2012/8/21

本日は『泣ける映画教えてください』にお答えしましょう。  MOVIE

韓国にチョ・ジンモと云う俳優さんがいます。

結構好きな俳優さんなので
テレビドラマ以外、映画であれば
DVDは目に入り次第借りては見ているのですが

どういうわけか
これまで見てきた映画では
8割がた「心根が優しすぎるため不幸となり」
その5割がた「最後には死にます」。

お顔立ちが整っているのですが
(個人的には韓国俳優1正統派美男子だと思う)
どことなくもっさい印象を受けるせいかもしれません。
 
ゆえに大変に仕事はできるけれども
金銭欲とか出世欲がなく
味方が少なく敵が多い役どころが
よく回ってくるように見受けられます。

そんなわけで
今回借りてきたのは
 
「愛 サラン」

クリックすると元のサイズで表示します 

というDVD。

なんかもう、DVDジャケットからして
獰猛な不幸臭が漂ってきてるんですが…。
そして、極めつけに
「韓国で200万人が涙した」とか書いてあるんですけど…。

韓国の2007年の人口は4905万人だそうですから
全国民の4%がこの映画を見て泣いたことになります。
意外と少な!と思いましたが、
日本の人口で比較するとだいたい
「500万人が泣いた」
に相当するわけです。
そして、その割合に合致する日本映画を検索すると
真っ先に出てくるのがこれ
キミとボク」 (の原作)。
また、日本で「泣ける映画」と云えば
その代表格である「恋空」では2500万人が涙したんだとか。

まあ、そのくらい凄いってことです。
いや、逆に凄さが薄まりましたか。



と、なんでここまで長々と
前フリに力を入れているかと申しますと



見終わった途端、そのまま寝込むほどの
チョ・ジンモの不幸っぷりに(←いつものこと)
心身ともに毒されたから。


意を決してこの記事を書くまで心が立ち直るのに
正直4日かかりました。

ほんと、自分、メンタルが異常に弱いもので
スプラッタ的サスペンス的なのはまだ平気なのですが
救いようのない不幸なる直球喰らった日にゃ
なす術がなくひれ伏してしまうのです。

なにしろ石井ふくこプロデュースのテレビドラマなんて
怖くて見れませんでしたもの。
ストーリー上、次の展開で
「この人不幸になる!」
と、感知したら
瞬間スイッチ消していたくらいですから。

そして、いまだクリント・イーストウッド監督作品が
1本も見れないくらいですから。


さて、物語は主人公のチェ・イノが
釜山の小学校に転校してくるところから始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
利かん気の強そうなイノ。

そこで出逢ったのが同じクラスの美少女ミジュ。

クリックすると元のサイズで表示します
清楚そうな美少女ミジュ。

典型的なBoy meets Girlです。

クラスメイトの男子に嫌がらせを受けていたミジュを
助けたことからイノは転校早々
彼女の誕生会にお呼ばれされます。

しかし、誕生会当日、
自分の宝物を売ってまでして買った
バースデイプレゼントを持って
イノが彼女の家を訪ねると
ミジュの一家は夜逃げしており
彼女の家には借金取りの集団しかいませんでした。

そして、その日を境に教室からも
ミジュの姿は消えてしまいました。

それから数年が流れ、高校生になったイノは
鑑別所から復学したばかりのサンウという不良に絡まれ
大怪我を負います。

しかし、そのことがきっかけで
急速に仲良くなるイノとサンウ。

クリックすると元のサイズで表示します
高校生だと思って長い眼で見て欲しいイノとサンウ。

しかも、サンウの妹はなんと初恋の相手ミジュでした。

クリックすると元のサイズで表示します
殆ど笑わないミジュ。それだけで不幸な女感がハンパありません。

再会した途端、一目で相手が誰なのか判る2人。

これはもう「運命の恋」と2人が思っても不思議ではありません。

しかし、
どうしようもない家庭環境に悲観したサンウが
母親を殺して自殺したため、
ミジュは母親の借金の肩代わりとして
ヤクザに拉致されてしまいます。

彼女を取り戻すためにヤクザを刺してしまい
刑務所送りになるイノ。

それから、また数年が立ち、
出所したイノと
事件以降姿をくらましていたミジュが
またも再会する日がやってきます。

そう、これこそが「運命の恋」。



しかし、再会しても2人は幸せにはなれません。
つかのまの幸せはありましたが、瞬殺でした。

クリックすると元のサイズで表示します
あまりにつかの間すぎる幸せ。


なにしろこの映画では
作り手が総出で
「泣ける映画」になるよう全力を傾けているので

主人公とヒロイン以外の登場人物は大なれ小なれ
この2人を
不幸のどん底に突き落とすためだけに
存在しているようなものなのです。

こんなことってある?
と首を傾げたくなるくらいくらい、
この2人以外は
「ドッキリ」で云うところの仕掛け人なんですよ。
「ドッキリ」なら苦笑もできますが、それもできないのですよ。

とにかく、全キャスト・スタッフがガッツリ組んで
全力で2人の恋の邪魔をしてきます。
してきやがります。

その代表がこの鴻池祥肇みたいな
イノがお世話になる警備会社の会長さん。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、ヤクザの親分みたいなものです。

こういう↓判りやすい悪党はまだいいんです。
どうせ最後にはなんらかの制裁が待っているから。

クリックすると元のサイズで表示します
ヤクザのチグォン。これだけ判りやすいと背後に死亡フラグすらうっすら見えます。

会長さんの方はと云うと
出所後、魚市場で働いていたイノを
なにかと目をかけ上に立てる人物になるよう
育ててくれたのはいいのですが、

クリックすると元のサイズで表示します
この状態から

クリックすると元のサイズで表示します
こんな立派になるまで育ててくれました。


こういう恰幅のいい人物が出てきた時点で
勘づくわけです。

「ああ、このままいけば
行方不明のミジュはこの会長さんの妾として
イノの前に現れるのだな。
そして、会長に恩義のあるイノはそのことで
またとんでもなく苦しむのだな。」
と。

そんな勘当たんなくてもいいよ!
と、思う勘ほど当たるもので

クリックすると元のサイズで表示します
思ったとおりでした。

最初は会長の手前、距離をおいていましたが、
遂にはお互いの思いが抑えきれず
会長に頼まれイノが用意したミジュのマンションで抱き合う2人。

クリックすると元のサイズで表示します
ああ、もう、危なっかしくって見てらんない!!

それがあっという間に
イノの立身出世振りが気に入らない同僚、ヒョン室長の密告で
会長の知れるところとなり

クリックすると元のサイズで表示します
ミジュの寝室には用意したイノも知らない隠しカメラがセットされていたようです。

嫉妬に狂う会長命令でイノの命はもはや風前の灯状態、
ミジュも監視つきに。

イノに危険が迫っていることを知ったミジュは
なりふり構っておられなくなり
全てを会長に打ちあけるのですが

クリックすると元のサイズで表示します
ミジュの告白にこう呟く会長。
元はと云えば、2人の話を聴く前に処理しようとしたお前がバカだ。


時既に遅し。
イノは多勢に無勢で重傷を負った上に
冷凍室に監禁中。
後は死を待つのみです。

クリックすると元のサイズで表示します
自分でイノを制裁するよう命じておきながら
本当に指示通りに動いたヒョン室長を殴る会長。


なんとか辛くも脱出できたイノでしたが

クリックすると元のサイズで表示します
イノに謝る会長。でも、嘘だね。会長もヒョン室長もそこまでやる気満々だったね。

イノが殺されたと思い込んだミジュは
岬から飛び降りてそのまま帰らぬ人に。

クリックすると元のサイズで表示します
なんというロミオとジュリエット。

その報告を受けた会長の鬼畜な一言。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう自覚のない人が真の意味での悪役です。

そんなんだから、4人も子供がいて

クリックすると元のサイズで表示します
子育て大失敗。

な子育てしかできないのですよ。


ラストはミジュの後を追うイノの静止画像
なんと1分半も流れます。

これが更なる心にダメージを…。

イノがミジュの後を追うのは判り切っているのに
止めることすらできなかった会長なんかは
数日したら2人のことなんてすっかり忘れてしまいそうですが、
おかげでこっちは寝込む羽目に。


ここまでやられると
「泣く」というよりもはや「怒り」しか感じられないんですけど。
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ