちが!
と、驚くほど素敵な俳優さんが出てきます。
これだけの方を集められるのは、やはり
監督でもあり脚本でもあり、主演でもある
竹中直人さんの人徳でしょうね。
ちょっとしか出てこない人も
多めに出ている人もどの人も
本当に適役でため息がこぼれました。

そして、この映画のもう一人の主演
原田知世さん。
もう、彼女は奇跡ですね。
この映画はこの人しか考えられません。
20年前、角川映画でヒロインを演じた頃のままの
原田さんがいます。

オー・ヘンリーの短編小説を彷彿される
お涙頂戴の少し作りすぎているような物語が
こんなふうに心に残るとは…。

情けなくてちょっとスケベなのに
本当は、とてもまじめで思いやりに溢れている主人公の造形も
またみごとです。

0



2005/12/30  21:45

投稿者:あゆか

お話は、なんか読めちゃうんですよね。
でも、それをカバーして余りある映像と俳優群でした。
竹中さんの主人公が好ましい人物なのが大きいですね。

ところで、東京ですと、俳優さんが観に来ているのに遭遇できるんですね!
凄いです。

YSKさんのBLOGお休みですか?
お忙しいんでしょうか?
あまり無理なさらないでね。
BLOGを復活されるまでmixi見に行きますね!
こちらこそ、よろしくお願いします。

2005/12/29  22:17

投稿者:YSK

私も観に行きましたよ。
お話は少々アレですが、綺麗な映像でしたね。
私が観に行った回は森山未來君や良々が来てました。
9月の事ですが。(笑)

私事ですが暫くBLOGお休みします。
コメントにはレス返そうと思ってますが、
自分からネタを振れる余裕ができるまで。
それまでmixiの方でのお付き合いになるかと思います。
mixiもおやすみしようかと思ってたのですが、
そこまで、世間から離れる事はできなくて(笑)
でも、今後ともよろしくお願いします。

http://love.ap.teacup.com/original/

2005/12/25  21:33

投稿者:あゆか

富山松竹は、ミニシアター系の本当にいい映画を上映しますね。
「サヨナラCOLER」はチェックを入れていなかったので、昨日朝刊の映画欄を見てはじめて知りました。
大森氏はかつての大杉漣さん、田口トモロヲさんに迫る勢いで映画に出演されていますね。
この映画、榊英雄さんも出ていたのですが、どこで出ていたのか判りませんでした。
そのくらい、ちょこちょこいろいろな俳優さんが出ています。

私も車は、4,5年前に買いました。勤め先の都合で必要に迫られたためですが、それでなかったら今も公共の交通機関を利用していたと思います。

2005/12/25  1:56

投稿者:欺羽

8月ぐらいから、チェック入れてたんですよ、サイト。富山での上映を調べに。で、最近行ったら、前は無かったと思われる壁紙があったので、いただきしてきました(笑)。
大森氏、本当に色んなトコロでお見かけします…。うわー、更に観たくなってきた(単純)。

電車とは、「汽車」の方です(苦笑)。
いい歳して(?)無免許なので、移動は公共機関か、友達の車という、面倒な人間なのです(爆)。

うーん、ポールのお店にも行きたいしな…。もうちょっと雪が少なくなれば融通利くけれど(-_-;)。

明後日の天気は、と…。

http://confused.jugem.jp/

2005/12/24  23:22

投稿者:あゆか

欺羽さんの壁紙好いですね!
良かったですよ、「サヨナラCOLOR」。
曲の方の「サヨナラCOLOR」も素敵でした。
大森南朋さんもチラッと出て来ています。

松竹は、電車ですか…
それは市電という意味ではなくて「汽車」のほうですか?
年末なのでしばらく上映されていると思うのですが、どうでしょう?
3月には「カーテンコール」も公開されるようなので楽しみです。

2005/12/24  22:49

投稿者:欺羽

これ、観に行きたいんですよー!今の壁紙、『サヨナラCOLOR』ですもん。
ただ、松竹という場所が…電車ですからね。自分の交通手段(爆)。いつまで公開されてるんですかねぇ。

竹中氏がこの映画を作るきっかけになった、曲の方の「サヨナラCOLOR」も好きです。

http://confused.jugem.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ