2015/8/27

京都伊根 OOHAZURE 釣行記 8月23日  投げ釣り

京都伊根 OOHAZURE 釣行記 8月23日 長潮

 今週は、ゆうたろうが所属する北斗サーフの例会です。
 普段、土日仕事が原則のゆうたろうですが、毎年、8月は、一年で最も日曜のお休みがとりやすい月でもあり、特別な事情がない限り日曜のお休みを一日とってクラブの例会に参加するのが恒例になっています。ということで、今年も何とか職場で調整がつき、無事予定通りに例会参加が実現しました。
 とはいえ、難題は、釣行場所。今年の8月例会は、珍しく日本海の宮津方面ということでエリアが指定されましたので、この方面に過去ほとんど釣行した経験のないゆうたろうには、これはという釣行場所が全く浮かびません。宮津方面で頭に浮かぶのは、針の数だけついてくる海毛虫のイメージ・・・はあ〜
 たまたま岡山釣行の折、釣行場所に困っているとリスキーさんに話をすると・・・伊根で夜はマダイ、明けてからマゴチというのはどうですかと提案が返ってきました。更に、伊根がだめならと第2案、第3案と新たな代替案が・・・しかも、リスキーさんの実績と経験に基づいた提案ですので、それなりに説得力があります。
 ということで、例会の釣行場所は、マダイとマダイに釣られて伊根に決定。そして、全く何の根拠もないのに何故かゆうたろうの頭の中は、その時点から、かってにマゴチとマダイが乱舞し、そして、例会結果はもちろん・・・優勝!・・・あは、は、は、は・・・

 仕事の事前調整がうまくいって、仕事を早く切り上げることができたゆうたろう。途中エサを仕入れて舞鶴道をひた走り、目的の伊根のポイントに到着したのが午後7時。誰もいてないことを想定していたのですが、すでにお一人の若い青年が、ポイントに入って投げておられます。更に、この青年にご挨拶をしてお話をしているところに、また投げ釣りの方がおひとりやってきて・・・あ、あかん。やっぱり場所移動かと半分あきらめ気分でさらに青年といろいろお話をしていると「どうぞ一緒に釣りましょう」と耳を疑うようなお話をしていただいて・・・結局、紆余曲折はあったもののこの好青年の申し出に甘えることにして、3人で仲良く並んで重なり合うように釣りをすることに・・・
 ただゆうたろうは、例会規定で、夜中の0時以降しか竿出しができませんので、準備だけしてそこからしばらくお二人の釣りを眺めることに・・・
 好青年と京都からお越しの方は、過去にこのポイントでの釣りの経験をお持ちのようで、いろいろとこのポイントについて精通されておられます。ということで、初めてのゆうたろうは、釣りを眺めながらいろいろポイント解説をお二人に頂き夜中の0時までの5時間結構楽しく時間を過ごすことができました。
 そろそろ、例会スタートの時間が近づいて、準備を始めようかと思っていると京都からお越しの方が、片づけを始めます。あれ?と思って声をかけると夕間詰からここまで釣ってなんも来ないということは運がないということ・・・諦めます。仮眠をとって転戦しますので例会頑張ってくださいとあいさつをして帰られました。0時から釣るゆうたろうに遠慮といいますか、配慮されたといいますか・・・感謝以外の言葉がありません。
 ということで、京都からお越しの方のあとに三脚を置かせていただいて、好青年と並んで、いよいよ待ちに待った釣り開始です。一時は、窮屈な釣りになるかと思いましたが、それぞれの皆さんの善意に包まれて、狙った好ポイントで竿出しすることが実現した以上、これは何としても外すわけにはいきません。何が何でもマダイとマゴチを釣らなければ・・・いや、絶対に釣れる・・・いやいや絶対に釣るぞ〜とかってなく気合が入ります。
 ということで、夜はマダイメインで虫エサで、明けてからは、マゴチを狙って塩イワシを投入。投げる方向や投げる距離も好青年と声を掛け合い、譲り合って当初の計画通りの作戦を予定通りに実践・・・ほんとに気持ちよく、通算10時間ほど投げに投げ続けさせていただきました。

 で、結果は・・・

 手のひらにも満たないチャリコ3匹と特大のウミヘビ3匹に、数えるのも嫌になるくらい大量のクサフグ・・・それだけ!

 納竿間際、今日は釣れたかいと聞いてこられた方が・・・その方曰く、昨日の人はマゴチだのでっかいのをいっぱい釣っていたが・・・そうかい、BOUZUかい、残念だったのう・・・
 はい、残念でした。・・・クゥ〜〜・・・(涙


 普段、例会は参加することに意義があると言っていたゆうたろうが、ひそかに優勝などという、全く似つかわしくもないものを狙った結果は、ものの見事に実力を発揮して、OOHAZURE!!
 はあ〜〜!?たったそれだけ・・・ほんとに・・・嘘でっしゃろ!?・・・審査会場でのクラブ員の皆さんの笑いを誘って・・・

 何が、マダイ、何がマゴチやねん!?
 ・・・・・どっと疲れました。

  
 それでも、これは負け惜しみでもなんでもありませんが・・・
 投げ釣りが好きなお二人と狙ったポイントで出会い、とても気持ちよく、そして楽しくお魚釣りができたことが、とても素晴らしい思い出として、深く心に刻まれました。今回釣行の最高の喜び・・・お二人との出会いに感謝!!
 そして、今回たまたま、釣果には巡り会えなかったものの新しいポイントを実釣経験できたことは、ゆうたろうにとって、とてもいい財産になりました。次こそは、宮津方面に足を運び、大物と出会いたいと思います。いろいろとアドバイスをいただきフォローしていただいたリスキーさんにも感謝!

 例会の結果は、やはり、先輩諸氏はさすがといいますか、しっかりと釣っておられて・・・全体で型物のキスが7〜8匹ほど提出されておりました。そして、久々にクラブ員の皆さんと顔を合わせて、釣りのお話しなどいろいろとさせていただきとても楽しい時間を過ごすことができました。


 それぞれに、当日いろいろお世話になった皆さんに感謝!・・・ありがとうございました。


 ということで、伊根のお話は終わりですが、その伊根の釣行前に、お盆休みということで帰宅していた息子が、珍しく魚釣りに連れて行けということで、息子と初めて投げ釣りを楽しんできました。
 とりあえず息子でも安全に投げて魚が釣れるとこという条件で選んだのが、例の都会のオアシス、新淀川。早起きして、釣行した結果は、二人で48cmのクロダイを頭に19匹ほどのお魚さんに相手していただきました。
 投げ釣り体験初めての息子も、ゆうたろうが準備した投げ竿2本をゆっくりと操り、ぎごちない投げ方でしたが、コントロール重視で、40〜50mほど投げていたでしょうか?40cm前後のキチヌを4匹釣って、「ぐんぐんめっちゃよく引くな〜」と初めて投げて釣ったキチヌの型物に、それなりに嬉しそうでした。

 ゆうたろうは、48cmのクロダイとキチヌ14匹(38,42,38,40,44,43,42,40,38,35,40,32,44,43cm)に遊んでもらいました。(笑
 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
1
タグ: 伊根 マダイ マゴチ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ