2018/3/10

徳島県小鳴門 アイナメ 釣行記 2月27日  投げ釣り

徳島小鳴門 アイナメ 釣行記 2月27日 中潮

 尋常ではない今年の寒さに、ゆうたろうのテンションは、かってなく超低空飛行・・・
 それでも、お魚が釣れさえすれば多少無理してでもと思いますが、この間パッとしない釣果で、どうせこの寒さでは釣れないやろなと思うとますます重い腰が上がりません。当然ながら、それに伴ってこの間の釣行回数も激減。
 こんなことは初めてで、このままではあかん何とかしなければと思いつつも、どうにもならないまま時間だけが経過、いったい、いつまでこの寒さは、続くのかと思っていると・・・ようやく、2月の下旬になって寒気の途切れが・・・しかも、確実に春が近づいていると思わせる予想以上の気温の上昇に、少しだけ気持ちが前向きに・・・
 ということで、陽気に誘われ、短時間釣行を思い立ったゆうたろうが、釣行先に選んだのが、小鳴門のポイント。
 鳥羽でダメなら、小鳴門でと、場所を変えたら何とかなるというゆうたろうらしい超いい加減な選択で、しかも、寒い夜を回避して早朝からお昼までの短時間の竿出し・・・まさに、やる気のなさがうかがえる釣行計画ですが、それでも、一応は、果敢に小鳴門の激流にアタックするという気持ちが大切で、それなりに頑張ればアイナメの1匹や2匹は答えてくれるはずと釣りはじめますが・・・やはり、世の中そんなに甘くありません。結果は予想通りで、遠近右左と投げても投げてもバチバチの根がかりの連発。当然ながらアタリは皆無!
 仕掛けとおもりの消耗だけが確実に進む中、やがて納竿時間を迎え、やっぱりだめかとあきらめ気分で後片付けを始めていると、突然、この日の唯一のアタリが・・・そして、顔を出してくれたのは、アイナメの37p

クリックすると元のサイズで表示します

 超近投に、竿尻が浮きかける久々の激震に嬉しいやらほっとするやら・・・たった一匹ですが、幸運かつ貴重な一匹に感謝しつつ、そのまま納竿終了。帰りに、淡路島で今季初の春ワカメを採取し、帰宅すると、ささやかですが、早春の食材を我が家の食卓に並べて大変おいしくいただきました。
 それにしても、気温も寒いですが、相変わらず釣果も寒いですね〜
 危うくOOHAZUREは、ぎりぎりで回避できたものの、もう少し何とかならないものかと・・・気温の上昇とともに下手でも釣れるよう、お魚さんとのめぐりあわせが上昇することを只々祈るばかりで・・・(笑)
 






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ