2012/1/25

絶景かな!絶景かな!…うん、でも、それ全部CGだけどな。  MOVIE

本日の映画は
我が日本が誇る反戦映画「GOEMON」です。

クリックすると元のサイズで表示します



たぶん、日本人でこの映画を見て
「最高でした!!」
と、声高らかに宣言する人は数少ないと思いますが

あの
2011年NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」を
ほぼ全話欠かさず見た後では

いいよ!紀里谷和明監督!!
面白かったっす!
そうですよね、争いはいけないですよね〜(棒読)

となってしまう不思議マジック。

エンドクレジットでは

監督 紀里谷和明
脚本 紀里谷和明 瀧田哲郎
製作 一瀬隆重 紀里谷和明
撮影 紀里谷和明
編集 紀里谷和明 横山智佐子

と、どこにでも名前がしゃしゃり出てきて
いささかうっとおしいけれども
いいよ!紀里谷和明監督!!
こっぱずかしい「NO WAR」なメインテーマはともあれ、
アーケードゲームみたいで楽しめたよ、これ。

反戦のつもりで作っているのに
戦闘シーンにやけに力(とお金)が入っていて
そこだけ豪華絢爛という矛盾。

でも、いいの。
ここはみんなで騙されようよ。

たぶん、
「日本では秋葉原がいちばん行きたいデス!」
と、街頭インタビューで答えているような
日本大好き外国人なら
好きになってくれるんじゃないでしょうか?

そう!
鑑賞するに当たっての心構えは
まずこれだな。
「外国人の気持ちになって見る。」
「少年の心を持って見る。」

最初から最後まで「時代劇」から
100万光年ほど離れていますが

クリックすると元のサイズで表示します
こんなんでも、時代劇。断じて仮面ライダーの新シリーズではない。

石田三成の間抜けっぷりが凄まじくて
ツッコミどころが満載なのがちょっとアレですが
一応、「織豊時代」を独自の解釈で描いているので
中学校の歴史の教科書までの知識のお持ちの
外国人並びに中学生以下のお子様なら
楽しめると思います。

大人が見ても
異様にお金(とお時間)がかかっていることだけは
いくらなんでも判りますので
1800円出しても損した気分にならない映画です。
なにしろ観客が支払った1800円なんて
焼け石に水なくらい
製作者側は損しているはず、たぶん。

とりあえず、監督にとっては3部作の2作目に当たるそうなので
3作目が楽しみです!(棒読)
 
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ