2005/1/30

映画「幸福の鐘」  MOVIE


SABU監督作品なのに主演が堤真一さんではないせいか
よい評判も悪い評判も聞かず
今ひとつパッとしない「幸福の鐘」ですが、
う〜ん、私は好きです。
SABU監督らしくない映画ですけど
SABU監督の作品の中ではいちばん好きです。

何か欲しいものを手に入れたとか
自分が認められたとか
成功を収めたとか
そういう即物的な幸せではなく、
とてもささやかでとてもありきたりなのに
人に説明しても判ってもらえず
自分でもどこが普段と違うのか判らないけど
しみじみと染み込む幸せってありますよね。

そういう幸せの映画です。
そういう幸せを主題にして
人に見せるのって難しいと思います。

留置場に入れられようとも
人を殴ろうとも
火事で子供を助けようとも
車に轢かれようとも
宝くじに当たろうとも
末期がんの人を見ようとも
表情ひとつ変わらなかった無口な男が
一瞬にして饒舌になり笑顔になる瞬間、
たぶん、堤さんでは
その瞬間をここまでのものにすることはできなかったでしょう。
演技とかじゃなく、その人の持ち味の問題なんでしょうが、
寺島進さんのために用意された映画ですね、これ。

1



2014/12/2  22:03

投稿者:コトタマノマナビ

紹介


日本語の起源

言霊百神

kototama 100 deities


http://futomani.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ