2019/3/3

和歌山県東牟婁(南紀) カワハギ 釣行記 2月21日  投げ釣り

和歌山県東牟婁(南紀) カワハギ 釣行記 2月21日 中潮

 今週は、2月においしいカワハギを!という半世紀中年さんのお誘いを受けて、1月に続いて今年3回目の肝パンカワハギ釣行にいってまいりました。
 例年なら釣り物の少ないこの時期、南紀のカワハギは、行けば必ず期待に応えてくれるとても貴重な存在で、まさに鉄板!・・・でしたが、今季に限っては様子が違うようで、事実1月に初の寸たらボウズを食らうなど、ゆうたろうにとっては、ちょっと手ごわい相手といいますか、ストレートに言えば釣るのがむつかしいお魚になっています。
 その後も、あまり良い情報もなく、果たして今回も、釣れてくれるかなという不安を感じつつも投げ釣りは行ってみなければわからないと思い返し当初の予定どおり半世紀中年さんと合流して大阪を出発。のんびりと仮眠をとっていくつかのポイントに分かれて大きな肝パンを狙おうかななどとのんきに現地についてみるとこの日は、何故か投げ釣り師で大賑わい??
 現地に着くと我が北斗サーフの重鎮、会長の有〇さんと副会長の福〇さんがすでに待機しており、めったにない遭遇にビックリ!挨拶をし、みんな考えることは、・・・などとわいわい話していると暫くして、また車が一台到着。まさか、と思っていると「なにわキャスターズ」さんのグループ3名の方が到着。これまたびっくりで、挨拶をしてわいわい事前の情報交換。そして、釣り場の調整ですが、そこはお互い譲り合いの精神ですんなり話し合いが決着。私共は、大物ポイントは諸先輩にお譲りし、半世紀中年さんの希望もあって、大物よりも釣りやすさで場所を決定!(笑)仮眠後、夜明けの時間を合図にそれぞれのポイントで釣りをスタート。
 2月とは思えないぽかぽか陽気の中で、のんびり一日竿を振った結果は、26cm、26cm、28cmの型物カワハギ3枚寸タラカワハギ5枚で、十分なお土産確保し、納得の帰宅。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 もちろん帰宅後は、山の神ともども肝醤油あえをメインにおいしいカワハギを堪能しました。

 ここまでは、何の変哲もないごく普通のいつものカワハギ釣行の報告ということなのですが、実は、この日、大物ポイントに入った諸先輩方の釣果に驚愕の事実が・・・
 
 「なにわ」さんは、きっちり35cmUPの大判カワハギを1枚をものにしておられましたし、更に、我が北斗サーフの福〇さんに至っては、実寸で37、38cmUPの超デカパンカワハギを連発し、カワハギの満願達成から大物号数251号へ、一気に階段を駆け上りました。おめでとうございます!!
 やっぱり釣りはる人は釣るといいますか、35cmUPのDランクカワハギ、一枚でもすごいのに、3枚とは、さすが大物師の皆さん!やっぱりよう釣りはりますは〜驚きで、開いた口がふさがりません。今季はカワハギ不調などと思っているゆうたろうとはえらい違いですは〜(笑)








にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ