2004/11/23

映画「いま、会いにいきます」  MOVIE


少女漫画のような甘酸っぱくてやさしいストーリーに
韓流ドラマのような「若くして病死」、「疾病もち」、「記憶喪失」、「交通事故」、「初恋」というキーワードがもりだくさん、
会場のカップル率は9割という
「いま、会いにいきます」を観てきました。

流石、先週(11月13日(土)〜11月14日(日))の映画ランキングで1位の作品です。
全席指定でこの日3度目の上映でほぼ満席でした。

こういういかにもな映画は、試写会ならいざ知らず、
私からもっとも遠くになってまず自分から観ることはないのですが、
今回は母のたっての希望で一緒に観ることに…。

……結構、なかなか、いい映画でした。

「記憶喪失」だの「交通事故」など
普通起こりえないことが起こっても(……え?そっちよりあっちのほうが…)
それぞれそれなりの理由があって、物語上は必要不可欠になっていて
すんなり素直に見ることができました。

いちゃもんつけようとおもえば、いくらでもつけられますが、
些細なことを気にせず小難しく考えずに
素直に見ると上手くできていると思います。

「茶の味」や「バーバー吉野」もそうでしたが、
最近の日本映画は、いったいそこってどこ?というくらい田舎を舞台にした映画が多いです。
この映画も、主人公の家や墓からして、
日本だけど日本なの?
なんだかアメリカ映画に観るアメリカ以上、に別世界です。
これっていま流行りのスローライフとかがかかわっているのでしょうか?

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ