2008/6/12

淡路阿万bouzu釣行記  投げ釣り

6月10日 禁煙1ヶ月記念淡路阿万bouzu釣行記 小潮
 実質、3週間ぶりの釣行。しかも、5月12日禁煙開始から1ヶ月の記念釣行ということで、今回は、やる気満々。そこで、オ・オ・ギ・ス狙いで淡路島へ。10日夜7時、仕事を終えて、大阪を出発。由良、丸山、阿万といろいろ考えたのですが、@今年、隣の吹上浜で、大物クロダイを釣り上げている、Aキスの実績があり、楽ちんそう、Bしかも、鯛や黒鯛などという外道が良く混ざる。・・・らしい。という3つの理由で、阿万初釣行を決定。雨は何とか明けるまでは、持ちそうですし、平日ということで釣り場は独占状態。期待は高まります。
 丸田の波止で、10時過ぎ第1投。沖向き、内向きに投げ分けます。早速、右斜め沖向き遠投の竿に、小さいながら、はっきりとしたアタリ。クイと竿先を押さえ込みました。持って行くほどではありませんが、暫くするとまた竿先をクイっと押さえ込むアタリが続きます。なにかなと思いつつ、あわせを入れて巻き取り始めると何か乗っています。たいした大きさではありません。結果上がってきたのは、良型のアナゴ。元気に暴れていますが、私のテンションは一気にシュン。
 その後は、満潮の潮変わりが近づき、気合を入れなおして穂先を見つめ続けましたが、結果音沙汰なし。アタリはあるのですが、アナゴ(沖向き)とうちわサイズのエイ(内向き)のみ。しかも、風が強まり満潮とともに先端は、波をかぶります。
 そこで、1時頃、ベランダに転進。再度気合を入れなおして、投入開始。しかし、相変わらずの時間が過ぎていきます。ようやく、3時過ぎ、右斜めに投入していた竿の穂先が、コーンと入りました。少ししてまたクイと穂先を持っていきます。あわせをいれ、巻いてくるとようやく20cm程のキスがついています。今年初の貴重な1匹をクーラーへ確保し、同じポイントへ投入。すると、すぐに同じ竿の竿先をクイッと持っていくアタリ。軽くあわせて巻いてくると先ほどと同型のキス。型に不満はありますが、連続したあたりでキスの寄り場を発見。さあこれから爆釣・・・・・のはずが・・・・・・。
 結果は、その後、全くアタリなし。夜明けのゴールデンタイムも含め、沖向き遠投の竿も、港内をあちこち探って投げ分けた竿も、みーんな、アタリなし。鯛も黒鯛もキスもアタリなし。結局、キス2匹のみの限りなくbouzuに近い記念釣行となりました。ガックリ
 むむむ・・・ストレス解消どころか、どっとストレスが溜まりました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 投げ釣り
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ