2016/3/17

淡路松帆 マコガレイ 釣行記 3月3日  投げ釣り

淡路松帆 マコガレイ 釣行記 3月3日 長潮

 3月は、紀ノ川でスズキを集中的に狙うと固く決意していたゆうたろうですが・・・スズキバコバコを想定して臨んだ前回釣行で、ものの見事に出鼻をくじかれ・・・完全に自信喪失・・・
 といいますか、実態は、もともと自信がある訳もでなく、単に妄想が崩れただけということなのですが・・・
 いずれにしても、全然スズキが釣れる気がしないということで、3月スズキ釣行の固い決意はどこへやら、潮が小さいということを口実にして、早くも泣きの一回休みが入ることに・・・
 ああ、ほんと自分でも軟弱といいますか、情けな〜・・・です。(笑)

 となるとどこへ行くのか、何を狙うのか、鳥羽、串本、鳥取などなどいろいろ迷いましたが、月も変わって3月・・・少し早いですが、そろそろカレイもと思いつつ、自分のブログの過去の釣行記録を見返していると・・・数年前まで、この時期、毎週のように松帆に通って、マコガレイやアイナメの大物など、それなりにいい思いをさせていただいたことの記憶がよみがえって・・・潮も小さいことやし、条件的にはかってのゆうたろうのホームグラウンド、淡路松帆に行ってみようかと珍しく気持ちが傾きます。
 もちろん、過去にいい思いをした松帆だからと言ってそう簡単にお魚さんが釣れる保証などはどこにもありません。まして、3月入ってすぐですので、時期的には、まだ少し早いかなとも思いますが、たとえ釣れなくても、春の日差しのもと明石海峡にかかる明石大橋を望みつつ、対岸の神戸や明石の街並みを日がな一日のんびり眺めながら釣りをするというのも、久しぶりにいいかなと・・・よし、今回は松帆で決まりと気持ちが固まります。

クリックすると元のサイズで表示します

 いつものごとく、朝、5時半に起床し、まだ暗い内から海岸に出ると予報通り天気は穏やかな晴れで、風もなく冷え込みもさほどでもありません。この時期としては、最高のお天気で、まさにカレイを釣ってくださいと言わんばかりの絶好の釣り日和。しかも、久々に大好きな松帆海岸に立つと、何故かそれだけで気分は最高・・・
 ま、結果としてお魚が釣れる釣れないは別として、とりあえず春の日差しを浴びて日がな一日のんびりとという目的はほぼ達成できそうです。(笑

 砂利浜に荷物を降ろすと、まずは、潮の流れの確認です。
 ここ松帆では、潮が流れ出すと激流の川のようになりどうにもなりませんし、加えて、潮時表とは全く別の動きをすることもしばしばで、現地に立って確認しながら釣るしかありません。しばらく目を凝らして水面を見つめていると・・・流れはあるものの激しく波立つほどでもなく、
どちらかといえば、十分に釣りになるように見えます。
 とりあえず、フルスイングで投入し様子を確認するとゆっくりですが、右に道糸がされていくもののそれなりのところで落ち着きます。よし、いける!と順次、遠近右左に投げ分けてすべての竿を投入し、アタリを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

 朝間詰めの時合いと潮どまりのタイミングが合いましたので、絶好のチャンス。過去の経験から行くとカレイかアイナメのアタリが結構な確率で出るはずですので、一気に期待が高まります。緩やかに流れている潮に合わせて、アタリを見逃すまいとゆっくりと上下する竿先を見つめ続けます。
 しかし、絶好の時合いといっても、そうそう期待通りにお魚さんが反応してくれるわけでもなく、アタリがないまま、しばらく時間だけが経過していきます。とりあえず、エサの点検を兼ねて仕掛けを回収すると意外にも結構エサがとられていて、どうもエサ取りが活発なようです。過去の経験から行くと、ここ松帆では、秋のエサ取りは活発でも、春のこの時期は、エサ取りもなく釣りやすいはずなのですが・・・それでも全部きれいにエサがなくなるというほどでもありませんので、あとは、たっぷりとエサを付けて、こまめに点検するしかありません。
 ということでそこからは、引き続き遠近投げ分けて投入し、時には誘いを入れてアタリを待ちながらこまめに打ち返しを始めます。
 ところが、投げても投げても、高確率で出るはずのアタリがなかなか出ません。おかしい。やっぱり時期的に早かったかなと思いつつも、まだアイナメの可能性は絶対あるはずと黙々と投げ返していると・・・左前方から静かだった海面が波立ち始めます。
 絶好の潮どまり終了?!・・・おいおい!やっぱりあかんかと思いつつ恨めしそうに海面を見つめていると・・・確かに波立ち始めたものの全面が一気に波立ち全く釣りにならないということもなく、部分的に波だった海面が徐々に移動するといった感じで、継続して投げられる状態が続きます。
 やっぱり長潮、これならまだ釣りになるな!?と以前より大きく揺れだした竿先を見つめていると右側三脚の一番奥の竿がゆっくりと抑え込まれたような・・・
 ん?アタリ?潮の流れ?・・・もう一度動けばはっきりするのですが・・・
 じっと息を殺して待ち続けるものの残念ながら何の変化も現れません。アタリがないと潮の流れに揺れる竿先の動きも勝手にアタリに見えてしまう・・・程度の微妙な動きでしたので、やっぱり波か!?気のせいやなということで、そのままあきらめ、しばらくして、機械的にすべての竿に順次、誘いをかけ始めます。
 すると・・・先ほどの微妙な動きのあった竿の誘いに・・・これまた微妙な動きが・・・
 え!・・・重みと同時にググッと手ごたえがあったような・・・あ!やっぱりアタリ?!・・・と思うとあわてて必死でまき始めます。
 結構な手ごたえを感じつつ、やっぱり、なんかおる!おる!と巻き取ってくると途中、駆け上がりで急にググッと重たくなって一瞬ヒヤッとしますが、更にしゃにむにまき続けるとズリッといった感じで何とかクリア!ほっとします。
 さあ、残り、あとわずか、カレイ?アイナメ?と思いつつ水面をじ〜っと凝視していると・・・ようやく、かなり手前、波打ち際近くになって、滑るように近づいくる茶色マダラの平べったいお魚を確認。
 カレイや!・・・しかも、大きい!!
 更に、休むことなく巻き続け一気に砂利浜にずり上げて無事魚体を確保。
 ばったばったと暴れる大きなマコガレイを見ながら思わずよっしゃとガッツポーズ!

 計測すると実寸で42cm・・・一昨年の春、やはりここ松帆で釣って以来の・・・久々の40UPのマコガレイです。

クリックすると元のサイズで表示します


 予想外の展開といいますか、いくら妄想好きのゆうたろうでも、ひょっとしたらカレイやアイナメの型物がとは思ってはいたものの、いきなり40UPのマコガレイが登場するなどとは、全く想像していなかっただけに、さすがにビックリ!
 いや〜よかったよかった、もう帰ってもいいかなとしばらく興奮しておりましたが・・・
 時間とともに徐々に気持ちが落ち着くと逆にいつもの欲どうしい妄想がむくむくと・・・時間とエサはまだたっぷりあるし、ひょっとしたら型物カレイの追加や大きなアイナメなんかも・・・ん〜バコバコ!?・・・などとゆうたろうの頭の中は、大きなお魚さんがぐるぐる目まぐるしく回り始めます。
 ということで、そこからは、今までになく大胆にエサを付けて投入し、誘いをかけては、仕掛けを回収、エサを点検、そしてまた投入といつになく意欲的に投げ続けます。
 しかし、世の中やはり甘くないといいますか、そんないい加減なゆうたろうに、釣りの神様がほほ笑むはずもなく、気が付けば、何事もないままにエサが残り少なくなって、強制終了の時間を迎えます。
 結果は、小さいカレイはいらないとばかりに使用した15号カレイ針を丸のみした寸たらのマコガレイ2匹を追加したのみ・・・
 ま、妄想を膨らました段階で、結果は見えておりましたが・・・

 それでも、たった一匹とはいえ、今季初ガレイ狙いで、40UPマコガレイは、十分すぎる結果で何の不満もありません。
 いえいえ、大満足でございます!!
 改めて、意外性の釣り場、淡路松帆に感謝!

 もちろん、帰りには、忘れることなく仮屋に寄り道し、この時期ならではの淡路島のおいしい食材・・・春わかめを採取。帰宅すると春わかめと久々の肉厚マコガレイで、お造り・しゃぶしゃぶ・握りずしに舌鼓・・・
 まさに、淡路の春をたいへんおいしくいただきました。

 我が家の山の神以下全員と一匹は・・・大満足!!












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ