2005/1/31

映画「インストール」  MOVIE


評判がすこぶる芳しくない角川映画「インストール」を
満を帰して観てきました。
何しろ、中村七之助がね…。彼が出ているからね。
たぶん大丈夫と思いつつ、
それが理由で打ち切られる前に観てきましたよ。

で、やっぱり普通にアイドル映画でした。
角川と云えばやっぱり普通にアイドル映画でした。
しかも上戸彩&神木隆之介のWアイドル映画でしたよ。
七之助も梨園のアイドルですから
トリプルアイドル映画でも一向に構いません。

私は原作を読んでいませんが、
17歳の女子高生が書いた小説を
「ご要望にお応えて映画にしてみました、エヘ
みたいな映画です。
女子高生ではなく、過去に女子高生だったこともない人が
撮っているので「女子高生ってこんな感じぃ?」なノリです。

まあ、監督の名前からして
片岡Kなんて「まるでフジテレビで深夜バラエティ番組を作っていそうな」
名前なので期待のしようがありません。
どこをどうとっても賞とは無縁な感じが自ずからして清々しくもあります。

全体的にどこかプラスチックっぽいです、出てくる人も建物も衣装も。
ダイソーで買ってきたものだけでお部屋を模様替えしたら
この映画みたいになっちゃうかもしれません。

お店のディスプレイとして
店内モニターに流したら、ちょっとオシャレ!
ってそんな使い道がいちばんあっていそうです。

私は嫌いじゃないですけどね、こういう映画も。

下手にこねくり回していない分
軽やかに観ることができます。
それに多少つじつまが合わなくても
「そう云う映画だから…」
で済ませちゃえるお得感もあります。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ