2012/1/23

夢があるから青春だ  MOVIE

どこに出しても恥ずかしくない
見ているこちらがこそばゆくなるほど
真っ当な男の子映画
「DIVE!!」
を見ました。


クリックすると元のサイズで表示します

フライヤーから
既に清々しさがにじみ出ているかのようです。


さて、
映画のストーリーとは全く持って
関係がありませんが
前々からドラマや映画を見ているときに
気になっていたことがあります。

ちょっと冗談のような話ですが
新聞のテレビ欄を見ながら
「私、もしかして区別がついていない?
いやいや、いくらなんでもそんなことありえんだろう。」
と、今の今まで思っていました。

しかし
やっぱりありえました。
区別ができてませんでした。

林遣都君と

クリックすると元のサイズで表示します

染谷奨太君と

クリックすると元のサイズで表示します

池松壮亮君と

クリックすると元のサイズで表示します

の区別が。

こうして比べるとその差歴然です。

似ても似つかないのは判っています。

なのに、林君と池松君の間に染谷君が入ると
誰がどの子だったか
脳がおっつかなくなってしまうのです。

ということで、この「DIVE!!」も
最後の最後、エンドロールを見るまで

坂井知季 - 池松壮亮
富士谷要一 - 林遣都
沖津飛沫 - 溝端淳平

と、思ってみていました!!

違うよ!

坂井知季 - 林遣都
富士谷要一 - 池松壮亮
沖津飛沫 - 溝端淳平

だよ!!━━━━━━(゚д゚lll)━━━━━━

(溝端淳平は流石に判る。たまに小池徹平と間違えるけど。)

そんな頭の弱い私が語るのもなんですが

映画は、正味上映時間が2時間しかないので
海外ロケが必要となる北京合宿を
パソコンメールの添付画像で誤魔化すことで
ざっくりと省略するなど
やや急ぎ足で進んでいる印象もなくはないものの
程よい感じのスポ根もので
しかも
それぞれの男の子に彼女がいたりいなかったり
親との距離感に悩んだりと
いかにも等身大的なところが
凄く気持ちのいい男の子映画でした。

普段手に取らないような映画だけに
良いひろいもんしましたよ、これ。
 
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ