2012/4/23

世の中には2種類の「八つ墓村」がある  MOVIE

本日見た映画は
同じ原作でも監督が違うとこうも違うものか
と、見た誰もが驚かされること請け合いな
「八つ墓村 (市川崑監督)」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

製作会社、スタッフ、キャストだけではなく
野村芳太郎監督松竹版とは、
ジャンルからして異なっています。

片やホラー
片やミステリー。

なんつうか、松竹版が監督の趣味に
走りすぎてるだけなんですけどね。

ところで、市川崑と云えば
市川美学。
 
 




ですので
この作品も金田一役が違う人といえども
あの極太明朝体のオープニングクレジットを
楽しみしていたら


ないんですよ、これが。

クリックすると元のサイズで表示します

こういうみんな大好きエヴァンゲリオン的のが。

その時点でテンションだださがりにもなろうってもんです。

オープニングはともかく
作品自体も悪くはなのですが、
キャストが
昔トレンディドラマ
今二時間SPドラマしているせいか
限りなく「土ワイ」っぽい!!

クリックすると元のサイズで表示します
野村版では出てこない里村慎太郎役の宅麻伸は良かった。
森美也子が辰弥ではなく彼に惚れるのも無理はないと思った、私も。


折角の市川監督作品なのに…

なんでしょう、映画として
このもの足りなさ感は…。

で、ふと思ったのですが
トヨエツはんと
市川美学は相性があまりよろしゅうないのでは?

戦後間もない昭和20年代初頭
山陰(裏日本)
横溝正史
そして、市川美学

から受ける
あの独特の湿度と
トヨエツのふんわりヘアと線の細さは
正に水と油。

今は、トヨエツもこんなんですが

クリックすると元のサイズで表示します
金田一さん事件ですよ。

当時は少女マンガに出てきそうな好青年だったのですよ。
(いや、こんな袴下駄履きは少女マンガには出てこない。
そして、私のトヨエツファーストコンタクトは「タフT」だ。)

クリックすると元のサイズで表示します
金田一さん事件ですってば。


兵ちゃん(石坂浩二)のしっとりうねうねヘアとは
えらい違い。

そのトヨエツの雰囲気が
お前は、羽海野チカのイラストか?!
と思うくらい極太明朝体にそぐわないのです。

そりゃ、極太明朝体も今回はなしで当然か…。


というか、なんか金田一に見えないんですよね、トヨエツ。

探偵が
「しまったああああ!」と叫ぶたびに
「まあ、そりゃあお前じゃなぁ…。」
と、納得しちゃあかんところで納得してしまう
ダメっぷりへの遺憾なき説得力。

それもこれも演じているのが豊川悦司だからか。

ただ、それ以上に私にとって
違和感が付きまとって離れないのが

寺田辰弥役の高橋和也なんですけどね。

顔が厳濃い(厳つい+濃い)のに
年の離れた末っ子役が妙に嵌っていて
じっと見ているうちに庇護欲に駆られるのに
その実態は男闘呼組。

あああ、もう!モヤモヤするぅ!!
 
 
 



1



2012/4/26  10:26

投稿者:あゆか

丑三つの村では古尾谷雅人さんがちゃんと懐中電灯が正面を照らすように頭に括りつけているのですが、本作の岸部一徳さんは何を思ったのか懐中電灯を真上に向くように括り付けているのが、いかにも祟りで気がふれたという感じがして非常にグッジョブしていると思います。

2012/4/25  23:42

投稿者:せー吉

見たことないですが、片岡千恵蔵版もあるみたいですねヒラメイタ!

トヨエツは好きなんですが、これは見てないです汗
ビデオカメラ丑三つの村派ですから^皿^

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ