2016/11/21

福井若狭 キス 釣行記  投げ釣り

 福井若狭 キス 釣行記 10月11日中潮 

 岡山でOOHAZUREを引いた後、次は何を狙おうかと考えていると、リスキーさんからお誘いの連絡をいただきました。
 当初は、例会の下見を兼ねて岡山へという話もあったのですが、色々二人で検討した結果、ここは共通の号数UPにこだわって、落ちの大きなキスをねらってみようということで、日本海へ釣行することに・・・
 実は、過去の経験から30までなら有田川・紀ノ川で何とかなると高をくくってきたゆうたろうですが、いざ狙ってみると29cmまでのキスは、よく縁があるもののの、やはり30cmとなると中々釣れません。ということで、以前から、大きなキスが釣れている福井若狭方面の日本海で、一度、竿を出してみたいと常々思っていましたので、今回、その希望がやっと現実になるということで、ググッと期待が高まります。
 とはいえ、福井若狭方面初挑戦のゆうたろう、当たり前といえば当たり前ですが、この方面での経験が皆無ということで、右も左もわかりません。ということで、今回も釣行計画は、リスキーさんにおんぶで抱っこ、すべてお任せ(笑)・・・で、リスキーさんの選択したポイントで前半後半の二回に分けてアタックすることになりましたが、果たして結果は・・・


 ◆初めての若狭釣行パート@
 リスキーさんが、とりあえず大キス釣りに選んでくれたのは、何の変哲もないどこにでもあるような湾になった海岸・・・
 前半戦は、湾の奥、海に向かって左にリスキーさん、湾の手前、右手にゆうたろうと少し距離を置いて釣り座を構えて、順次投入・・・アタリを待ちますが、結構エサ取りのフグやチャリコが活発で、手返しで対処するものの大キスの反応がないままに、時間だけが経過。大きなキスは、そう簡単には釣れてくれません。
 それでも粘り強く投げ返しているとしばらくして、やっとキスらしいいアタリが出て、22〜3cmほどのキスが初めて顔を見せてくれました。もちろん、狙いの大キスには程遠い状態ですが、小さいのが釣れたことは、大きいのもいる筈と前向きに解釈。その後も手返し重視で竿を振り続けますが、ずいぶん時間がたってぽつりと同サイズのキスが釣れたもののサイズは伸びません。
 あかん、やっぱり30cmのキスはむつかしいと思いつつ、少し離れたところで竿を振っているリスキーさんと連絡を取ると・・・28cmを頭にランクサイズのキスを4本と24〜5cmの寸たらのキス5〜6匹の返事が返ってきました。
 一瞬、自分の耳を疑いましたが、まぎれもない事実・・・わずか、4〜50mほどしか離れていない同じ海岸の釣り場で、この差はいったい何・・・こりゃあかん、頑張らねばと自分を奮い立たせて探れる範囲を丁寧に抑えて大きなキスのアタリを待ちましたが、結局、ゆうたろうには、30cmどころか型物キスも現れないまま、前半戦を終了。
 ま、簡単に言えばOOHAZURE・撃沈ですが・・・なにか!?

 ◆初めての若狭釣行パート➁
 後半戦は、リスキーさんのお情けをいただき、好調に良型キスを釣り上げた湾奥のポイントを二人で攻めることにして、ゆうたろうがリスキーさんのさらに奥側に釣り座を移動。方向、投点などこれまたリスキーさんのアドバイスをいただいて実釣開始。
 期待を込めて投げ返していきますが、ここも、また、前半戦同様、フグとチャリコの猛襲の洗礼が・・・前半戦のポイントと何が違うのとも思ったりしますが、わずか4〜50mほど離れただけの同じ湾内の海岸線ですので、底の状況も大きく変わるわけもなく、あたりまえといえば、あたりまえなのですが・・・ただ違いといえば、前半戦で、ゆうたろうは、HAZUREでしたが、リスキーさんは、28cmを頭に大きなキスをバンバンという動かしがたい事実・・・ということで、前半戦で釣れたから後半戦で、必ず釣れるという保証はないとはいえ、ここはリスキーさんの善意に甘えた以上、信じて粘るしかありません。
 ということで粘って黙々と投げ返していると釣り始めて3時間ほどして、突然、初めてそれらしいシャープなアタリが出ます。手ごたえを感じつつ、ゆっくりと同じペースで巻き取ってくると・・・波打ち際に登場したのは、ギリギリ26cmのキス

クリックすると元のサイズで表示します

 やった!!が、その時の正直な気持ちで、ギリギリとはいえ、初の型物登場にほっとするやらうれしいやら(笑)
 しかも、この一匹の後、時間をおかずに、反対側の竿にアタリが出て・・・26cmのキスを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

 さらに良型のキス2匹を挟んで、一気に引き込むあたりで登場したのがこの日最長寸の28cmのキス

クリックすると元のサイズで表示します

 徐々に大きくなるキスに、さあ、次は30cmと一気に期待が高まりましたが、ゆうたろうの期待とは裏腹に、この後、パタッとアタリが止まって・・・
 それでも、また、チャンスは来るはずと手を緩めず、その後も粘り強く投げ続けましたが、結局良型キスを数匹追加しただけで納竿時間が到来し、終了となりました。

 今回釣行、残念ながら狙いの30cmUPのキスとの遭遇は実現しませんでしたが、それでも久々に型物キスの手ごたえを十分に堪能させていただき、納得の福井若狭初釣行となりました。これも、ひとえにポイントを分かち合っていただいたリスキーさんのリードとお情けの結果。心からリスキーさんに感謝!!

 帰宅するともちろんといいますか、久々に大ぶりのキスのお造りに舌鼓!!やっぱりキスはおいしいね〜と山の神も大満足。
 加えて、この日は、たまたま甲羅が手のひらサイズの2匹のワタリガニが偶然釣れたこともあって、活けでお持ち帰り。湯がいて提供するとこれがまた、絶品で・・・一段と充実した我が家の食卓となりました。




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ