2016/5/9

和歌山串本 カワハギ 釣行記 4月12日  投げ釣り

和歌山串本 カワハギ 釣行記 4月12・26日 中潮

 今回は、ゆうたろうが所属する北斗サーフ会長・有光やんか氏より以前から頂いていた「いつでも日程は任せるので、是非一度、串本にカワハギ狙いで釣行しませんか」という申し出を実行に移すことに・・・相変わらず仕事がばたばたで、直前までなかなか踏ん切りがつきませんでしたが、釣行予定前日になってようやく、仕事のめどがついて、釣行を決断。今回は、たまたま休みが偶然合致した素人同然の我が息子も引き連れて釣行することに・・・もちろん山の神の指示ですが・・・(笑
 急いで有光やんか氏と連絡を取って打ち合わせを行い、当日夜11時過ぎに合流して、大阪を出発。順調に高速を乗り継いで現地到着後、仮眠をとって、夜明け前に起床すると早速ポイントに・・・
 今回は、串本初参戦の有光やんか氏からどこで釣るかはすべて任せるということで、いろいろ考えた結果、全く素人の息子や初参戦の有光やんか氏にとってどちらかといえば釣りやすく、3人が一緒に竿を並べられる場所をということで無い知恵を絞って選択。とりあえず最も釣りやすい左側のポイントに、有光やんか氏、右側のポイントにゆうたろうと息子が釣り座を構えてスタート。
 全ての竿をセットし、順次それぞれ思うポイントに投入していきますが、いつものごとく朝一はのんびりとスタート。たまにトラギスやキタマクラが登場するだけで、カワハギの気配はありません。
 ここは、どちらかち言うとのんびりとしたスタートで、経験上、朝一が忙しいということが少ないような・・・やむなく、あちこちこちと釣れるポイント探っていろいろと投げ込んでいるとしばらくして、超浅場に捨て竿気分で投げ込んでいた我が息子の竿に、コンコンコンとはっきりとしたアタリが・・・慌てて対応し、ぎごちない手つきで重そうに巻き上げてきたのは、良型のカワハギ28cm・・・息子は実に嬉しそうに見せつけます。ならばと同じような方向に投げるとしばらくして私の竿にもコンコングイ〜ンと大きなアタリが出て同じく28cmのカワハギを釣り上げます。

クリックすると元のサイズで表示します

 息子、ゆうたろうと色々探って、何とか型物を確保ということで、いつもなら一安心となるところですが、問題は初参戦の有光やんか氏・・・できれば、有光やんか氏にも早く型物が来てほしいと心配していると・・・しばらくして、有光やんか氏にもようやくアタリが出て26cmのカワハギを釣り上げます。これで全員何とか型物を確保し、とりあえず、ポイント選択を任されたゆうたろうとしては、ホット胸をなでおろします。(笑

 ところが余計な心配もここまで・・・この後は、初参戦の有光やんか氏の独壇場!
 午後2時の納竿までに、有光やんか氏は、初の30cmUPを頭に型物カワハギの型物5枚を確保で5号UP!・・・さすがです!
 それに対して、ゆうたろうは、巻いてくる途中で2回ほど良型をバラスという痛恨のミスもあって、26cmのカワハギを追加するのがやっと・・・結果は、息子と二人で寸たらを入れて合計6匹のカワハギを釣って終了。

クリックすると元のサイズで表示します

 今回釣行、ゆうたろうとしては、数型とも中途半端で、消化不良の釣行となりましたが、初参戦の有光やんか氏が良型を連発、喜んでいただいたことが何よりで、その点、一応満足の釣行となりました。
 とはいえ、食材的には息子と合わせて6匹の釣果は、我が家にとっては十分な量で・・・帰宅すると、早速、生きたままお持ち帰りしたカワハギと活〆で持ち帰ったカワハギをお造りにして食べ比べ・・・加えて、初のカルパッチョ風のお造りにも挑戦・・・これがまた自分で言うのもなんですがバカウマ!(笑)そして、締めは、すっかり我が家の定番となった握り寿司を大変おいしくいただきました。


 実はこの釣行には、消化不良を解消したいと悪あがきをした続編があって・・・

 翌週は、仕事が忙しくお休みを頂けませんでしたが、2週間後に消化不良を解消すべく再度串本に釣行・・・
 悪あがきをした結果は、28cm頭に、26cm以上5枚と寸たらの良型11枚・・・数こそ、そこそこ出たものの2戦連続のこれまた微妙な結果に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ま、これが実力といいますか・・・ほんと何回通ってもでっかいカワハギをよう釣りませんわ!?
 がっくり・・・


 






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ