2012/4/30

グリーン会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない  MOVIE

本日の映画は
何度となく借りそびれてきた
「グリーン・ランタン」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

何度となくこのDVDパッケージ、
目にしているのに
この緑いのが
「MY口半開き王子」こと
ライアン・レイノルズと気づかなかった私ってどうよ、これ。

パッケージからもお判りのように
ガーディアン活動の際には正体を隠すために
目の周りだけ緑のマスクで覆われる
グリーン・ランタンことハル・ジョーダン。

クリックすると元のサイズで表示します

これで正体がバレないなんて地球人なめとんのか、ワレ!!
と、実際気がついていなかった私が云うのもなんですが
実にお粗末なマスクです。

ですので案の定
初仕事の際、こんな離れた距離で作業していたにも係らず

クリックすると元のサイズで表示します
この左上のちっちゃな緑いのがグリーン・ランタン!

親友のトーマスも

クリックすると元のサイズで表示します
一目で正体を看破。

元カノ(とりあえず今も両思い中)のキャロルも

クリックすると元のサイズで表示します
一目でハルと看破。

元幼馴染のへクター博士も

クリックすると元のサイズで表示します
一目で挨拶。

みんなまるっとお見通しだ!



もういらんやん、そのマスク。

うん、でも、見終わってからも
「これ、私の思っているライアン・レイノルズと違う!」
と、心の片隅でいまだ思っている私ってどうよ、これ。


クリックすると元のサイズで表示します
特にこんなこと云うライアン・レイノルズとは違う!
 
 


さて映画のストーリー。

映画化もされた某ニュース速報板風に書くとこんな感じ。


名前:ハル
職業はグリーン・ランタン。この職業、マジでやばすぎる。

入隊日での出来事。

指輪を渡される→

クリックすると元のサイズで表示します

大気圏に飛ばされる。→

クリックすると元のサイズで表示します

寝ている間に裸に剥かれて制服を支給される。

クリックすると元のサイズで表示します

指輪を使うと意志の力で何でも作れることだけは教わったけど…

「これでおっけーと。んじゃ後はレッスンね」
「え?」
「いや訓練だって」
「あ、え?は、はい」
「僕は忙しいから、後は彼に任すね」
そう言って傍観を決め込むチームリーダー。

このまま悩んでてもしょうがない。とりあえず訓練とやらを受けてみるか。
パララックスがどうのこうの、うんたらかんたら・・・。前例のない危機がどうのこうの・・・。
ワケわからんぞ


登場人物紹介

クリックすると元のサイズで表示します
トマ・レー
先輩社員。親切
年齢:不明
髪型:ひれ
体型:普通。少し魚類気味かも


クリックすると元のサイズで表示します
キロウォグ
指導教官。体臭がきつい
年齢:不明
髪型:なし
体型:巨漢。少し豚に似ているかも

クリックすると元のサイズで表示します
シネストロ
なんか偉い人。皮肉屋
年齢:不明
髪型:なし
体型:中肉中背

こんなブラック会社的な面々に囲まれて
散々バカにされいじめられて
すっかりやる気を失ってしまったハルでしたが
元カノのキャロルに励まされ
なんとかパララックスの手から地球を護ったので

クリックすると元のサイズで表示します

などとのたまうまでに成長しました。

だが、ちょっと待て!
その仕事は給与が一銭も出ないぞ!早まるな!!



そんなこんなで
宇宙の秩序と平和に身を殉じること
と相成ったハル・ジョーダンですが、
とにかく、登場人物の過去や経歴、
互いの相関図は
目に入ってくる情報から
観客がそれとなく察してあげなくてはならない
と云う面倒臭い映画なのは確か。

原作が簡単に手に入るアメリカならともかく
日本でヒットするのは
かなりのミッションインポッシブル
とお見受けいたします。


とりあえず、私がこの映画で見たかったのは
噂の

クリックすると元のサイズで表示します

ライアン・レイノルズの白ブリーフ姿でしたので
上映開始後7分で任務完了。

後は、
 
 
…まいっか。

なんか続編が撮られそうな終わり方でしたけど
気にしない気にしない。

 
因みに白ブリーフのみもう少し言及いたしますと
ハルの初登場シーンで身に着けているブリーフは
布の弛み具合から
おそらくは
「もっさりブリーフ」
ではないかとお見受けいたしました。
 
クリックすると元のサイズで表示します

ところが、
グリーンランタンの基地でもある惑星オアに拉致られ
制服支給の際に身に着けているのは
下半身にぴったりフィットしていて
どちらかというとボクサーパンツに近い感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

この2つ、どういう違いがあるかと申しますと
前者は、行きずりの女性とベッドを共にしたときに穿いていた下着で
後者は、元カノとのデートの際に穿いていた下着です。

そう、ハルは拉致される前
元カノのキャロルに呑みに誘われ
いったんお着替えをしていたのです。

男心の微妙な心理描写が
パンツからにじみ出ているかのようです。

まあ、実際は同じ種類のパンツかもしれませんが
本命とそれ以外の相手とでは
勝負下着を取り替えるという
そういう男心があってもいいのではないかと…。

それにしても本人に無断で衣服を脱がしても
パンツだけは残してくれたグリーンランタンの皆様は
宇宙人ながら紳士と云えましょう。

ていうか
「そこは脱がしちゃあかん!」
と良く判ったものです。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ