2011/7/25

意外とダウニー・Jrの映画はハズレなし(個人差があります)  MOVIE

こちらはmixiの記事の改訂版になります。

取り上げている映画は
「キスキスバンバン L.A.的殺人事件」です。



泥棒と云う名の無職。
非力かつ非モテ。
ゆえに好きな女の子にも手が出せない主人公。

そんな「アイアンマン」のトニー・スタークと
まるまる180度違うダウニーJrが
それなりの活躍を見せている
「キスキスバンバン L.A.的殺人事件」を見ました。

指とかペーパーバックとか死体のぞんざいな扱いとか
いいですね、好きです。

映画の中の人が観客に向かって話しかけるラストシーンも
いいですね、好きです。

人の言葉を借りれば
「私の好きなシチュエーションの宝石箱や!」です。


クリックすると元のサイズで表示します
ジャケットもジャケ買いできるぐらいはカッコいい

でも、この映画最大の見所はなんといっても
シェーン・ブラック監督と
主演のダウニーJrと
もう一人の主役であるヴァル・キルマーが
コメンターとしなんかくっちゃべっている
DVD特典の副音声です!


コメンタリー内で「有名人の名前を何人云ったか」を当てて
ヴァル様の公式サイトに解答を応募できるクイズもあって
始終楽しそうです。

そう、楽しそうではあるんですけどそれは横に置いておいて

やはり気になるのは
「(この映画で使われたカメラの)レンズが良くて痩せて見える。」
と、非常にご満悦な様子のコメンタリーでのダウニーJr氏。

クリックすると元のサイズで表示します


なるほどなるほど。
確かにすっきりして見えています。
まさにレンズ様様ですね。




では、この方は?

クリックすると元のサイズで表示します


……。

う…ん、なんか以前に増してぽっちゃ…。
あ、いやいや、気のせいです。気のせい。
なんたって痩せて見えるレンズですもの。
気のせい気のせい。

と、現実から目をそむけてはいたのですが

あああああ。
あんまりJrが「痩せて見える」を連発するものだから
ヴァル様、とうとう「詰め物が…」とか云いだしましたよ。

貫禄を出すためあの腹部には「詰め物」が
ぎっしり入っているんですってよ!

そっか!詰め物か!

って……いや、それ違うよね?
詰め物、違うよね?
それ、正真正銘「自腹」だよね。

だって、むっちりなのは胴回りだけじゃないもの…。



うん、悪いのはJrだと思います。
もうちょっと共演者に気遣うべきだと思いますよ。


そっとしておいてやれよ、本当に。
なんかもういたたまれない…。





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ