2005/3/29

映画「N.Y.式ハッピーセラピー」  MOVIE


アダム・サンドラー主演「N.Y.式ハッピーセラピー」を
観終わってキレちゃってます。

最初から、おかしいんですよ。
ありえないことばかりが起こるわけですよ、主人公の身の回りで。
行く先々で不幸が待ち構えているわけですよ。
もう仕組まれたかのように事が主人公にとっては悪いほう悪いほうに流れていって
いくらなんでももうこれは誰かの策略だろうと思ったら
そのとおり、策略なんです。
気がつかない主人公はよっぽどどうかしています。
怒り抑制セラピストを受けなくてはならないとは思えないほど
我慢強い主人公ですが、他人のこと信じすぎです。

主演のアダム・サンドラー、顔もヘアースタイルも性格も
ほぼ「パンチドランク・ラブ」と同じ人物を演じています。
2本続けてこんな映画だと
いくらアダム・サンドラーが好きでもちょっと困ってしまいます。
ぶっちゃけて云うと、冒頭の10分で
観る気うせちゃって…。
アダム・サンドラー好きなんですよ。
アメリカ俳優で誰が好きと聞かれたら
エミリオ・エステベスとブレンダン・フレイザーの次くらいに好きで
SNLのビデオも持っているくらいなんですから。

ラストの出演者一同が手と手をつないで
輪になって踊ってハッピーエンドといううそ臭い結末も
頭痛いです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ