2019/7/30

隠岐の島 リベンジキス 釣行記 7月30日   投げ釣り

島根県隠岐の島 リベンジキス 釣行記 7月30日 大潮

 前回、隠岐の島釣行で、近年にない不発に見まわれたゆうたろう、諦めが悪いといいますか、こんなはずはないと仕事が一段落する梅雨明けの時期を選らんで、半世紀中年マダイ師匠と再挑戦をすることに・・・
 もちろん、マダイの島・隠岐の島釣行ですので、例年ならこの時期50cmや60cmのマダイの一匹や二匹は必ず食ってくるはず・・・ですが、今回も、ゆうたろうの本命は、あくまでも30cmオーバーのキス!?ということで、当然ながら仕掛けは、ウナギ針13号の2本針という小針仕掛けで、目的達成のためなら、でかいマダイが来たときは、鼻からあきらめる心づもりです。
 そして、ポイントも水深のあるマダイポイントを避け、どちらかといえば水深浅めで、ところどころにシモリがあったりして大きなキスが回遊しそうな場所をいくつか事前に選択。
 ということで、まさに準備万端、今度こそは、大キスが絶対釣れる!そして、何が何でも絶対釣る!!といつになく「志」高く、かつ意気軒昂で、隠岐釣行に突入したのですが・・・

 ところが・・・そう、ところがです。
 ゆうたろうの高〜い「志」などへのかっぱ!やっぱり世の中甘くありません。何故か帰りのフェリーでは、「な、何でやねん!ほんま、今年の隠岐はおかしいわ!!」と釣れなかった言い訳いっぱいに、ボヤキまくりのゆうたろうの姿が・・・(笑)
 もちろん、狙わなければ絶対に釣れないのはわかっているのですが・・・それにしても、狙うと途端に、釣れないといいますか、蜃気楼のようにどんどん遠ざかっていくような気がするのは、ゆうたろうだけ(笑)

 ということで、結論から言えば、今回釣行でも、30cmUPの大きなキスは、かすりすらせず、ガックリ!?まさにリベンジならず・・・だったのですが、そこは、さすが隠岐の島・・・例年ほどではないといいつつも、そこそこのお土産が、ゆうたろうを癒し、慰めてくれました。
 
1日目
キスの26cm、マダイの30cm、キスの27cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

マダイの38cm、キスの27cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




2日目
マダイの30cm、キスの26cm、マダイの30cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

マダイ32cm、マダイ47cm、マダイ34cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


 帰宅後は、隠岐のおいしいマダイとキスを4〜5日かけて食べつくし、どうにもならない気分を自ら慰めましたが、今後のことを考えると梅雨明けのようにすっきりとは気分が晴れてくれません。
 30cmUPのキスはいったいどこに隠れているのやら・・・そして、いつになったら釣れるのやら・・・出るはため息ばかりなり〜(笑)




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2
タグ: マダイ キス カサゴ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ