2012/9/23

ハリソン君、それ旧式やで。  MOVIE

あ〜、突然ですが
うっかりこのブログにたどり着いてしまったという皆様、
突然ですが
「クリス・エヴァンス」についてどう思われますか?

おそらく検索サーチで
この記事にたどり着いたと思われる皆様が
その際「クリス・エヴァンス」でいらっしゃったと
推測して上でお訊きしてみたのですが

「クリス・エヴァンス」についてどう思われますか?

と、その前に
ご存じない方のために
この人がクリス・エヴァンスです。

クリックすると元のサイズで表示します
いくらなんでも「そんな奴おれへんやろ〜」


……明らかに写真のチョイス間違えました。

自分で択んでおきながら、「なんじゃこりゃ」ですね。
これ、ほんとにクリス・エヴァンスか?


という疑問はさておき

代表作は
「キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー」
「アベンジャーズ」
での
キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース役。

お判りになられたでしょうか?

さて、スティーブを演じているときのクリス・エヴァンスは
かように視界がはっきりとしている顔つきをしております。

クリックすると元のサイズで表示します
とは云え、皆さんまず目が行くのは彼の顔ではなく鍛え上げられた胸筋の方です。

しかし、
それ以外の役を演じている時のクリス・エヴァンスは
なんか輪郭がぼんやりしていると云うか
全体的に淡いと云うか
色素が薄いと云うか
記憶に残らないと云うか

クリックすると元のサイズで表示します
キャプテン以前のエヴァンス。何度見ても印象が曖昧模糊。

とにかくそんな感じに見えてしまうのです。




とりあえず私にとっては。

視力2.0で見ているのがスティーブ・ロジャースならば
0.1以下の人間が裸眼で見ているのが
それ以外のクリス・エヴァンス。

やはりこれには七三分けが大きく作用しているのでしょうか?

無論、両者の違いは見た目だけに留まりません。
輪郭がうっすらなクリス・エヴァンスの役どころはというと
女好きでちゃらちゃらした軽薄な青年が
その映画の上映時間をフルに費やして
赤の他人のために
一見持っていなさそうな知力と正義感を尽くして戦うことで
急激に男を上げるといったものが多いような気がします。

そのへん、キャプテン・アメリカだけが
常にいかなるときも好青年と
クリス・エヴァンスにとっては異色な配役と云えましょう。

たいていは、見た目(体重の話ではない)も中身も軽い青年
それがクリス・エヴァンスに与えられる役どころ。

そんなクリス・エヴァンスが見れる
数多い映画の一つが
本日の映画

クリックすると元のサイズで表示します

「セルラー」です。


さて、そんな「セルラー」が地上波で放送された時の
CMがこれ。


危機また危機の以心電信サスペンス…って上手いこと云っているつもりなのか?

クリス・エヴァンスにとっては
かなり初期の作品に当たり
世界的に名前が知られるようになった
「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」
の前年に公開された映画となります。

共演はキム・ベイシンガー。

それはともかく、このCMで
ジェイソン・ステイサムの名前が一切出てこないのは
いったいどういうことなんでしょうか?

何か悪い冗談ですか?

この映画がテレビ放映される頃には
そこそこ名前売れていたはずですよね?
「トランスポーター」も公開済みですよね?
なのに、一言も触れないのはなにゆえに?

むしろ、お茶の間の皆様にとっては
クリス・エヴァンスこそ何者?だったのではなかろうか
と、思ってしまうのですが、そのへんどうなのでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します
体つきが既にキャプテン・アメリカ。但し胸に体毛、腕にタトゥー(氏)あり。

さて、ここでストーリーを紹介しますと

生物教師のジェシカ(キム・ベイシンガー)はある朝突然自宅に押し入ってきた男たちに誘拐される。犯人のリーダー格のイーサン(ジェイソン・ステイサム)はジェシカをある家の屋根裏部屋に監禁。さらにその部屋にあった電話を破壊し出て行く。ジェシカは粉々になった電話を何とか使えるまでに修復し外部に助けを求める。そこで繋がったのは見ず知らずの青年ライアン(クリス・エヴァンス)の携帯電話だった。ジェシカの切迫した声に押され、切れそうになる電波を持たせながらジェシカ一家救出の為奔走する。またライアンから捜索依頼を受けたボブ巡査部長(ウィリアム・H・メイシー)も事件に巻き込まれていく。(wikipediaより抜粋)

と云ったところですが
今見るとどうしても古びて見えるのが、真の主役である携帯電話。
当時の最新式が使われているとはいえ
携帯電話の栄枯盛衰は光陰矢のごとし。

携帯電話の移り変わりは他の何物にも勝るのです。

なにしろ、
あんまりにも進化が早いため
カラオケ店で流す映像になるべく携帯電話を映さない
という暗黙の了解が業界には存在しているくらいですからね。

それでも、
この映画における携帯電話の使い道の数々には
舌を巻きます。巻かされます。

それはもう
「当時の携帯電話でできることを1つ残らず取り入れて
1本映画撮っちゃいました。てへぺろ。」
って感じなんですよ。

改めて、携帯電話凄ぇぇ!ってなります。

しかもその徹頭徹尾ぶりたるや。
エンドクレジットのスタッフ、キャスト紹介にまで
携帯画面を使用。

クリックすると元のサイズで表示します
しかも配役紹介はなるべく演者が役で使った電話の画面に名前が出る仕組みになっている。

ここまで手を抜いてないと見ていて嬉しいですね。

いや、これは香港でリメイク作るわ。

また、伏線の張り方も上手い!

いやいや、思った以上に傑作でした。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒーローとヒロインが安易に恋に落ちたりしないドライさもたまらなくいい!!

ところで、
ジェシカが電話を通してしか話せないライアンに
誘拐犯の特徴を聞かれ
「髪の短い」と、説明した時は
そんなに犯人に気を遣わなくても
「ハゲ」って云えばいいんだよと
思ったのはおそらく私だけではないはず

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、確かに正しくは「ハゲ」とも云い切れませんが、短いというレベルでもない。


…ですよね?



ああ、そうそう。
クリス・エヴァンスに話を戻しますが
この筋肉が劇中全く生かされず
据え膳を食ったような気持ちが後々まで残っているのですが

クリックすると元のサイズで表示します
乳バンドを贈りたくなるようなこの胸筋の活躍の場が一切無しとは。

これはいったいどういうことなのでしょう?

まあ、相手(ステイサム)が悪かったとしか…。

クリックすると元のサイズで表示します
ステイサム相手では戦ったところで全く歯が立たない。

 
う〜ん、こうして文章にしてみると
確かにクリス・エヴァンスの乳にばかり目が行って
ジェイソン・ステイサムについては取り立てて書くことが
見当たりませんね。

 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ