2012/2/27

どうも!アイアン&メタルの着脱できない方、カイルです。  MOVIE

本日の映画は
たまたま時間がないときに
借りていたDVDを返却するためだけに
GEOに入ったら
「準新作・旧作7泊8日レンタル50円」
の最終日で
焦った挙句に目に止まったジャケットに惹かれ
うっかり借りてきたこの映画
「メタルマン」

クリックすると元のサイズで表示します

です。

ご覧のとおり
あの「アイアンマン」がDVDリリースされる際
便乗リリースされたバッタモン映画です。


 


さてさて
いまはさること昭和の頃には
日本にも
近日公開予定の「アベンジャーズ」に負けないくらい
多種多様な変身ヒーローが存在したものです。

例えば

「必殺技を使うと数時間は変身できなくなるヒーロー」

エネルギーを消費すると、数時間仮死状態になるヒーロー

ケンカすると変身できないヒーロー

ステッキを奪われると力を失うヒーロー

水をエネルギー源とし、その消耗が激しいため活動時間が短いヒーロー

独断では変身することができないヒーロー

着用後5分経ったら時間切れで身体がバラバラになるヒーロー

など。


しかし、
そんな数多の変身ヒーローを生み出してきた
我が国日本の作り手たちでさえ
思いつかなかったバトルスーツ
それがこれ
「メタルマン」なのです。

いやぁ、それにしても
本作も昭和の特撮変身ヒーロー並に
映像が古い!です。
昭和50年代に日曜日のお昼すぎに
地方局で放映された吹替え版洋画並みに
映像のピントがゆるいです。

そんな不満を心の奥に隠して
DVD再生。


主人公はカイル君。
大学生。

ぱっと見大学生に見えないのは
昭和の大学生だからなのか…。

クリックすると元のサイズで表示します
変身前。スペックは彼女いない歴=年齢。(たぶん)

クリックすると元のサイズで表示します
変身後。スペックは以下に表記。



その「メタルマン」の他のヒーローにはありえない機能、
それは

着脱不可
つまり一回身につけたら一生脱げないのです。
理由はスーツ内のナノマシンが
肉体と融合してしまうからだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
だそうです。

そして、一旦装着すると普通の食事ができません。
代わりに博士が特別に調合したドリンク剤を
一生飲み続けることになるのですが
これが不味い。

クリックすると元のサイズで表示します
砂糖を混ぜた糞みたいな味。これから一生これが主食になります。

移動は歩くか走るか車。

クリックすると元のサイズで表示します
なので主に車で移動。しかもパパの車。

クリックすると元のサイズで表示します
車がないと、50kmも歩くハメに…。

通信手段は携帯というアナログ派なのに

クリックすると元のサイズで表示します
いじっているうちにスーツの威力で壊しちゃいました。

なぜかヒーリング機能つき。

クリックすると元のサイズで表示します
傷を治します。あれ?だったらこれで殺された博士も助けれたんじゃ…。

他にも

ステルスモード
クリックすると元のサイズで表示します
スーツが透明になります。
ただし、透明になるだけです。


擬似装置
クリックすると元のサイズで表示します
別の人間に変身できます。
ただし、ヘルメットにあらかじめデータが入力されている範囲内でならの話。


フル・ステルスモード
クリックすると元のサイズで表示します
スーツだけでなく中身も透明に。
さらに手を握った相手も透明にすることができます。


シールド・モード
クリックすると元のサイズで表示します
銃弾を跳ね返します。
ただし、相手が撃ってこなかったので効果の程は判りません。


という機能がついていますが
どれもこれも決して戦闘向きではありません。

元から武器は搭載されていないので
戦うときはだいたい殴り合い。
しかもゆるい殴り合い。


そして、常に博士の監視つき。
なにしろメタルマンスーツそのものが博士の頭脳ですので
頭の中に博士が棲みついているのと同じ状態なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
彼女とラブラブというこっぱずかしい夢までノゾキミされる主人公。

さらにはボディがなくとも頭部だけでOK。

つうか
アンパンマンのように頭部だけやたら用意されています。

クリックすると元のサイズで表示します
スペア1個目。

クリックすると元のサイズで表示します
スペア2個目。

クリックすると元のサイズで表示します
スペア3個目。

もちろん、頭部だけでも一度装着すると着脱不可能。
着脱できないのでスペアの意味まるでなし。

そんなこんなで
敬愛する博士に騙され
哀れ主人公カイル君は
メタルマンに変えられたがために


大好きなパパとママを殺されたり
(ついでにその罪をなすりつけられたり)
クリックすると元のサイズで表示します
血糊の量をケチった死体。

片思いだった彼女に振られたり
クリックすると元のサイズで表示します
力尽きて倒れたメタルマンをあっさり見捨てて一人だけ逃げ出す彼女。

新しい彼女もメタルウーマン(ただし頭部のみ)だったり
クリックすると元のサイズで表示します

しかも一生脱げないスーツのせいで
折角彼女ができてもキスもHもできない

と、凄まじく不幸のどん底に。


でも、
善と悪の判断ができるIQ170以上の秀才なので
そんなことは気にしないカイル君。



そして
エンドクレジットでは恐るべき事実が





なんと

メタルマン、空を飛べたのです!

クリックすると元のサイズで表示します

本編では一度も使われていませんが
たぶん、劇中でここがいちばんの見せ所だと思います。

 
 
0
タグ: メタルマン



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ