2012/2/24

女は、サイテーで そして、女は、サイコーだ。女ですいません。  MOVIE

し〜らないま〜ち〜を歩いてみたい
ど〜こかとおぉくへ行っていてみたい

あらあら、阿藤さん、何か見つけたみたいですねぇ。

ええ、見つけました。

そう、今日見つけた
もとい見た映画は

鉄オタじゃない人でも楽しめる
片道15分の鉄道の旅

「阪急電車 片道15分の奇跡」
 
クリックすると元のサイズで表示します

です。

 

兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から
阪急今津駅までを結ぶ阪急今津線。

クリックすると元のサイズで表示します

所要時間は約15分。

その阪急今津線にたまたま乗り合わせた
人々の交流を丁寧に描いた良作です。

この映画において
メインとなる乗客だけでも

クリックすると元のサイズで表示します

後輩に婚約者を寝取られたOL、高瀬翔子(中谷美紀)
彼氏のDVに悩む女子大生、森岡ミサ(戸田恵梨香)
軍事オタクで周りから浮きがちな大学生、小坂圭一(勝地涼)
田舎育ちで周りから浮きがちな女子大生、権田原美帆(谷村美月)
ママ友との気の向かない付き合いに悩む主婦、伊藤康江(南果歩)
大学受験と恋愛の両立に悩む女子高生、門田悦子(有村架純)
クラスメイトからいじめを受けている小学生、樋口翔子(高須瑠香)
息子夫婦と上手くいかない老婦人、萩原時江(宮本信子)

と、これだけいるのに
どの物語も
きちんと作られているうえに
ちゃんとそれぞれが連動しているのが凄い!

地元の映画館(シネコン)では
ひっそりと公開され
殆ど話題にならなかったため
いつ上映が終了したのかそんな記憶すらないのですが、
レディースデーで1000円支払って見て
充分に元が取れた気になれる映画です。

まあ、はっきり云えば
映画の端々から
原作者が女性というのがひしひし
いや、かなりだだもれしていて
あくまで女性向き。

OLさんが友人と2人で見に行って
見終わった後
ちょっと遅めのランチかディナーを取りながら
テーブル越しに
「良かったね〜。」
「うん!すんごい良かった!誘ってくれてありがとう!」
などと、思わず微笑みあうのが似合ってそう。

基本キレイキレイな作品ですが、
メイン人物の8人中の7人までが
女子ですから
そこはそれ、略奪婚やDVなど
恋愛の暗部も描いております。

まずは、
8人の物語が走り出すきっかけとなるのが
高瀬翔子のストーリー。

高瀬翔子は
演じる中谷美紀のこめかみに
ふかぶかと浮かびあがったぶっとい血管の如く
(イメージですよ、あくまでイメージ)
結婚間近でマリッジブルーに陥っていた隙をつかれ
可愛がっていた会社の後輩に
婚約者(←こいつも同じ会社)を寝取られてしまい
その腹いせに
2人の結婚式に
純白のドレスで殴り込みをかける
女気溢れるキャリアウーマンです。

クリックすると元のサイズで表示します
誰が見ても嫌がらせ以外の何ものでもない仕返し。

彼女のとった仕返しは
花嫁側にとっては底意地悪く見えますが、
やってる本人をも傷つけることになる
諸刃の刃。

私なら仕返してもせいぜいこの程度です。

クリックすると元のサイズで表示します
この程度

そもそもなんで婚約者は翔子ではなく
後輩の女性を択んだかと云うと

後輩の方が
若くて(中谷よりは)オッパイの大きい
安めぐみだからではなく
「今日は生で大丈夫
なんて云われたので
つけるものをつけるところに装着しなかった結果
赤ちゃんができてしまったからなのです。

クリックすると元のサイズで表示します
一見愁傷な安めぐみにすっかり騙されている元婚約者。

はははは、そんなん嘘に決まってるだろ。
バカだなあ、この男。

浮気相手の云う
「安全日なの」なんざ
8割がた安全日でもなんでもないんだよ!
むしろ排卵日だったりするんだよ!

まずは本当に自分の子かどうか疑え。

安めぐみも隣で

クリックすると元のサイズで表示します

って心の中で舌出してるに違いないです。

よしんば安全日が事実だとしても
それでほいほいと避妊しないような蛇口にしまりのない男は
こちらから願い下げです。

籍を汚す前に判って良かったよ、本当に。


この高瀬翔子のストーリーに被せる形で
いつどんな拍子にキレるか
判ったもんじゃない彼氏をもった女子大生
のエピソードを持ってきて
辛辣な恋愛を見せたかと思うと

アホだけど女子高生の彼女を
大切に大切にそれこそ真綿で包むかのように
扱ってくれる大学生のエピソード

クリックすると元のサイズで表示します
この場に及んでも彼女の思いを優先して手を出さない大学生。漢だよ、キミ!



ママ友の強引なランチの誘いは頭が痛いけど
「ママの料理大好き!ママ天才!」
などと嬉しいことを真顔でのたまう
夫と息子に囲まれた主婦のエピソード

クリックすると元のサイズで表示します
渡辺謙でもここまでは褒めないだろうに。

といった
「え?それ、どこの国の夢の話?何ファンタジー?」
な甘々ストーリーも盛りだくさん。

なかでも
人とはちょっとずれているために
人間関係に臆病になっていた
小坂 圭一君と権田原 美帆ちゃんのエピソードときたら

クリックすると元のサイズで表示します
友人が「彼氏と一緒に遊びなよ。」と云ってくれたクリスマスプレゼントが
ゲームではなくコンドームだったことに動揺しまくるカップル初心者ども。


面映いすぎて

クリックすると元のサイズで表示します

ですよ。



 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ