2011/7/27

お母さん!見て!見て!カンフー・チェン(※)がいるよ!!  MOVIE

こちらはmixiの記事の改訂版になります。

取り上げている映画は「伊賀のカバ丸」です。



昨日の日記の続きというか
サニー千葉つながりで


クリックすると元のサイズで表示します



が主題歌の映画、見ました。
(この歌ひどすぎてリフレインがとまらないYO!)
少女マンガにもあろうことか「番長(…前世紀の遺物)」が存在した時代の映画です。

この懐かし映画、
原作も読んでいないと云うのに
前前から見たい見たいとは思っていたのですが
なんとなんと
某というかYのつく動画サイトで
制作発表から予告編を含め全編まるまる見れちゃったりします。
(あ、NO MORE 映画泥棒ですね。)

いやはやなんともかんとも、便利な世の中になったものです。



で、見終わった頃には


もちろん
沈寝様LOVEですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
沈寝様(レコードジャケットでは向かって左側の人)

それはそれは
キャァァァァァァ!!沈寝様!!! ですよ。


もはや沈寝様しか見えない
いや、見たくない状態になります。


ロケ地が京都なので「京都太秦映画村名物のアレ」も
チラッと出てきて、
一瞬目を奪われかけますが、まあ基本沈寝様です。


クリックすると元のサイズで表示します
京都太秦映画村のアレ



いや、冗談ではなく
かなりマジです。
「本気」と書いて「マジ」です。


こんなに広之様が素敵なら
大阪日本橋でこの映画のパンフレット(中古価格300円)を
見つけたとき買っておけば良かったです。

惜しいことをしました。

とはいえ公開時、花の女子高生だった私とマンガスキーな友人らの間では
今で云う「キモい」扱いで
どえらい不評を買っていたんですけどね、沈寝様。




(※)
知る人ぞ知る日テレドラマ
「魔拳!カンフー・チェン(1983年)」
「激闘!カンフー・チェン(1983年)」の主人公のこと。
クリックすると元のサイズで表示します
この映画の中でもこのコスプレで活躍しています。
演じているのは霧野疾風役の高木淳也さん。
(レコードジャケットでは向かって右側の人)




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ