2009/9/29

有田川 KIBIRE OOHAZURE 釣行記  投げ釣り

有田川KIBIRE OOHAZURE釣行記 9月28日 中潮
 シルバーウイークも無事仕事をこなし、2週間ぶりのお休み。ということで前回の釣行の再現、いやそれ以上の「のっこみ」キビレの爆釣を狙って有田川へ。今回は、泉大津でチロリを予約し購入。現場到着が前回と同じく午後8時前。潮も10時過ぎが干底で、上げに変わる前回釣行と全く同じ条件。釣れない訳がないと高をくくって8時過ぎ第1投。静かに下げているなか、5本の竿を順次投入してアタリを待ちます。今回は、とりわけ、味を占めたというか、のっこみキビレの旨さを堪能した山の神たちの大きな期待も背負っての釣行、気合いが入ります。
クリックすると元のサイズで表示します 
 前回は、ここで、少し待ってアタリがないので買出しに走りましたが、今回は、爆釣を期待して、じっと集中してアタリを待ちます。しかし、期待や意気込みに反して、なかなか竿先を大きく揺らすアタリは、出てきません。しばらく待ってやっと小さなアタリがきました。コンコン、コンと小さいですが、はっきりしたアタリが竿先を揺らします。やっと来たと思い待ちますが、コンコンと小さなあたりが続くだけで、それ以上、竿先を持っていく力はないようです。竿で聞いてみると小さいですが何か乗っていますのでゆっくりと巻き取り開始。仕掛けを上げると付いていたのは、予想どおりの小チヌ。所謂、チンチン・ババタレと世間で言われている奴です。お父さんお母さんを連れてくるよう丁重にお願いして放流。しかし、お願いしたにもかかわらず、次にきたのも先ほどと同じような小さなアタリで、小チヌ。しかも、気のせいかいつにもまして極端に小さいような…10cmにも満たない大きさです。これまた。針をはずしてお帰り願いました。
 そして、次に登場したのは、コンコンブルブルというあたりで常連のゴンズイ。続いてコンクイクイと少しましなアタリを送ってきたのは、良型のアナゴ。ま、いつものことで、あまり気にせず投げ返します。そうこうする内10時過ぎの干底を向かえますが、ここでも前回同様釣果0。少し不安がよぎりますが、「前回も上げてからアタリ連発。潮が上げに変われば、絶対に釣れる。」と何の根拠もないのに不思議にも妙な自信が…
 ところが、その頃から予報通りに、雨が降り出します。最悪ですが、これからが時合い、撤収するわけに行きません。幸い、細かい小ぬか雨ということで、「さーいらっしゃい」とぬれながらも竿先を睨んで真剣にキビレからのシグナルを待ちます。
 すると暫らくしてコンコングーとようやくいいアタリが、・・・やっぱり我慢するものです。「よっしゃ!やっぱりきた!」と期待をこめて巻き取り開始。結構な手ごたえですが・・・・・しかし、少し変です。上げてみると小さいうちわサイズのエイ。期待が大きかっただけに落ち込みも激しく、がっくり。何とか気を取り直し待っていると、次に、単発のコン、コンというあたり。そして、登場したのは、ハゼ。ん〜。いやな予感。この頃にはすっかり自信喪失。しかも、期待もむなしく次もハゼ。その次は、竿先をグーンと持っていく大きなアタリでエ〜イ。だんだん雨脚も激しくなってきて本降りに。それでも、あきらめきれず何とか1匹としばらく濡れ鼠になりながら粘ったものの・・・結局、キビレからのシグナルはその後もなし!
 結果は、完全無欠のOOHAZURE。世に言うボウズ。撃沈。のっこみキビレの大爆釣??どころか、達成したのは外道の5種目だけ。なんと情けない。12時過ぎ納竿し、帰宅。
 翌日、山の神たちの「自慢のキビレのたたきはどうしたの!?」の一言が身にこたえました。
2
タグ: 有田川 キビレ チヌ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ