どこにでもある焦燥/mid-life "cry"sis

1960年前半(微妙)生まれの男の、映画について、音楽について、旅について、本について、そして人生とやらについてのブルース。自作の詩のおまけ付き。書いているのは、「おさむ」というやつです。
since 6.16.2005
   

To travel is to live. -H.C.Andersen 

  

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おさむ
マシママさん

そうですね。しかし、取り敢えず、この200年で、世界全体の健康度はあがった(薬や建国的に生きるという知恵と、水道なののインフラが整い、干ばつに対しての対策もできるようになって、いつも食べ物をなんとか確保できるようになった)ということが、言えると思います。但し、世界中が75歳の寿命と年間400万円くらいの収入を得るとなると、そのお金に代わる財(食糧も含め)が現在の地球上の資源では賄いきれないということになるのだと思います。長期的な100年単位で見ると、高齢化の進む先進国の収入は落ち、それに従って、寿命も落ちていくのかもしれません。経済が規定するのか、少なくとも、「平等に」向かっているということです。
投稿者:おさむ
なみきまなみさん

グリーンが中東で、アフリカはおっしゃるとおり、ブルーです。黄色はアメリカです。
何度も見ていると、色々なことを考えますよね。
投稿者:なみきまなみ
コメントが難しいのですが、すごく面白く、興味深かったです。
「青」はアフリカなのかな??

http://howell.exblog.jp/
投稿者:マシママ
地球の資源、資産の大半が北半球に集中し、そういった国々は的確な医療、豊富な食材を確保。
しかし南半球では食料以前に電気、水道など基本的インフラの確保すら難しいです。
日本に生まれた事に感謝しなくてはいけませんね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ