どこにでもある焦燥/mid-life "cry"sis

1960年前半(微妙)生まれの男の、映画について、音楽について、旅について、本について、そして人生とやらについてのブルース。自作の詩のおまけ付き。書いているのは、「おさむ」というやつです。
since 6.16.2005
   

To travel is to live. -H.C.Andersen 

  

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おさむ
なみきまなみさん
お元気そうで何よりです。

Lang 8に関しては、僕は、英語を添削してもらっている立場なので、参考にはなります。ただ、添削してくれる人の「スキル」は不明なので、どこまでその人のことを信用できるかは、その人の接触頻度になるのだと思います。
投稿者:なみきまなみ
Lang8というのは、いぜんに、おさむさんとヒロヨさんがお話なさっていたSNSのことですね。僕もそれを知って、なかなか効率的なSNSだな、と感心していました。
ただ僕は日本語以外の言葉に疎いので、なかなか利用とはならないのですが、高校生レベルの英語なり仏語なりができれば、利用したいSNSだな、と感じていました。

おさむさんがこのSNSに対して、リアルな世界との乖離(?)のようなものを感じている様子ですが、
僕は、短歌の結社に入って、「先生」に「短歌」の添削を何年もつづけて受けていましたが、それとはまったく違う「添削」のリアル感ですね。
やはり、まったく見ず知らずの人に添削を受けるというのは、添削された側の印象として、違和感を感じるでしょうね。
「添削」というのは、相手を「(リアルな)人として信頼した」上で成り立つものなので、加算されるポイントで見ず知らずの人を信頼できるかというと、なかなか難しいでしょうね。自分の「作品」に手を加えられるというのは、「納得のいく相手の信頼」あってのものですから、姿の見えない人からの添削というのは、どこか不安や苛立ちを感じてしまうのではないでしょうか。
投稿者:なみきまなみ
スイマセン。マシママさんにそういった依頼をして、「マシママさんには負担をかけさせてしまいましたm(__)m」というメッセージを送った中で、「カルディ」のことを書いたところで、おさむさんのブログを思い出し、アクセスして来ました。マシママ、このブログでコンタクトなさっていてのですね。お二人には、ほんとうにご負担をお掛けしてしまいました。m(__)m
おさむさんのアドレス(PC)のほうは、僕のgmailの連絡先に登録しましたので、おさむさん、削除なさってくださいませ。
マシママさん、ほんとうにご負担をかけてしまいまして、ごめんなさい。

いまマシママさんと、ガクさんと、メールで連絡を取り合っています。
おさむさんとも知り合うことが出来たご縁を、失ってしまうのはもったえなくて、マシママさんにどうしてものお願いとして、依頼しました。(ご負担顧みずに、ご迷惑かけてすみません)
投稿者:おさむ
こんばんは。そういうのって、間に入った人が結構、気を使って大変ですよね。お疲れ様です。別にかまいませんよ。ただ、受け入れ設定を設定するのが苦手なようで、いつも、こちらからメールを送って、それで返してもらったりしています。拒否設定をしておかないと、わけのわからないメールが、どんどこきてしまいます。今まで、結構アドレスを変えました。

以下が、コンピューターのメールアドレスです。ここに送っても拒否されるかもしれません。その時は、アドレスを教えていただければ、こちらからメールを送りましょう。

アドレスの解除設定が苦手なので。

awesomefff@acua.ocn.ne.jp

です。

ブログ訪問、ありがとうございます。
投稿者:マシママ
こんにちは、マシママです。
手短かに用件を。以前ごーふるにお家を建てていた、なみきまなみさん、覚えていらっしゃいますか。彼はごーふるでイヤな事があってもう戻らないのですが、個人的に何人かの方と連絡を取り合っていて(私もです)おさむさんにも何回か携帯メールを送ったそうですが、受信拒否の状態になっているようなので、解除して欲しいから連絡を取ってくれないか、というメールをもらいました。おさむさんが気が乗らないのなら、お断りしますし、おさむさんご自身で決められるのなら、解除して欲しいアドレスを教えます。彼は今携帯がないので、パソコンからのメールです。
どうしましょうか?面倒な事ですみません、お返事お待ちしています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ