2012/4/29

お前のためなら死んでもいい ほんとだぜ  MOVIE

原題も邦題も
「ブラザーズ・ブルーム」

クリックすると元のサイズで表示します

というタイトルなので
「ブラザーズ・グリム=グリム兄弟」同様
ブルーム家の兄弟の話かと思っていたら
違っていました。



ブルームは弟の方のファーストネーム。
兄の名前はスティーブン。
苗字は特にない。

子供の頃から里子に出されて
たらいまわしにされてきた
スティーブンとブルームの兄弟は
スティーブンの類稀なる才能を駆使して
幼い頃から詐欺師として金銭を稼いでいます。

しかし、兄の云うとおりの人物を演じることで
悪事の片棒を担いできた弟の方は
詐欺の仕事に食傷気味。
てっとりばやく
「兄が作る架空の人生ではなく自分オリジナルの人生が欲しい!」
とばかりに出奔しますが
だからといって何をするでもなく
モンテカルロでダラダラと惰眠をむさぼる毎日を送るだけ。
結局、これで最後の仕事だからと兄に押し切られる形で
莫大な財産を引き継いだご令嬢ペネロペに
接触するものの逆に
エキセントリックな彼女に心惹かれてしまうブルーム。

果たしてこの詐欺成功するのか?


映画は兄弟がまだ幼い頃から始まり
キャスト・スタッフをはじめ何の情報も頭に入れず
いきなりCSで見たため
「このかわいい弟は大きくなったら一体誰になるんだ?」
と、ワクワクして見ていたら

大きくなったブルームは

クリックすると元のサイズで表示します

でした。

その時点で
「ああ…。」
となって一回、テレビの電源落としちゃいました。

幼いときそんな鼻してなかったじゃん!!

詐欺か?!

あ、詐欺の話だ。

まあ、おかげでそこから先のストーリーは
再放送放映まで10日くらい待つことに…。

ちなみに兄は大きくなったら
マーク・ラファロになりました。
マーク・ラファロ、どこかで見た顔だと思ったら
新ハルクの人ですね。
撮影前日に羽目を外して酒場で
十数回ほど殴られたような顔してます。


その兄がこんな顔して

クリックすると元のサイズで表示します

まさか、ここまで弟のことを…。


兄にとっての
詐欺の始まりは弟の恋に始まり
詐欺の終わりも弟の恋で終わる。

いい話じゃないか。

しゅっとした弟と違い浮腫みっぱなしの顔立ちすら
「これまで弟をかばって殴られっぱなしの人生だったのか?!」
と勝手に脳内補足までしてしまうわ。

最初から見直したら
「お、お兄ちゃ〜ん!!!」
って絶対要所要所で泣くと思うので
今のところ見直しません。

男女混合チームプレイものや
スティングものとしては
多少もの足りないところもあるかもしれませんが、
「兄弟もの」が好きという私のような酔狂な方には是非。

 
 

 
 
  
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ