2012/1/31

サラリーマンは、気楽な稼業ときたモンダ  MOVIE

2012年1月最後に見た映画はこの映画。

クリックすると元のサイズで表示します

「今日からヒットマン」です。

我ながら何なんでしょうね、このチョイスは…。
 
 
 


まずは
wikipediaに載っていた原作マンガの方の粗筋です。

平凡なサラリーマン稲葉十吉は、飲酒運転で人をはねてしまう。だが、はねたのは「二丁」のコードネームを持つ凄腕ヒットマンが射殺した死体だった。敵を倒したものの、瀕死の重傷を負った二丁は、犯罪組織『コンビニ』に「ターゲットが死なず、二丁の女が助からなかったら、稲葉十吉とその家族を皆殺しに。ターゲットが死に、女が助かったら、二丁の全財産を稲葉十吉に渡す」と、依頼して十吉に後を託し、間もなく死亡する。このため、稲葉十吉は、何が何でもターゲットを殺し、女を救出しなければならない破目になるが…。

映画も大体この通りです。

原作が原作だけにみんなが注目しているのはおそらくこの子。

クリックすると元のサイズで表示します

本作のヒロインちなつちゃん。
初代二丁の恋人でもあり仕事上でもパートナー。
ピチTにショートパンツといういでたちからも
お判りのように本作のお色気担当です。

敵方に捕まっては
いたぶられたり
吊るされたり

クリックすると元のサイズで表示します

長渕キック(*)を浴びせられたり
感電させられたり

クリックすると元のサイズで表示します

するのですが
その拷問シーンはやはり映倫的によろしくないのか
全て事前シーン、事後シーンのみ。
お客様の想像にお任せします状態。
しかも、登場シーンのときは
それまで何をされていたか判りませんが
絵的には乳もまれる程度の扱い。
また、元「二丁」のマネージャーに拉致されてからも
散々いたぶられているのに
どうやら貞操だけはご無事のようです。

かように、ヒロインの露出度は高かったり
主人公が新婚1年めのアツアツカップルであったり
それなりに期待を持たせる要素が
各所に散りばめられているのにも関わらず
殊、エロに関しましては
直接的なシーンが描かれていないため
いたるところで脳内補完せねばならず
この映画の主要ターゲットとなる男性皆々様は
さぞかし、いらんモヤモヤがたまったことと思われます。


じゃあ、何が楽しゅうてこの映画撮っているの?

原作は週刊漫画ゴラクに連載中ですからね
エロがないわけないですよ。

というわけで
この映画唯一のラブシーンがこれです。

クリックすると元のサイズで表示します

!!

(⊃ Д)⊃≡゚ ゚


しかもたっぷり濃厚な男同士のキスシーンです。


クリックすると元のサイズで表示します


こんなふうにベロチューを交わしているお二人ですが
普段は、

クリックすると元のサイズで表示します

ただの食い意地の張った意地汚い兄ちゃんたちにすぎません。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、その実体たるや、乳吸う仲ですよ。


…何なの?この人たち(と映画関係者)。
え?
R−12の理由はこれ?!

誰得?!
誰サービス?!

少なくともこんなシーンを期待して
この映画見ている観客は皆無なんじゃ…。
(ただし、この二人は原作にも出ているそうです。)

あとは
武田真治さんが自らの股間を握って
もだえているシーンとかがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

こうなるような理由どっかにあったっけ?
蹴られたのかな?
と思って巻き戻したけどそんなシーンないし…。

監督の趣味か?
(もしかして股間に隠したマグナム=拳銃を握ってるのかしら?)

…ついでに脱ぎ要員も武田真治さんでした。
(ま、ただの着替えですが)


ちなつって嬢ちゃんは乳すら見せてくれません。



…どうなっているのだ、ニッポン!



まあ、私的には
丸メガネ役の津田寛治さんと

クリックすると元のサイズで表示します

ハゲ坊主役の佐藤二朗さんを

クリックすると元のサイズで表示します

堪能することができたので
しっかり元だけは取らせていただきました。


(*)
説明しよう!
長渕キックとは、数々の罵声を浴びせながら、
ひたすら相手を蹴りまくり、
その拍子に自分もよろけて倒れこむ足技のことである。

 
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ