2016/2/25

串本 カワハギ 釣行記 NO4  投げ釣り

串本 カワハギ 釣行記 NO4 2月9日 大潮

 今週は、飽きもせずに、またまた食べておいしいカワハギ狙いで串本へ
 もちろん、おいしいカワハギを活けでお持ち帰りということが一番ですが、今回はそれだけにとどまらず、これだけ通えば、下手なゆうたろうの竿にも、まぐれで超でっかい肝パンがそろそろ・・・とスケベ心丸出し?欲と二人連れ?の釣行です。
 そして、その結果は・・・
 
 やっぱり、世の中甘くない!?・・・でした・・・あは、は、は、はあ〜↓

 いつもの通り、串本に着くと帰りの体力温存で、仮眠をとって5時起床。
 この日は、2月に入って水温も徐々に下がっていることもあって、少し深場のポイントを選択。
 予定通り狙いのポイントに着くと早速準備を始めて、夜明けと同時に順次すべての竿を一斉に投入し、でっかいカワハギからのシグナルを待ちます。
 しかし、ポイント選択を間違えたのか、腕が悪いのか、釣りを開始して1時間たっても何の反応もなく静かなまま・・・朝間づめの好時合いにもかかわらず、全く竿先は動きません。エサがとられる気配すらなく、そのまま帰ってくるのがほとんどで、たま〜にトラギスがすまなさそうにぽつんとついてきたりはしますが、狙いのカワハギの反応は皆無・・・
 なかなか渋いなと思いつつ、それでも日が上がればカワハギの活性も高まるはずと期待して、その後も粘り強く投げ続けますが・・・更に1時間たっても、2時間たっても状況に変化なく・・・気が付くともう時計の針は10時を回っています。
 夜明けと同時に釣り始めて4時間・・・日が高くなり折り返しを過ぎても、釣れたのは、トラギスとキタマクラのみで、カワハギはの釣果はゼロ!!気配すらありません。
 この時点で、実釣時間は残すところ3時間・・・この残りの時間を考えると・・・でっかいカワハギどころか、お土産すら危うい状態で、串本で初のOOHAZUREを引くことが限りなくほぼ確定的に・・・
 当然、気分は暗く落ち込んで、ガックリという状況ですが、だからといって、今更、どうすることもできません。残り3時間とにかくこの場で黙々と耐えるしかありません。やむなく、え〜いカワハギだって都合がある訳で、HAZUREを引くことだってあるわいと開き直って投げ続けていると・・・
 10時半を過ぎたあたりから、右方向遠投の竿に突然、変化が現れます。今まで、しっかりっと残っていたエサが、微妙にかすめ取られるようになり・・・ん?・・・エサがとられるということは、ひょっとして・・・とそこを重点に投げ始めるとしばらくして一本の竿に微妙な動きが・・・息をつめて竿先を見ていると微妙に動いていた竿先がコンコングーッと一気に入って・・・

 待ち続けて4時間半、やっと・・・カワハギらしい、待望のアタリです!

 竿を手に取り期待を込めて、軽く聞き合せるとグッグーとカワハギらしいそれなりの手ごたえが帰ってきて・・・喜び勇んで巻いてくるとやがて水面に姿を現したのは、良型のカワハギ。慎重に抜き上げ計測すると27cmの肝パンのカワハギで・・・ほんとこういう時の一匹のうれしいこと、何とも言えません。丁重にハリスを切るとアジバッカンに入れてタイドプールにキープ。

クリックすると元のサイズで表示します

 貴重な一匹、一旦はあきらめたはずのカワハギの登場で喜びほっとしたゆうたろうですが、気分が落ち着くと一匹釣れたなら二匹目もと欲が出てきてここから投げ返しにも一段と力がこもります。
 いつもなら、ここで期待が空回りし、世の中そんなに甘くないとなるのがゆうたろうの常ですが、この日はちょっと違って、ここから短時間ですが、今までの超〜静かな4時間半がうそのようにアタリが連発・・・

 まず、直後にギリギリの型物ですが、コンコンコンと何度もつつくアタリを合わせて26cmのカワハギをキープ。

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、寸たらの24〜5cmの良型カワハギが3枚続いた後に・・・
 グ〜ンと竿先を抑え込む今日一のアタリで、30cmちょうどの肝パンカワハギが登場。

クリックすると元のサイズで表示します

 これを最後に、ピタッとまたアタリが止まって元の静かな海に・・・

 当たり前といえば当たり前ですが、何ともお魚さんは思うとおりになりません。
 朝間詰めから4時間半・・・まったく釣れる気配がないと思っていたら、潮変わりでもないのに突然ばたばたと良型のカワハギが短時間で連発・・・いわゆる世間でいうところの群れが回ってきたということなのでしょうか?
 ゆうたろうの理解力からは、頭が悪いこともあって、まるで狐につままれたような状態で、まったく意味不明・・・危うくOOHAZUREを引くところで、ほんと危なかったといいますか、心臓に悪いといいますか・・・それでも根が単純なだけに、冷や汗をかいた分、逆に、喜びもひとしおで、結果オーライが全て・・・よかったよかったで納竿、終了となりました。

 ということで、この日の釣果は30cmを頭に、型物計3枚に良型寸たら3枚の計6匹。内、型物3枚と寸たら1枚を活けでお持ち帰り。
 当然ながら、その日の我が家の食卓は、いつもの通りの活けカワハギ料理満載で、串本の豊饒の海の至福のひと時をいただきました・・・
 
 待てば海路の日和あり・・・なんのこっちゃ!?





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2

2016/2/14

鳥羽 アイナメ 釣行記 2月3日  投げ釣り

鳥羽 アイナメ 釣行記 2月3日 長潮

 前回、串本カワハギ釣行の後、活けカワハギのお寿司を満足そうにほおばりながら、我が家の山の神が、ぽつりと一言・・・

 カワハギもおいしいけど、やっぱり、次はこの時期らしい冬のお魚・・・アイナメかな・・・

 はあ〜?・・・と訳わからん返事で、無駄な抵抗をしつつ・・・心の中で、そんな簡単に狙いのお魚がポンポン釣れるかい!とつぶやきますが・・・結局は、無言の圧力に屈して山の神の指示に従うことに・・・
 う〜ん!?・・・何とも情けない話ですが、アイナメの活けは、まだ一度もお持ち帰りしてなかったことを思い出し、これはこれでいい機会かなと自分でも納得(笑)

 さて、問題はどこへ行くかですが、大小を問わず確実にものにできるという確率から行けば、西より東かなということでやはり定番の鳥羽を選択。
 鳥羽で一晩釣ればまさかOOHAZUREをひくこともないはずで、しかも、この日の長潮という釣りやすい条件を考えると、特別大きなものは無理でも、複数のアイナメの大物を確保し、念願の活けでのアイナメのお持ち帰りもかなり現実味を帯びてきます。ま、この時点でいつものとおりゆうたろうの頭の中では、活けのアイナメがぐるぐる・・・
 もちろん、これもあくまでゆうたろうのいつもの妄想といいますか、何の根拠もない超いい加減な判断で、実際は、あくまで釣れる釣れないは時の運、釣ってみないとわからないというのが真実ですが・・・それでも、現実を見るまでの釣行前のこのひと時が、実はアドレナリンでまくりでとても楽しいんですよね〜(笑)

 
 夕方早めに仕事を片付けると直帰の連絡を入れて、そのまま南港経由でエサを仕入れて鳥羽へ。何の障害もなく、スムーズに西名阪、伊勢自動車道と乗り継いで、現地鳥羽のポイントに着いたのが、6時半過ぎ。午後8時半が干潮で、下げの潮どまりですので、おそらくそこが最大のチャンスと予想しての現地入りです。
 早速、潮が緩む前に投入を終えるため、急いで準備を進めると、順次すべての竿をここぞと思うポイントに投入。やはりまだ、下げがきつく、投入した仕掛けは落ち着くことなく右に流されていきますが、それでも長潮ですので、止まらないということもなく少し流されると根に持たれて竿先を軽く曲げた状態で止まります。
 すぐに潮が緩み始めて、絶好の時合いが訪れるはずと闇夜に浮かぶ穂先ライトを見ていると一本の竿に、早速アタリがでて、小さく竿先を揺らします。しかし、軽く煽って期待を込めて巻いてくると・・・登場したのは、良型のアナゴ!?・・・が・っ・く・り・です。
 ま、こういうこともあると気を取り直して投げ返しているとしばらくして、潮が緩み始めます。投入した仕掛けが、ほとんど流されなくなってきて、さあ、アタリが出るぞと見ていると・・・絵に描いたといいますか、予想通りといいますか、突然、一本の竿にガンガンガンと大きなアタリが出ます。竿先を激しくたたくアタリに、今度こそ、本命のアイナメに間違いないと期待を込めて巻き始めるとゴン・・・ゴンと頭を振るようなアイナメ特有の手ごたえが・・・
 よしこれは間違いないとますます期待が高まる中、やがて水面に姿を現したのは・・・

 全く想定していなかったお魚・・・チヌ・・・いわゆるクロダイです。
 
 これまた、がっくり!?で、なんやお前かと落胆しつつ抜き上げたのは・・・36cmのクロダイ。

クリックすると元のサイズで表示します

 絶好の時合いにもかかわらず、出るアタリは、アナゴに、クロダイと外道のオンパレード。その後も2度ほどアタリを拾いましたが、どちらもアナゴで、結局、本命のアイナメにはめぐり合うことなく下げの潮どまりが終了。ゆっくりと潮が上げに転じて錘が流され始めます。
 こうなると気分はブルー。
 日没直後の下げの潮どまりという折角の好時合いにアイナメを外すということは、今までにないことで、次の午前2時半の満潮の潮どまりのチャンスが残っているとはいえ、限りなくOOHAZUREを引く可能性が高まります。
 このくそ寒い中、わざわざ夜釣りまでして狙っているのにアイナメ撃沈では、洒落にもならんなと思いつつ、予定変更して半夜で釣れなければ早上がりでもと半ばあきらめ気分で撤収のことを考えていると・・・
 潮が流れ始めて先ほどからゆっくりと波打つように揺れていた右側の竿先が一瞬止まってコンと動いたような・・・
 ん!?・・・アタリ?・・・と半信半疑で見つめているとすぐ直後に、ググッと竿先が入りました。来た!と思いつつ竿を煽って巻き始めるとゴンゴンとかすかな抵抗が伝わってきます。
 今度こそはアイナメ・・・であってくれ!?頼む〜!!・・・拝むような気持ちでしゃにむに巻いてくると・・・果たして現れたのは・・・待ちに待った本命のアイナメ34cm。

クリックすると元のサイズで表示します

 やっぱりおるやん!!
 下げ止まりの時合い終了で、あきらめかけたところでやっと釣れたアイナメに、正直ほっとするやらうれしいやらで、早速、ハリスを切って丁重にスカリに入れてキープ。
 
 さらにさらに釣れる時はこんなもんといいますか・・・
 この直後に、近投の捨て竿にアタリが出て、ギリポンですが、30cmちょうどのアイナメを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後は、更に流れがきつくなってアタリが遠のきますが、この2匹のアイナメが釣れたことで気分一新。先ほどまで、もうあかんと撤収を考えていたゆうたろうはどこへやら・・・次は、2時半の満潮の潮変わりやなと態度を一変・・・ほんといい加減といいますか、現金といいますか・・・
 そうなると寒さも何のその、真冬の夜釣りにもかかわらず、さっきまでぼやいていた同じ口からお月さんがきれいやななどという言葉がぽろっと出てきて・・・なんのこっちゃ!?アタリのない時間帯も黙々と乗り越えていきます。 
 
 そして迎えた、2時半の満潮の潮変わり・・・結果は、1匹か2匹のアイナメの型物の追加は、可能性大やなというゆうたろうの予想を乗り越えて・・・

 まず最初に、緩みかけた2時過ぎ。ガンガンのアタリで登場したのはアタリと不釣り合いの30cmのアイナメ

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、この直後、時合いとはこんなもんといわんばかりに、立て続けにアタリが出て、32cm、33cmの2匹のアイナメを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、更に、この後、一旦アタリが止まったものの、しばらくして、潮が下げに転じて動き出した直後に、この日最長寸のアイナメ36cmが登場。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 この後、しばらく粘ったものの潮の流れがきつくなって、アタリもなくなり納得の納竿、終了。
 
 山の神に突き動かされた今回釣行、最初は、いったいどうなるのかと心配したものの終わってみれば、全体に小ぶりとはいえ30cmUPのアイナメ6匹とクロダイの型物1匹の大漁。しかも、初期の目標の活けのアイナメを4匹お持ち帰りで、この時期の釣りとしては最高の結果に・・・

 もちろん、帰宅すると活けのアイナメをメインに、お造り・あぶり・ムニエル・てんぷら、そして、最近の我が家の定番・握り寿司と・・・アイナメのフルコースを堪能・・・さらにアイナメの一夜干しにも挑戦で、アイナメを食べつくしました。
 もちろん、山の神をはじめ我が家の同居人と一匹は、文句があろうはずもなく・・・大満足!!

 今も変わらずアイナメを育む鳥羽の海と・・・ふぐたろうさんに感謝!?











にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2
タグ: 鳥羽 アイナメ 活け

2016/2/7

串本 カワハギ 釣行記 NO3  投げ釣り

和歌山串本 カワハギ 釣行記NO3 1月26日 大潮

 今週は、35cmを超えるでっかいカワハギを釣りに行きませんか!?というお誘いに乗って、先週に引き続きリスキーさんと串本カワハギ釣行です。

 もちろん、この間、バコバコ釣りまくって勢いのあるリスキーさんと違って、ゆうたろうなどは、はなから35cmなどというでっかいカワハギは釣れるはずもなく、全く無縁とあきらめておりますが・・・そこまでいかなくても、ゆうたろうにも釣れるそれなりの大きさのカワハギでも、十分釣って楽しく食べてもおいしいお魚ですし、活けで持ち帰るとこれまた抜群においしいということで、カワハギ釣りは大好きで、毎回とても楽しみにしております。

 ただ、今回は、天候が問題で、釣行前日には、10年?いや15年?ぶりの大寒波が訪れて、大阪でもめったにない氷点下の気温と大雪が予想されています。
 大雪であれば、冬用タイヤをはいていても、大阪ではすぐに高速が通行止めになって機能しませんので、身動きできません。さらに気温が急速に下がると水温も低下し、一時的にカワハギの活性が低下することも予想されますので、天候次第で中止もやむなしと視野に入れてその日を迎えることになりましたが・・・
 前日になって、確かに予想通り急激に気温が低下・・・大阪では、あまり過去に経験したことがないような冷え込みで、午後3時に車の外気温計が0度を指していて、びっくり!!
 ただ、幸運にも大雪の予報は外れて、大阪では積雪を回避。湯浅御坊道路では、積雪で一部通行止めが発生しましたが、すぐに解除になって全線開通に・・・となると串本まで行けるには行けるのですが、当然厳しい寒さが・・・
 もちろん仕事なら一歩も外に出たくないというような厳しい寒さですが、そこは、「好きもん」の二人、寒いからと釣行中止に傾くはずもなく・・・水温低下の影響?食うか食わんかは、行ってみないとわからないということで意見が一致・・・行きましょか!?と当然の成り行きといいますか、予想通りの展開で釣行を決断。(笑)
 大きさは違えど二人の頭の中はやっぱりカワハギぐるぐるで、果たして、この極寒の中での釣行の結果は・・・

 途中、湯浅御坊道路では、路側帯にも除雪した雪が残っていて一時的にせよ通行止めだったことを伺わせましたが、通行には何の支障もなく順調に目的の串本に到着し、いつも通り仮眠をとって5時半起床。
 気温が低いことや最近の釣果情報を参考に、実績のある少し深いポイントに釣り座を決めて、荷物を降ろすと早速、準備開始です。
 タックルに仕掛けをセットし、順次マムシのエサを付けて、左右の思うポイントに投入するとカワハギが待っている〜と訳の分からんことをつぶやきながら、糸ふけをとり、仕掛けを落ち着かせ、すべての竿を投げ終えます。
 後はアタリを待つばかりですが・・・
 しばらくしても静かなまま・・・待っている〜?はずのカワハギが現れません。仕掛けを回収してエサを確認・点検するとほとんど投げた時の状態のままでエサが帰ってきます。魚おらんな〜と思いつつ、その後も辛抱強く投げ続けますが、たまにトラギスが付いてくるぐらいで、カワハギの反応は全くありません。
 寒いからかやっぱり食いが渋いな〜と思っていると、しばらくしてようやくリスキーさんが何か掛けたようでじっと見ていると手のひらクラスの小さなカワハギを抜き上げます。型には当然不満ですが、それでも、初めてカワハギの反応があったということで、俄然気合が入ります。
 しかし、その次に反応があったのもリスキーさんで、良型のカワハギを抜き上げますが、相変わらずゆうたろうには全く何の反応もありません。
 さすがリスキーさん!相変わらず好調を維持しているようでうらやましい限りですが、リスキーさんが釣れるということは、そのうちおこぼれがゆうたろうに回ってくるはずと密かに期待していると・・・そこからリスキーさんのアタリも止まって二人とも沈黙の時間が・・・がっくり!
 こんなはずではとそこからむきになって右・左・遠・近と色々探り始めると・・・やっと右方向で、若干ですが、エサがとられるポイントを見つけます。ということでかすかな期待を込めて、そこを重点的に攻め始めますが、エサをとられるだけで、カワハギが釣れるわけでもなく時間が過ぎていきます。
 う〜ん、やっぱり激渋・・・全然釣れる気配がありません。
 このままでは、串本でまさかのHAZUREを引きそうな気配ですので、リスキーさんと相談して、もうしばらくしてダメならポイント移動をすることを判断。移動準備のため、荷物の整理にかかりながら、この右方向のポイントで釣れると思ったのにと未練がましく糸ふけをとっていると・・・
 ん?微妙な手ごたえが・・・
 全く期待せず、変やなと思いつつ竿を煽ってみると今度はググッと明確な手ごたえが・・・なんやなんやと慌てて巻き取ってくると手前で横走り・・・ということは・・・

 やはり水面に現れたのは良型のカワハギ!まさにラッキーの一言。慎重に抜き上げ計測すると30cmジャストの肝パンカワハギ

クリックすると元のサイズで表示します

 もちろん、丁重にハリスを切るとアジバケツに入れてタイドプールにキープ。この偶然といいますか、幸運といいますか、貴重な一匹に突き動かされたゆうたろう・・・この右のポイントなら釣れると当然ながらポイント移動をキャンセル。
 予定通りポイント移動をするリスキーさんを見送って、さあ、カワハギバコバコ!!とスケベ心丸出しで同じポイントを集中的に攻め始めますが・・・果たして1時間たっても2時間たっても次のアタリが出ません。
 そんなはずでは、とあきらめきれず投げ返しているとようやくそれらしいアタリが出て釣り上げたのは、確かに肝パンは肝パンでも20cmほどのミニ肝パン・・・がっくり。さらにしつこくその後も攻め続けますが、結果は、期待に反してミニ肝パンを一匹追加したのみ。
 どこがカワハギバコバコやねん!?
 やっぱり、大きなカワハギさんは、寒いのでお休みだったようで、右方向での2匹目の大物の追加はなし。自分でも嫌になるほどゆうたろうの判断は、いい加減といいますか、全くあてになりません。
 それでも、最後まで粘り強く投げ続けたゆうたろうに、神様のお情けといいますか、納竿間際に読みの方向とは全く逆方向に投げていた竿に、いいアタリが出て、28cmの肝パンカワハギが登場。(笑)もちろんハリスを切って丁重にアジバケツにキープ。


クリックすると元のサイズで表示します

 結果は、型物カワハギ2枚に寸たらカワハギ2枚で合計4枚。大寒波をものともせず釣行した結果としては、上出来といいますか、冷静になればバコバコ釣れると思うほうがおかしいわけで・・・
 一方、ポイントを移動したリスキーさん
 やっぱり、好調といいますか、ここまで続くと実力といいますか、32cmを頭に型物カワハギ4枚を含めて10匹ほどのカワハギを確保。寒波を感じさせない釣果に脱帽です。

 この日は、たった2匹ですが大きなカワハギをアジバケツで生きたままお持ち帰り。帰宅すると当然ですが、活けのカワハギのお造りととろけるような肝を堪能・・・
 加えてこの日は、カワハギをさばいているところで、ふと、諸先輩方が、にぎり寿しを作られていたことを思い出し・・・見よう見まねで初めてのカワハギのにぎり寿しに挑戦!
 でっかい手で小さく握るのにかなり苦労しましたが(笑)・・・何とか一応、まがりなりにも握りといわれるカワハギの活けのお寿司を12個ほど作って提供すると・・・
 これが予想以上の大好評で・・・山の神以下、う、う、うま〜いの連発で、あっという間に消えてなくなりました。
 やってみてこそ、何かがわかるといいますか、活けのお魚のにぎり寿しのおいしかったこと・・・なんでもっと早く挑戦しなかったのかと正直、少し後悔したほどで、これからは、我が家の定番メニューになること間違いなし!
 ていうか、おそらく山の神が握りを作れと・・・うるさい!?・・・いえいえ、言うに決まっております。はい!






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2
タグ: カワハギ 串本 活け



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ