2008/4/12

人間全体が憎くなってしまいました  BOOK


全身当事者主義 死んでたまるか戦略会議

読んでいます。

対談集ですが、
その中のひとつ
「2 いじめの真実 暗器使い×雨宮処凛」
に、言葉を失いました。

40ページにも満たない対談を読むのに
随分、心を知り減らしてしまいました。
語る言葉が見つかりません。

暗器使いさんの語る「いじめ」は
これまで見てきたいじめを扱ったドラマや舞台など
そういったものの全てがうすっぺらく見えてしまいます。

「いじめ」というのは
被害者と比べて圧倒的に加害者の数のほうが多く
それが、クラスぐるみ(傍観者、教師も含め)ならば、
加害者30〜40に対して被害者は1人。

そう考えると、ほぼ加害者でそういう加害者によって
今の日本は構成されているということになるんでしょうか?

「いじめ、かっこ悪い」という言葉がありますが、
こんなフレーズなどほんとクソみたいに思えてきます。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ