2011/9/14

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。  MUTTER

クリックすると元のサイズで表示します

たんなるグチ話です。

ジブリ、その他とは全く関係がございません。



事の起こりは
6月に放送されたTBSラジオ「キラ☆キラ」での
映画評論家町山智浩さんの
「9月19日カナザワ映画祭ゲストに出ます。」
告知から。

カナザワ映画祭というのは
石川県で毎年9月半ばに催される
地元密着型の映画祭のことで
隣の県ということもあって
一昨年の「ライムスター宇多丸×高橋ヨシキ トークショウ」
昨年の「バトルトーク2010 平山夢明× 宇多丸× 高橋ヨシキ」
に参加させていただきました。。

「宇多丸×高橋ヨシキ」も今年で3度目。
ゲストが町山智浩さんならば
ここはますます何としても参加しなければなりません。

ところが、ここ15年ほど毎年欠かさず観にいっている
シティボーイズライブが今年はなぜか
いつものようにGW開催ではなく
9月の連休前後に上演されることとなり
微妙にカナザワ映画祭と日にちが被ってしまい
ややや、これはいったいどうしたものか

そこで
9月18日世田谷パブリックシアター(東京都)
シティボーイズミックス PRESENTS 「動かない蟻」

9月19日金沢21世紀美術館シアター21(石川県)
「バイオレンス・トーク 町山智浩×宇多丸×高橋ヨシキ」

という予定で動くことにして
まずはDM先行で 「動かない蟻」 チケットをGETです。
(昼の部を取ったのでこの時点で
上京ついでに行きたかったしたまち映画祭の「ポール」は却下)

そこまでが6月末のこと。

それから、日が経ち7月。
今度はここ7年ほど毎年欠かさず観にいっている
ザ・プラン9のコントライブが
やはり同じ時期に上演されるとの告知が…。

「ザ・プラン9 結成10周年記念 〜ザ・コント9〜」
9月16日NGK
出演 ザ・プラン9、田中直樹(ココリコ)、東京03、平田敦子
9月19日ルミネtheよしもと
出演 ザ・プラン9、芋洗坂係長、フラミンゴ、平田敦子


うむうむ3連休前の平日である16日は最初から無理として
19日ですか…。

今の「ザ・プラン9」と
「町山智浩×宇多丸×高橋ヨシキ」では
比べることなく圧倒的に後者ですか…ねぇ。

と、「ザ・プラン9」はばっさり切り捨ててみたものの
7月末になって今度は
正式な「カナザワ映画祭フィルマゲドンU」
のスケジュールが発表されると
まず目に飛び込んできたのが

9月18日
「平山夢明と福澤徹三のジャパニーズ・バイオレンス」

うそぉ〜ん!!!(涙)

平山先生、去年いらっしゃったので
よもや今年もなんて思いもしませんでしたよ!!
宇多丸さん、高橋ヨシキさん同様
毎年来られるおつもりなんでしょうか?
恐るべし、カナザワ映画祭。
ゲストへの吸引力半端ないっす。

って
うわぁ〜ん!!!(号泣)

その日、私東京ですよ!!
往復交通バス料金13000円、
移動時間14時間かけて東京ですよ!

新幹線と特急を上手く乗り継いだら
なんとか間に合わない事もありませんが
このカナザワ映画祭のトークイベントで
座席整理券制なのよね。
その整理券が取れないとあかんのよね。
でも、取る時間がないのよね。

泣きました。
嘘泣きました。
泣いて諦めました。

そうこうしているうちに8月に入り
カナザワ映画祭チケット発売日。

「バイオレンス・トーク 町山智浩×宇多丸×高橋ヨシキ」
のチケットは即完(即日完売つうか瞬殺)でした。
チケット取れませんでした。

おやぁ〜?
去年は9月でも充分チケット間に合ったのに…。

そんなにみんな町山さん好きか?
私の周りの映画好き女子は
町山智浩と聞いても「誰それ?」なんで
すっかり見損なっていました。
なんだ、この人気っぷり。

スケジュール完全にミスりました。
シティボーイズライブは
19日にしておくべきでした。
そうすればなんやかんやで
18日夜カナザワ映画祭
19日昼シティボーイズライブ
19日夜ザ・プラン9ライブ
と丸く収まったかもしれないのに
しくってしまいました。


と、まぁ、ひとしきり落ち込んだ後で
向かった先はラジオデイズ公式サイト。

「隣県で拝見できないのなら
東京でお二人まとめて拝見すればいいじゃない!」
ということでチケット取りました。
「平山夢明のヤリボンこきまSHOW!第6回【ゲスト:町山智浩】」

で、行ってました、文京シビック 小ホール。
9月13日19:00開演。
もちろん、会社休んで。
有給とって。
来週には3連休が続けて2回あると云うのに。
仕事大丈夫か?

まあ、結果としては
「神、そらに知ろしめす。すべて世は事も無し。」

いつのまにか
ゲストが町山智浩さんだけでなく
柳下毅一郎さんも加わって
あれあれ?何気にファビュラス・バーカー・ボーイズ?
になっていたり
開場10分前に並んだ割には1人での参加のためか
前から6、7列目のど真ん中の席に坐れたり
イベント途中で京極夏彦先生が乱入してきたり
(しかも座席も近かった)
何この凄いお得感。
申し訳ないです。
しかも、イベント終了時には平山先生のサイン会までついて
そのサイン会にちょっとしたチャチャを入れる京極先生を
すんごい間近で目にしたり
と、え?いいの?と思うくらい夢見心地なイベントでした。

クリックすると元のサイズで表示します
手拭にいただきました。

上のサインは私の本名宛で書いていただいたのですが
「さんへ」ではなく「様」になっていて
単純ですけど、そのことにいたく感動しました。

そこで夢見心地だったせいか
帰りの深夜バスでは殆ど眠れず
(眠れなかったのはバスが苦手だから)
今にいたっております。

5日後には、
再び深夜バスで東京日帰りをしなければならず
さらにその4日後にも
深夜バスで仙台往復しなくてはならないので
バスで眠れないのは結構きついことになりそうです。

http://www.ustream.tv/recorded/17244518

その模様の一部はゆーすとりむで見ることができます。
これを見る限りでは
ほんとに柳下さんがおられて良かったです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ