2012/3/24

They need hero, somebody they can look up to  MOVIE

本日見たDVDは
ジャケットの写真がちょっと良さげなんだけど
おそらく内容はハズレ
長々とした副題がついている時点でハズレ
そんな臭いがプンプンしているのに
旧作100円だからまっいっか!
と云うノリで借りてきた
「ダークサイド 悪魔の力を手に入れた男」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

まあ、
ストーリーの基本コンセプト自体は
ハズレではないんです。



amazonの作品紹介が
とても簡潔に内容を語っているので
そのまま引用しますが

正義を守るスーパーヒーロー
そんな存在に憧れる青年は
秘めた能力を持つ同僚の男をヒーローにするべく導く
だが次第に驚異的な力を発揮し始めたその男は
ヒーローではなく
恐ろしい人物へと変貌していったのだった…


と云うストーリー。

ね?面白そうでしょ?

ただ、残念ながら出ている役者さんに
華がないことこの上なし。


クリックすると元のサイズで表示します
この映画の主役、ノーマン(ペリー・ムッチ)

クリックすると元のサイズで表示します
準主役、ビクター(デイヴィッド・イングラム)

クリックすると元のサイズで表示します
そして、ヒロインのアンドレア(マッケンジー・ラッシュ)

どうです、この顔ぶれ。
知った顔、誰一人いないよ!

なんていうか
「ザ・ベストハウス123」や「ザ!世界仰天ニュース」
古くは「奇跡体験!アンビリバボー」
系のバラエティ番組で出てくる再現ドラマの俳優さんレベル?

いや、本国アメリカでは
人気俳優なのかもしれませんよ?

それは判りませんが、
唯一名前にピンときたのはこの人
ダニエル・ボールドウィンだけっていうのはちょっと…。

クリックすると元のサイズで表示します
ノーマンが行きつけのコミックスショップの店長

しかも、ピンときたのはファミリーネームに、です。

ボールドウィンと云えば
いまやファミリー的にも影薄くなっているかもしれませんが
あれですよ。

世界の4兄弟。

世界の4兄弟と云えば、
日本の田村4兄弟
(高廣、俊磨、正和、亮)
香港のホイ4兄弟
(マイケル、スタンリー、リッキー、サミュエル)
そして
アメリカのボールドウィン4兄弟
(アレック、ダニエル、ウィリアム、スティーヴン)。

そのボールドウィン兄弟でもいちばん目立たないのがこの人です。

要するに田村俊磨、スタンリー・ホイに相当するのがこの方。


え?何?
次男が割に合わないのは世界共通、世界の常識なの??


それはさておき
「ダークサイド 悪魔の力を手に入れた男 」
原題は「SIDEKICK」。

このところのアメリカンコミックス発信映画バブルのおかげで
日本でもなじみとなった単語「サイドキック」(一部ですが)。


体力も知力も財力もましてや超能力もない
アメリカンコミックオタクの主人公ノーマン君は
たまたま、同じ会社に勤める体育系イケメン、ビクター君が
天然モノの超能力者でありながら
自らの超能力(できるのはテレキネシスのみ)を使いこなせず
ろくな使い道しかしていないのを目の当たりにし
彼を訓練させることで
最終的にはスーパーヒーローとなってもらい
自分はサイドキックとしてサポートすることで
自分の夢(犯罪防止らしい?)を肩代わりさせようするのですが
ビクター君の頭の中身は典型的なリア充だったので
あっさり彼の目論見ははずれてしまいます。

リア充とオタクは何故こうも相容れることができないのか…。
いや、相容られるわけがないか。

結局は、大人になれない大人と
大人になれた大人との見解の相違なんですけどね。

マンガを卒業した大人に
スーパーヒーローをやれということ自体無理な話で
やっぱりそこは多少なりとも
「少年の心」が残っていないと…。

そのへんがノーマン君には判っていなかったのです。

そもそも、ビクター君には少々問題が…。

それは、劇中語られる
「ヒーローに必要な思いやり」
がないということだけではありません。

それも大事ですが

なんていうか

この人…


…DNAに「腐」の遺伝子が入ってる?
ようなリア充だったのです。

というのも
れっきとした大人なんで
全然ヒーロー活動に乗り気ではないビクター君でしたが
しつこく食い下がるノーマン君にほだされてか
一晩限りのヒーロー活動を敢行(?)します。

とはいえそう簡単に悪事真っ最中な悪人なんて見つかるわけもなく
ただ歩き回ること数時間

クリックすると元のサイズで表示します

と、ボヤキながらも
ようやく見つかったチンピラ4人組

クリックすると元のサイズで表示します

と云っても特に害はなさそうですが

折角見つかったので
テレキネシスで動けなくしてみました。

超能力に目覚めたビクター君にとっては
それくらい朝飯前です。

ところが、ここに来て何を思ったのか

クリックすると元のサイズで表示します

ビクター君、突然こんな説教を始めたかと思うと

クリックすると元のサイズで表示します

なんですと!
しかも「ディープな奴を」御所望です。

さすがのチンピラもヒーローには敵わず

クリックすると元のサイズで表示します

な破目に…。

最初はそんなヒーローの活躍に大喜びだったノーマンも
(喜ぶな!)

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで行為が及ぶと

クリックすると元のサイズで表示します

意気消沈、ドン引きです。

クリックすると元のサイズで表示します


悪人を懲らしめるにしても
このやり方はどうかと思います…よ?

少なくとも全うな大人はこんなことしないし
少年の心を持つ男もこんなことしやしません。

ビクター君
特定の彼女もいないようだし
受付嬢に対するぞんざいな扱い

クリックすると元のサイズで表示します
指一本触れていません。

から見てもあれですね、
ご自分で吹聴しているほどには
周りに女ッ気がなく
むしろ必要ないご様子。

その後、ノーマン君の寝込みを襲って
まずはベッドに釘付けにし

クリックすると元のサイズで表示します

チンピラをああいう風に痛めつけたことに関して

クリックすると元のサイズで表示します


とか云っていたぶるのですが
いやいや、それはないって!お前だけだって!
と、ツッコミいれてもよかですか?

クライマックスはケツ丸出しのまま

クリックすると元のサイズで表示します
男の尻はもう勘弁。

ノーマン君に「いま会いに行きます」。


いっそのことそっち方面に振り切っちゃえば
少なくとも日本の一部女子がDVD借りてくれるかもよ?

それだけに

やはり、こんな再現ドラマ俳優なのが惜しいです。
特にノーマン。
本作が求めている主人公像としては
ドンピシャかもしれませんが
押しが弱すぎます。

食いつくところがありません。

パッケージの写真だとそこそこオトコマエなんだけど…。
デジタル画像修正でも入ってんでしょうかね?







0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ