2016/1/15

串本 カワハギ 釣行記 NO2  投げ釣り

和歌山串本 カワハギ 釣行記NO2 1月7日 中潮

 前回釣行の後、年末31日が、仕事。明けて正月は、2日、3日と仕事で、5日からは通常の勤務・・・毎度毎度ながら、なかなか有意義な正月で、今年もゆっくりとさせていただきました。(笑
 ということで、3日は、勝手に仕事を早めに切り上げて、半夜の鉄板ムコナールで、初釣りをスタート。
 誰もいないだろうと予想して、いつものテトラポイントに訪れてみるとすでに先客が、椅子を持ち込んで竿を並べておられます。その横で竿を出すことも考えましたが、確率が低くなりますので、初釣りでは、やっぱりはずしたくないということで、鉄板ムコナール2ともいうべき、もう一つの車横付けポイントに移動。
 とはいえ、NO2のサブポイントということで、当初多少の不安はありましたが、実際釣り始めるとさすが鉄板ムコナールといいますか、今年もポイントは健在で、期待を裏切ることなく43cmを頭に一応4匹(43、42、36、35)のキチヌが激しいアタリを送ってくれました。とりあえず初釣りとしては、いいスタートを切ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


 続いて、通常勤務に戻った7日、今年初めての週一休日がスタート。
 体調的にどうしようかと思いましたが、活けのカワハギは?という同居人の後押しもあり、釣れる時に釣りに行くのが鉄則ということで、色々悩んだ挙句に、再度串本まで車を走らせます。
 目的は、前回上がって良い思いをした磯。今回もといいますか、いえいえ前回以上のカワハギ爆釣を信じて、ゆうたろうの頭の中は、でっかい肝パンのカワハギの大群が、ぐるぐる、ぐるぐる(笑
 ということで、自信満々で、目的の磯に渡礁したゆうたろう。先週にも経験がありますので、暗い内からしっかりと準備して、明るくなり始めると同時に第一投。
 さあ、爆釣の始まりやと竿先を見つめますが・・・10分、20分、30分とたっても音沙汰なし。エサの点検のため回収してみるとエサがきれいになくなって、残っている針には、トラギスやキタマクラが登場・・・変やなと思いつつもこういうこともある。お魚がついているだけまだ可能性があると気にせず第2投、第3投と投げ続けていきますが、結果は同じ。朝の好時合いにも拘わらずカワハギからのシグナルは全くありません。
 周りがすっかり明るくなって、ようやくやっとそれらしい初アタリ・・・コンコンコンのカワハギがつつくようなアタリが出ますが、食い込まそうと何度誘ってもグイッと入ることなく、コンコンのまま終了。更に続いて出たアタリは、ぐいっと竿先が入ったところで合わせたものの合わせが早かったのか、これまた針に乗らずスカ!
 前回リスキーさんが、バンバン釣ったポイントも含めて同じように攻めているつもりですが、先週と打って変わって何とも渋い状態が続きます。こんなはずではとも思いますが、お魚さんが相手だけに、どうにもなりません。
 ということで、朝一ゆうたろうの頭の中でぐるぐる回っていた大型カワハギの大群は、いつの間にか、胡散霧消。結局、朝間詰めの好時合いは、何事もないまま終了。
 ま、巡り合わせが悪いといいますか、言い方を変えれば、世間では腕の差という言い方もあるようですが・・・(笑
 いずれにしても釣れません。
 今日はどうにもならんなと半ばあきらめ気分で、その後も投げ続けていると、最後の望み10時半過ぎの潮変わりに、やっと初のカワハギらしいアタリが出て乗りました。・・・何とかカワハギであってくれと祈るような気持ちで巻いてくると・・・やがて浮いてきたのは・・・やはりカワハギで、抜き上げ計測すると何とか26cmをクリアやっと来たHAZURE回避のカワハギ一匹に、ほっとするやら感謝するやら(笑

クリックすると元のサイズで表示します

 これを境に、渋いながらもぽつりぽつりとアタリが出て続いて登場したのが27cmのカワハギ

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、ぐいぐいと今日一のあたりで30cmちょうどのカワハギが登場

クリックすると元のサイズで表示します

 それでも、この日は、ここから更に良くなることもなく好時合いは、短時間で終了。
 その後追加したのは、寸たらのカワハギ4枚と30cmほどの鬼カサゴのみ。

 ということで、型物カワハギの爆釣を夢見た今回の串本釣行は、結局、夢破れ、ゆうたろうの実力通りの結果に・・・とはいえ、型物カワハギを中心に活けでお持ち帰りというもう一つの目標は何とか達成しましたので、投げ釣りはやっぱりむつかしいとは思うものの何の不満もありません。はい!
 
 帰宅するともちろん、活けのカワハギのフルコース。存分に堪能した我が家の山の神を筆頭に、同居人と一匹は、うま〜いの連発で、大満足!!
 カワハギは、もともと、とてもおいしいお魚ですが、その中でも、とりわけ活けのカワハギの肝は、なんでこんなにおいしいのかと唸ってしまうほどの絶品で言葉になりません。まさに至福のひと時・・・最高です!!






にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
3
タグ: カワハギ 串本 活け



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ