2012/8/13

もう終わりだ。なにもかも。森は死んだ…  MOVIE

世に映画好きは数多(あまた)いれど
やはり映画なら何でもOK云うわけには行かず
そこはそれなりに好きなジャンル
嫌いなジャンル
得意とするジャンル
苦手なジャンルがありまして

私なんぞは
「あ〜、ラブロマはちょっと…。」
と、ぼやきつつも何だかんだ
ラブロマも見てはいるのですが
それ以外にも
一度映画化されると、よほどの興行成績でもない限り
数年に渡りシリーズ化されるほど
世界に愛好者が溢れているというのに
シリーズ第1作だけはかろうじて見るものの
後には全く続かないとジャンル映画がございます。

それは


「ファンタジー」。
有名レンタルショップでは面倒くさいのか
「SF」として分類されている
「ファンタジー」。
いや、そもそも「ファンタジー」って何だ?
児童文学か?
女子供が見るだけでは勿体無い重厚な作品だってあるはず。
人生におけるバイブルがファンタジー小説
という方もおられるに違いありません。

なんで苦手なのか自分のことなのに判りません。
しかし、世界二大脱ぎ男優(と勝手に呼んでいるだけですが)の
ヴィゴ・モーテンセンの出世作といえども
「ロード・オブ・ザ・リング」は
「旅の仲間」以降一切見る気がいたしません。

いや、しかし本当に苦手なのか?
単に食わず嫌いなだけではないのか?
(「ハリーポッター」も「ナルニア」も第1作は見ているのでそれはないと思うのですが)

と云う思いから
友人が無理やり貸してくれた
栗本薫「グイン・サーガ」全130巻(未完)を
3年かけて第13巻で断念した私ですが

これぞ「KING OF FANTASY」
と当たりをつけて借りてきました。

「レジェンド/光と闇の伝説」

クリックすると元のサイズで表示します

監督、リドリー・スコット(「プロメテウス」)
主演、トム・クルーズ(「ミッション・インポッシブル」)

27年前の映画とは申せ
これは間違いないでしょう。
 
 
 

ざっとストーリーを紹介しますと

舞台はどこかの王国での出来事。
王女リリー(ミア・サーラ)は
今日も今日とて王宮を抜け出し(たぶん)
奥深い魔法の森に遊びに来ていました。

クリックすると元のサイズで表示します
デパ地下で試食巡りをするタイプの女、王女リリー。

王女のお目当ては、
森に棲むジャック(トム・クルーズ)という美青年。

クリックすると元のサイズで表示します
どんなことがあってもなぜか生足を死守する美青年ジャック。

「白馬の王子様を見つけるより森に来るほうが大好き。」
などと口で云っておきながら
ちゃっかりお相手をキープしておくあたり
この王女、可憐そうに見えてなかなかしたたかですね。

そんな王女の計算高さを知ってか知らずか
王女にベタ惚れなジャックは
いいところを見せようと
宇宙の秩序として
人間との接触を禁じられているユニコーンを
王女に見せてしまいます。

同じ頃、何の脈絡のないまま
ふと、
「世界を俺色(暗黒色)に染め抜いてやろうか?!
ぐわはははっは。」

クリックすると元のサイズで表示します
二コレットの吸いたくなるマンに似ている魔王。でも、立場上は二代目。

などと思い立った闇の魔王(ティム・カリー)は
手下のブリックスら数名に
ユニコーンの角を奪って来るように命じます。

何ゆえにこのタイミングでそんなことを
魔王が云いだしたのかは判りませんが、
ブリックスら数名はたまたまユニコーンの元に向かう
王女とジャックを見かけ
こっそり後をつけたところ
なんと
好奇心ダダモレ王女が歌でユニコーンの気を逸らし
その体に触ろうとしているではありませんか!!

クリックすると元のサイズで表示します
良い子のみんなは絶対マネしちゃだめ!な行為。

チャンス到来!
とばかりに毒針をユニコーンに撃ち
角を叩き折るブリックス。

その途端一天にわかにかき曇り、
やがて森に雪が降り始めるのですが

禁断のユニコーンに出会えた王女はと云うと
うっとり気分持続中。
そのテンションのままジャックに

クリックすると元のサイズで表示します
そんなこと云ってる場合か、王女。

などと云いだす始末。

真に受けたジャックは王女が川に投げ捨てた指輪を拾いに
川の中へダイブ。

しかし、何の収穫もないまま戻ってみると
あたり一面雪と氷の世界に。

クリックすると元のサイズで表示します
雪の中、手足剥き出しで眠るジャック。いくらファンタジーとはいえ死ぬぞ。

その頃、突然の吹雪から避難した森番の家で
ブリックスたちの会話を盗み聴きした王女は
世界の異変は自分がユニコーンに触れたためと知り、
罪滅ぼしに魔王から
ユニコーンの角を取り戻す決心をします。

ユニコーンの角を手に入れた魔王ですが
世界は一向に暗黒化されません。
というのもユニコーンはオスとメスのつがいで
メスの方はまだピンピンしていたのです。

これでは祈願成就は不可能です。

魔王超ガッカリ。

一方、吹雪の中
ふて寝てするしか能のなかったジャックの方も
妖精ガンプ(デイヴィッド・ベネント)

クリックすると元のサイズで表示します
え?何?何なの、このシャボン玉は?
ちなみにガンプ役は「ブリキの太鼓」のタタタタタタタ!「アー!」の子。


ブラウン・トム(コーク・ハバート)
スクルーボール(ビリー・パーティ)
といった仲間ができ、
メスのユニコーンの保護と
オスのユニコーンの角を奪取するため行動に出ます。

しかし、魔王との戦いのため
ジャックがマジカル変身している間に

クリックすると元のサイズで表示します
マジカル変身したジャック。しかし、下半身は変身し忘れてます。

王女とユニコーンのメスはブリックスらに
あっけなく拉致されてしまいました。

全く使えない王女様です。

ユニコーンの巻き添えを食う感じで
囚われの身となった王女。
そんな王女を一目見たときから
胸に恋の花が咲いた魔王は
王女に無理やり花嫁衣裳を着させて求婚します。

魔王流石やることが早いです。

クリックすると元のサイズで表示します
トムの生足に対抗してかエロ過ぎる花嫁衣裳。なのにトムに負けている。

さあ、ここからがトム、いやジャックのみせどころです。

元々森を駆け回ってるだけの美青年でしたので
剣の腕も力もありませんが、
魔王の弱点は魔王自身の口から
幾度となく、そして誰かれ構わず
告げられているので攻略法はバッチリです。

そして、見事魔王を倒し
ユニコーンの命を救い
王女の心もGETしたジャック。

あ、上記の3行だけでははしょりすぎなので
もう少し説明を加えますと

魔王が亡くなり世界は元に戻ったものの
王女に掛けられた魔法は解けないまま。

クリックすると元のサイズで表示します
その証拠に花嫁のメイクの衣装のままの王女。

ジャックは再度川にダイブし指輪を手に入れると
意識が戻らない王女の元へ。

指輪を王女の指に戻し

クリックすると元のサイズで表示します
あら?結構すね毛が…。

こういう場合のお約束であるキスをします。

クリックすると元のサイズで表示します
ジャックが魔法と解く前から既にメイクも衣装も元に戻っている王女。
これがファンタジーって奴か。


すると、たちまち王女は目を覚まし
最後は結ばれた(非肉体的)若い2人の門出を祝して
旅の仲間全員で盛大にお見送り。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはひとつ「サライ」でも歌い出しそうな旅の仲間。


さて、結論、
こ〜んな愛らしいトムの笑顔をもってしても

クリックすると元のサイズで表示します
どんなヒロインを持ってこようともトムの前では翳んでしまう。

ファンタジーはちょっと勘弁。
 
 
 

0



2012/8/22  10:41

投稿者:あゆか

せー吉様

私も「幻魔大戦」と併映されていた「バンデットQ」以来のアンチファンタジーな上、サイエントロジーであることが問題視される以前のトムもリチャード・ギアに次いで苦手だったのでよもやこの映画を見る日が来るとは思ってもいませんでした。

トニー・スコット監督のご冥福をお祈りいたします。

2012/8/22  3:06

投稿者:せー吉

実写のファンタジーは「ネバーエンディングストーリー」で卒業しましたので、トム好きですが、これは見ておりません(^-^;
監督も弟派なので、喪に服しております(T_T)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ