2010/11/19

淡路松帆 MAKOHAZURE 釣行記  投げ釣り

淡路松帆 MAKOHAZURE 釣行記 11月17日中潮

 先週、やっとの思いで、今季初のマコガレイにご対面し5連敗を免れたゆうたろうですが、気持ちはまだ連敗中のような気分が続いています。確かにおいしいマコガレイのお造りをいただき、不満はないのですが、松帆で今季一枚も釣っていないことが、とても気を重たくしている原因です。
 松帆を初めて訪れたのが3年前の12月。何の情報もなく、一度は有名な松帆で一発大ガレイをとあまり期待せず撃沈覚悟で訪れて、見事に高切れの連発。しかし、かろうじて折れそうになる気持を堪えて釣り続け、結果は、予想を覆す大爆釣。大ガレイは出なかったものの35cmを頭に6枚のマコガレイを釣りあげ、以来松帆の虜に!昨年も、一昨年もシーズンには可能な限り足を運び、もちろん投げ釣りのことBOUZUもありますが、それなりに応えてくれる松帆に驚きと喜びの連続でした。しかし、3年目を迎えた今年は、過去にないほど通い詰めているにもかかわらず、いまだ釣果ゼロ!かってない貧果のシーズンを迎えています。
 ただ、これまでは、シーズン初期での結果で、今年の高水温の影響を受けた異常なエサ取りの影響によるもの・・・。いよいよ本格的なシーズンを迎え、神戸海保の資料でほぼ例年並みに水温も低下し、松帆から見える対岸ではあちこちで大判の釣果が聞こえるようになってきました。ということはそろそろこちらでも釣れるはずと今週はじっくりと松帆と向き合うことに。しかもお休みをいただける日の潮周りは、若潮から中潮に移行した初日で、潮の流れがきつい松帆を攻めるには絶好のタイミングです。潮が緩む時間帯も午前8時前後と午後2時前後のそれぞれ2〜3時間。この時期、これだけの好条件の中でアタックすれば、過去の実績では、絶対に一枚や二枚の型ものは確保できるはずです。
 期待が高まる中、釣行当日を迎えます。いつものように冷凍保存してある塩マムシと南港で仕入れたマムシを持って16日深夜、淡路島へ。マスター師匠の大ギスが釣れているという話に少し食指が動いたものの仕事の疲れが予想以上に残っておりカレイに集中することにして大ギスを断念。いつものように仮眠をとって、朝5時起床。曇っているものの風もなく、潮の流れも思っていたほどでもありません。早速暗い中でヘッドランプをつけて準備開始。すべての竿を出して仕掛けにエサを付け終わると周りはうっすらと明るくなってきました。
 いよいよスタートです。順次期待を込めて全力投球で第一投。それぞれ思うポイントに投入していきます。しばらく待ってエサの点検です。回収すると生けのマムシは素針、そして塩マムシは若干残っています。そして、早くも朝の目覚めを迎えたのか、ベラが釣れてきました。前回釣行では、塩マムシがしっかりと残ってそのエサにコブダイが食らいついてきました。しかし、今日はエサ取りが活発のようです。ということは手返しの数で対抗するしかありません。辛抱強く投げては回収を繰り返します。途中、お馴染みのタコ漁の漁師が登場し、いつものように朝のごあいさつを交わします。暫くタコ漁に協力して、一時釣りを中断、そして、再度再開。このころから塩マムシも全く残らなくなります。すごいエサ取りです。先週エサが残ったことが嘘のようにエサ取りの猛襲で、ほぼパーフェクトに素針が返ってきます。投げても投げても帰ってくるのは素針とベラ。それでもそれから2時間、ねばり強く投げ続けましたが、10時過ぎ海面が大きく波立ち、激流になって朝の潮どまりが終了。釣果は、ベラとチャリコと何故かアナゴが一匹。12時過ぎの午後の潮どまりに期待して、朝食兼昼食をとって待機します。

クリックすると元のサイズで表示します

 12時半過ぎ、少し潮が緩みかけました。少し早いと思いましたが待ちきれません。塩マムシを中心に投入再開です。少し緩みかけた手前から順次投入。潮の流れを見ながら徐々に竿数を増やし、そして少しづつ遠くへ投げ入れていきます。風も穏やかで、日差しが出てきました。気温も上がり竿を振っていると汗が出てきます。相変わらずエサ取りは元気で、投げ入れるとチョンチョン、クイクイとすぐに竿先にアタリが出だす竿もあります。アタリが収まって竿を上げるともちろんすっかりエサがありません。ただ、ここ松帆では午後の潮どまりに結構いい釣果を得ていますので、黙々と投げ返していくしかありません。しかもエサ取りがここまでと思っていませんでしたのでユ虫を持ってきていませんし、手返しの良さだけがすべてです。期待を込めカレイの口元に届けと投げては穂先を見つめ、回収また投げ返していきます。穂先をゆっくりスローモーションのようにグングンと抑え込むあのカレイ独特のアタリを待って辛抱強く真面目に投げ続けましたが、・・・何事もないまま午後の潮どまりも終了。松帆の海は何事もなかったように激流に戻ってゆうたろうの松帆釣行はBOUZU・HAZUREそして撃沈で終了。同時に松帆4連敗の記録更新が確定。疲れた体を引きずって、帰宅しました。
 先週5連敗を阻止したのも束の間、今週から松帆の止まらない連敗記録が・・・この間の釣行、ほんとにいろいろ記録づくめで・・・来週以降も記録更新かな!?と完全にへこんだゆうたろうです

 家に帰ると「あれ?カレイのお造りがない!なんで、なんで・・・」とゆうたろうの傷口に塩をすり込むような優しい山の神の一言が・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ