2015/3/26

串本 カワハギ 釣行記 3月17日 中潮  投げ釣り

串本 カワハギ 釣行記 3月17日 中潮

 今週は、以前から狙っていた、デカキモパンのカワハギを求めて釣行です。
 ようやく水温が底を打ち、低いなりに上昇に転じ始めるといよいよ活発にキモパンのカワハギが動き出す時期を迎えます。ということで、この時期一度はアタックしようと決めて相談していたリスキーさんと今週は、カワハギねらいで、南へ。
 ただ2人とも今回の釣行場所は、全く未経験ですので、とりあえず見聞きした過去の情報を頼りに、諸先輩にそれとなく教えを請うたりしつつポイントを選定。しかし、あとで分かったことですが、情報に基づいて選択したと思っていたポイントが、全く違った場所で、全然的外れの別のポイントで釣っていたことが判明・・・そんなことは露とも知らない二人は当然といいますか、もちろんといいますか、この時点では、頭の中は、でっかい肝パンカワハギがバコバコでウハウハ・・・相変わらずの妄想をいっぱいにふくらまして目的のポイントに立つと何の根拠も判断材料もない中で、とりあえず適当に、ゆうたろうが右、リスキーさんが左で釣り座を決めると早速、準備を開始し、釣り始めます。
 
 春を思わせるぽかぽか陽気の中、まず最初に反応があったのは、私の竿。小さいアタリで上がってきたのは、寸たらながら22〜23cmのカワハギ。幸先良いスタートを切って気分は上々。しかし、気分が上々だったのはこの一瞬だけ。次に上がってきたのは、20cmほどのカワハギでサイズダウン。
 まあしゃあないな釣れないよりましかと思っていると隣で釣っているリスキーさんがやっと竿を曲げます。ゆうたろうがじっと見ているとうれしそうに、きました!と言って抜きあげたのは一目でそれと分かるカワハギで、いきなり一匹目から型ものゲットです。しかも、このカワハギを合図に、この日もリスキーさんの独り舞台・リスキー劇場が開演です。
 もちろんポツリポツリとゆうたろうにもカワハギが乗ってくるのですが、釣れるのは寸たらばかり。それに対して、リスキーさんが竿を曲げるとほぼ一目でそれと分かる型物・・・最初は拍手を送っていたゆうたろうですが、隣で釣っているにもかかわらず、この差はなんやねんと次第にすねた気分に・・・しかし、こればかりは、いかんともしがたく、投げ釣りの世界ではよくあること・・・後は粘りと努力、遠近磯際と想定できるあらゆるポイントに投げ入れては誘いをかけ、モクモクと釣り続けるしかありません。
 そんな釣れないゆうたろうにやっと少しだけ釣りの神様が微笑んだのは、ずいぶんと日も高くなった10時過ぎ・・・小さいアタリながらそこそこの手応えに期待が高まります。じっと見ていると錘の先に滑るようについてくるのは、それらしいカワハギ。慎重に抜きあげ祈るような気持ちで測ると、ぎりぎり26cmの肝パンカワハギ

クリックすると元のサイズで表示します

 この一匹を釣るのに、どれだけ苦労したことか・・・やっと来てくれた型物一匹にOOHAZUREを回避して正直ほっとし、胸をなでおろします。(笑
 その後も、順調に型物を追加するリスキーさんをしり目にゆうたろうは、四苦八苦。ポツリポツリと寸たらを追加するものの型物は中々現れません。ひょっとして今日も隅一最少得点なんてないよな〜といいながらも薄氷を踏む思いに、気分は次第にブルーに・・・
 ようやく、次に期待が高まったのは2時間後。アタリを見逃したのか、糸が更けた竿を念のため煽るとらしい手応えが返ってきました。じっと水面を見つめて巻き続けると上がってきたのは・・・良型のカワハギ!問題は長寸ですが、果たしてどうかなと計測するとこれも何とか26cmをぎりぎりクリアー

クリックすると元のサイズで表示します

 ぎりぎり26cmとはいえ、やっとスミ一脱出で、これまたほっと一息。こうなると後は、特大の一匹で、少しでも横で、バンバン釣っているリスキーさんに近づきたいと遠投はもちろん、更に際どい所や足元ポチャンまで投げ続けますが・・・世の中そんなに甘くはありません。結果は、更に26cmのカワハギを一匹追加したのみで、予定の終了時間を迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

 今回釣行、渋い出足で一時はどうなるかと心配されましたが、最終的には、26cmのカワハギ3枚に、寸たらのカワハギ6枚で、計9枚。もっと大きいのが釣れればと上を見たらきりがありませんが、ゆうたろうにとっては、これだけ釣れれば十分すぎるくらいの上々の釣果で、型物3枚に不足はありません。加えて、初めての釣り場を実際に見聞きできたこともとても大きな経験になり納得の釣行となりました。いろいろアドバイスをいただいた諸先輩に感謝!
 それにしても、このゆうたろうの結果がど貧果に見えてしまうリスキーさんの釣果がすごい!
先週に引き続き隣で竿を並べたリスキーさんは、今週も絶好調で、31cmを頭にC1、B1、A4の型物のみ6枚の大爆釣・・・う〜ん、同じ海、隣り合わせで釣っているのに・・・この差はいったい何!?・・・まさに脱帽です。


 さて、この後、帰宅後、云々といつものごとく続くのですが、今回はちょっといつもと違って・・・

 実は、今回釣行、初めての釣り場に挑戦するということの目的以外に、もう一つ、ゆうたろうにとってとても大切な目的がありました。それは、カワハギの活魚陸送に初挑戦するという目的で、(諸先輩にしたらなんやそんなことかい!ということですが、とにかくまだまだ経験の浅いゆうたろうですのでお許しを!)結果は、何とか無事、26cmを頭に3匹の生きたカワハギを家に持ちかえることに初めて成功しました。
 そして、山の神のお帰りを待って、生きたぴちぴち暴れるカワハギを締めて、提供すると・・・なにこれ!?シコシコもちもち・・・おいし〜!!!と絶賛の嵐!
 さらにさらに、パンパンの大きな「生肝」は、締めて持ちかえったカワハギの肝とは全くの別物。魚特有の内臓の匂いや癖もなく、口の中でクリーミーに溶けて甘みが口いっぱいに広がり、そして、ス〜ッと消えていきます。な、な、なんやこれ!というのが誠意いっぱいで、言葉にならないほどのおいしさに、驚きを隠せません。
 まさに絶品!
 過去に、結構カワハギ釣りに行きましたが、いままで、なんで生きて持って帰らなかったのかと後悔するほどのおいしさで、しばらく、カワハギの活魚陸送にはまりそうな予感が・・・
 


 







にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
1
タグ: カワハギ 串本 活魚

2015/3/21

鳥羽桃取 アイナ・・・ 福良 マコ・・・ 釣行記 3月10日  投げ釣り

鳥羽桃取 アイナ・・・ 福良 マコ・・・ 釣行記 3月10日・13日 中潮

 今週は、当初、毎年恒例の福良への単独釣行を計画していたゆうたろうですが、たまたまお休みが一致したこともあって、先週、キャンセルとなったリスキーさんと久方ぶりの釣行することに・・・釣行先は、福良との相性が何故かめっちゃ悪いというリスキーさんの希望を受けて、鳥羽へ変更。もちろん狙いはアイナメですが・・・
 ん?あれ!?しばらく鳥羽へはいかへんと言っていたのでは?・・・な、なんといいかげんなと自分でも思いますが・・・ま、もともといいかげんで、忘れるのが得意ですからと開き直って・・・(笑)
 ところが、この日は、そんないい加減なゆうたろうをあざ笑うかのように、今季最強クラスの寒気が流れ込んで急激に気温が低下。北海道東北部に台風並みの低気圧がいすわり、強い北西風が吹いて釣りの条件としては、最低最悪を極めます。それでも今日ぐらいからそろそろ回復に向かうはずと手前勝手に解釈し、予定通り大阪を出発し、伊勢自動車道を南進していると勢和多気インターを過ぎたあたりから周りに雪が・・・

 クリックすると元のサイズで表示します

 唖然としつつもここまで来たからには現地に足を運んでみないとあきらめがつかないと車を走らせると・・・鳥羽市内に入る頃から、雲が切れて晴れ間がのぞき始め、これなら何とか釣りになりそうなと思わせる天候にかわります。
 やっぱり行ってみないと分からないもんやなと思いつつ、あとは最も気になる風ですが、佐田浜の港についてみると意外にも思ったほどでもなく、神島までの定期船が強風のため欠航になっているもののその他の便は、問題なく運行されています。
 ということで、地方からの釣りは、普通にできる状態ですが、あとは、島に渡るかどうかの判断です。地方のポイントで勝負するか、島に渡るかかなり悩んだ末に選んだのは、行けるときには行くということでまたまた前のめりの姿勢で結局島に渡ることを選択します。
 と、ところが、市営定期船で島に渡り目的のポイントに着くとそこは別世界!?なんでここだけと思うほどに・・・思いっきり!!風が吹いています。
 どれぐらいの風か、いくつかの表し方がありますが・・・
 三脚を低くして、一番大きいバケツ満タンでつるした状態で準備を始めますが竿を載せていないのに強風であっという間に三脚が引き倒されます。やむなく波止の継ぎ目にビトンを打って三脚を固定。
 ようやく準備できた竿を第一投すると・・・勢いよく出ていく道糸ですが、普通の強風では着底すると糸の出方が変化するのですが、何の変化も現れることなく糸が出続けますので「感」で着底を予測し糸ふけを取らざるを得ない状態で、闇夜でわかりませんが、錘もほとんど飛んでいないような・・・
 そして、極めつけは、満潮に向けて潮位が上がってくると波止の付け根であたった波の水しぶきが、高く舞い上がりバケツで水を撒くように波止をびしょびしょに濡らします。

 だ、誰や島に渡ると判断をしたのは!!!

 今季一番の寒波が襲来したというだけで、出来ればヘタレの本領発揮をさせてほしいところですが、それに加えて、立っているのもやっとというような風の中、ボ〜ッとしていると頭からまともに波しぶきをかぶりびしょ濡れになりかねない状態で、まともに釣りができるはずがありません。それでもここの良いところは、もはや逃げられないこと・・・いまさら引き返せません。島へ渡ろうと決断したゆうたろうは、自業自得ですが、巻き込まれてついてきたリスキーさんは最悪。今からひと晩、寒さと強風の中・・・ほんと申し訳ないといいますか・・・
 ところが、心配になってリスキーさんの釣り座に赴くとゆうたろうの心配をよそに風がきついですね〜と言いつつも、平然と釣りを続けております。いい加減でヘタレのゆうたろうとは根性が違うといいますか、投げ釣りに対する気構えが違うといいますか、立派の一言!?そして、その姿勢の違いは、釣り始めてすぐに、アイナメ35cmを釣り上げるという結果に・・・ゆうたろうにとってはこの強風の中、ほんとに釣ったのという驚愕の世界で、まさに脱帽。
 お互い気を付けて安全にと声をかけて、釣り座へ戻るとこりゃアカン!リスキーさんの姿勢に充てられたといいますか、あかんで元々真面目に頑張ろうかと投げ始めます。

 しかし、おのずと結果は、この姿勢の違いで見えていたようなもの・・・

 リスキーさんの気合に引きずられるように投げ続けた結果は、夜中に何とかアイナメの35cmを確保し、HAZUREを回避したものの、後は納竿間際にマコガレイの28cm、27cmを追加したのみで相変わらずの最少得点試合のままゆうたろうの鳥羽釣行は終了。

クリックすると元のサイズで表示します

 それに対してリスキーさんは、夜の内こそ強風に悩まされ35cmのアイナメ一匹でしたが、嘘のように風が止んで静かになった明け方からは、一転して独り舞台。釣れないゆうたろうを尻目にアタリ連発で、50cmUPのスズキを皮切りに33cmと46cmのマチヌを立て続けに釣り上げて、更には、寸たらながらマコガレイ2枚を追加。

 ということで、リスキーさんには脱帽ということになるのですが、過去に経験したことのないような爆風に見舞われた今回釣行を決断したゆうたろうにとっては、リスキーさんが、スズキ・チヌの型物を連発してくれたことが、せめてもの救いとなりました。
 ゆうたろうが釣れないのは、自業自得といいますか、致し方ないことで割り切れますが、リスキーさんまで巻き込んで釣れないとなると余計にへこんで、ペシャンコでしたが・・・ほんとよかったよかったといいますか、リスキーさんには、よくぞ釣ってくれたと感謝の気持ちでいっぱいでした。(笑)

 帰宅後は、ささやかな釣果ながら今季初のマコガレイ28cmをお造りに・・・更に、アイナメも定番のお造りと天ぷらにして、我が家の3人と一匹おいしくいただきました。

 ここで、話は終わるはずだったのですが、
 鳥羽桃取でありえないほどの爆風と寒さにひと晩がんばって耐えたゆうたろうですが、悲惨な結果に、よせばいいものを、ならば福良でリベンジとの思いをかき消すことができず・・・先週の半休の代休というへ理屈で二日後、強引に休みを確保し、久しぶりの福良に車を走らせました。ここ福良は、マスター師匠の釣行記を参考にこの時期に人生初の40UPのマコガレイを釣った思い出のポイント。もちろんマコガレイバコバコという妄想に引きずられての釣行でしたが、結果は・・・

 な、なんと一投目にグン・グン・フワ〜というこれぞカレイという絵にかいたようなアタリを取って32cmのマコガレイを確保。

クリックすると元のサイズで表示します

 出だしから早速、型物マコを確保してホンマに今日は、爆釣や!と天に舞い上がったゆうたろうですが・・・高く舞い上がったのはその時だけ・・・そこからピタッとアタリが止まって・・・やっと出た2回目のアタリは、30cmほどのデカヒガンフグ・・・ということでお昼の納竿までな〜んもカレイからのシグナルはなく、超低空飛行。そして結果は、予想どおりといいますかゆうたろうの毎度毎度のワンパタ〜ン、スミ一・最少得点で試合終了。
 最後あきらめて回収した竿に29cmほどのマコガレイが付いていましたが、まさに御慰めのオマケ・・・帰りに、仮屋の春ワカメを採取して帰宅するとスミ一のマコガレイのお造りと柔らかく歯ごたえ豊かな春ワカメで、充分にこの時期の「旬」といいますか「春」を満喫!

 ま、これはこれで、納得ですが・・・めったにない2日も休みを確保し意気込んで釣行した結果が、空回りといいますか、消化不良といいますか、ふと気が付くと元の最少得点試合の連続に逆戻り。どちらかといえば、リベンジよりも返り討ち状態に近いような気分で・・・釣れないよりはましとはいえ、何となく疲れる釣行かなと・・・はあ〜












にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2

2015/3/15

ムコナール キチヌ 釣行記 3月2日 中潮   投げ釣り

ムコナール キチヌ 釣行記 3月2日 中潮

 今週は、当初、久しぶりにリスキーさんとの釣行計画を立てておりましたが、直前に仕事の絡みで休日が午前半休に変更となり、やむなくリスキーさんとの釣行計画を断念。ならば今週は、釣行なしという事で、たまには体をゆっくりと休めてなどという考えもあることはあったのですが、そこは、あきらめの悪いゆうたろう・・・やっぱりあれしかないかということで、体も楽で、釣りものの少ないこの時期の優れもの!いわゆる「ムコナール」へ釣行することに。
 しかも、いつもなら、午後6時前後から釣り始めて、遅くても午後9時には納竿撤収という短時間釣行が基本パターンのゆうたろうですが、この日は、ゆっくり朝寝坊ができると今季初めての本格的な半夜釣行に挑戦することに。
 これだけ粘れば、5匹や6匹のキチヌは間違いなしといつものごとく一人妄想にふけるゆうたろう・・・少し前に短時間釣行でHAZUREを引いた記憶などきれいさっぱり忘れて、忘却の彼方。果たして懲りないゆうたろうの釣果は・・・

 まずは、2月中に、2度ほど短時間釣行した結果から・・・


□ 2月11日小潮
 この日は、39cm、46cm、37cm、37cm、41cmの合計5匹の釣果でしたが、全体に結構型が良くて、久々にCランクのキチヌの手ごたえを堪能しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



□ 2月17日大潮
 この日は、キチヌの機嫌が悪かったのか、激シブで、アタリも散発。しかも、その数少ない2回のアタリで、2回とも針ハズレや抜きあげ落下という結果に終わり、たった一匹のキチヌを確保するのに四苦八苦。久々のHAZUREかといよいよ追い込まれた納竿間際の8時過ぎに、やっとアタリが出て40cmと39cmのキチヌを続けて抜きあげ、ほっと一安心(笑

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


 そして、いよいよ本格半夜に挑戦した3月2日は・・・

 仕事を終えてポイントに着いたのが、午後6時半過ぎ。早速準備を初めて釣り始めますが、何故かこの日も、キチヌの反応は激シブ。たった一度だけ、釣り始めてすぐにパンパンパンと竿先を叩くアタリがあったものの、そのあとは全く音沙汰なし。
 いつもならそろそろ帰宅準備を始める午後8時を迎えても、何の変化もなく、釣果はゼロ!いつもどおりなら、今日は、OOHAZURE!!やなと一人苦笑い。
 こうなると5〜6匹などと言っていたゆうたろうのあの自信は、どこへやら、とにかく一匹でいいから来て頂戴と情けない神頼みを始め・・・更には、缶コーヒーを買いに行って飲んでいるとよく当たるなどとゲンを担いでコーヒーブレイク・・・
 すると気持ちが通じたのか、缶コーヒーをぐびっと飲んだ瞬間、ようやくこの日2回目のアタリが・・・期待を込めて合わせると乗ったものの巻いてくると軽〜い手応えで、ちょっと拍子抜け・・・ひょっとしてチビセイゴ?などと内心がっくりしつつ抜きあげて見ると・・・予想に反して現れたのは、小さいながらもキチヌ!?う〜ん・・・30あるかなと計測してみると31cmでなんとか基準をクリア〜で、ほっと一安心。
 ぎりぎりでもHAZUREを回避したことで、ちょっと元気が出てきたゆうたろう、頑張って竿を振り続けていると・・・先ほどまでとは打って変わってそこからは、ぽつり、ぽつりとアタリが出だして・・・やっぱりゲン担ぎ(笑)!
 
31cmに続いて登場したのが、これまた同じ31cmの小さいキチヌ、続いてレギュラーサイズの37cm
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その後もポツリポツリとアタリが続いて43cm、37cm、34cmのキチヌを確保。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

更に、32cm、35cm、35cmと追加したところで納竿予定の午後11時半過ぎを迎えて終了。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 今回釣行、激シブでスタートし、一時はどうなることかと思ったものの終わってみれば、型が小ぶりとはいえ合計9匹の型物キチヌのお相手いただき、結果は、今季一番の大爆釣!
 う〜ん!キチヌとはいえ、思う通りにはなりません!
 やっぱり、投げ釣りは難しい・・・



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2

2015/3/9

鳥羽 アイナメ 釣行記 PART3  投げ釣り

鳥羽 アイナメ 釣行記  PART 2月17日 大潮

 2週連続でアイナメの好釣、かつ先週は、3時間ほどで4匹の型物アイナメを釣りあげ、一晩釣ったらどうなるのだろうというような経験をしたゆうたろう・・・基本的に単純といいますか、ワンパタ〜ンと言いますか、何〜んも考えないゆうたろうの性格から導き出された答えは、一つ・・・・ならば、一晩釣ってみるか〜!
 ということで、次の釣行も、当然ながら鳥羽を目指してアイナメ狙い・・・アイナメがポンポンで、更には、そろそろでっかい一匹も混ざったりなどと妄想に磨きがかかって・・・しかし、そんなに世の中甘くないというのがこういう時の定番で・・・痛い思いを経験しないと納得できない肉体派のゆうたろう。結果を顧みず三度(みたび)鳥羽を目指します。

 いつものごとく、南港でエサを仕入れて現地鳥羽の地方のポイントに着いたのが、夜の7時過ぎ。早速準備をして順次思うポイントに大きなエサを付けて、仕掛けを投入していきますが、この日は大潮ということもあって、30号の重りが大きく波打ってみるみる流され、思うところに止まりません。
 ようやく止まると結構な確率で根掛かり・・・そして、仕掛けが飛ばされます。たとえ回収しても、針先が鈍っていたりで、結局、毎回のように針や仕掛けの交換を余儀なくされ、スタートから大忙し・・・それでも、大きなアイナメが、ポンポンとたくさん釣れれば、そんな苦労もへのカッパ!ゆうたろうとしては、いつになく小まめに対応し、真剣に釣り続けます。
 ところが、釣り始めて1時間、2時間・・・いくら真剣に釣り続けても、穂先ライトは、静かに大きく上下するだけで、いつまでたってもポンポンポン?どころかポンもない状態で、あっという間に3時間が経過
 そんなことないやろ、先週は、釣り始めて3時間でポンポンポンと4匹のアイナメの型物が釣れたのに、な、なんでやねん!・・・ついにいつものボヤキが出てきますが、いくらぼやいてみても結果が変わるわけもなく・・・真っ暗な波止に一人たたずんでいると真冬の寒さが身に沁みて、4-0の完封負けが脳裏をよぎります。
 ようやく竿先が変化したのは、潮が緩み始めた11時過ぎ。クンクンと竿先が小さく入ってあわせると手ごたえが・・・よし!やっと来た!と喜び勇んで巻いてくると登場したのは良型のアナゴ・・・がっくり!なんでやねん!!とまたまたぼやくのが精いっぱい。
 それでも、釣り始めて4時間、生物反応があったという事で待っているとやっとそれらしいアタリで、竿先が叩かれます。今度こそと巻いてくるとはたして、登場したのは・・・期待のアイナメ!慎重に抜きあげ計測すると34cm

クリックすると元のサイズで表示します

 やっと登場した1ポンに、ほっとするとともに、さあ、これからと潮止まりの時合に期待しましたが、意に反して、その後再び竿先が震える事もなく、潮止まりが終了。ゆっくり流れ始めたところで、ぽっきりと心が折れて、転身を決意。3時間で、4匹やから一晩つったらは、結果一匹。浅はかなゆうたろうの考えることは、ま、こんなもんという事で、撤収を始めると一本の竿にアタリもなく手ごたえが・・・ん?なに?とみているとなんと・・・アイナメ。居食いのアイナメなんてびっくりですが、一応型物の32cmで、まさにラッキー!

クリックすると元のサイズで表示します

 ここで動揺したゆうたろう、悩んだ挙句、やっぱりここで粘ることに・・・結果は夜明け前の潮止まりに、ガンガンガンのあたりでアイナメ34cmを追加。

クリックすると元のサイズで表示します

 先週のアイナメ釣果に、一晩釣ったら何匹釣れるんや!?などと自らの妄想に引きずられ釣行したゆうたろうですが、前回とは打って変わっての激渋に、当初のアイナメポンポンの自信はどこへやら、一時はもうアカン!と転進を決め込んだものの、片づけ始めた竿にたまたま付いていた居食いのアイナメに助けられ、終わってみれば小振りながらも型物アイナメ3匹の釣果に・・・。
 3時間で4匹・・・一晩で3匹?・・・なぜか計算が合いませんが、そこはいい加減なゆうたろうの妄想のなせるわざ、これはこれでゆうたろう的には合っていると言いますか・・・何の文句もない釣果で、万々歳。十分納得の納竿終了となりました。あはは、は、は、・・・なんのこっちゃ!?

 帰宅後は、もちろん、アイナメ尽くし!

 
 実は、今回釣行には、没にしようかと思った続編がありまして・・・

 う〜ん!?一晩で3匹・・・なんでやねん!と思いあがったゆうたろうが、この釣行の後に出した結論は、潮が悪かったからや!!?小さな潮で釣れば今度こそポンポンポンとアイナメの山が・・・
 ここまで来ると妄想を通り過ぎて、もう暴走としか言いようがない状態で、手が付けられません。ということで、止める手だてもなくアクセル全開で、翌週、またまたしつこく鳥羽へ。
 そして、潮の動きが緩やかで、はるかに釣りやすい小潮を選択して、自信満々で一晩奮闘した結果は・・・投げれど投げれど、帰ってくるのは、相変わらずの根掛かりと型のいいアナゴのみで・・・一晩、10時間の奮闘むなしく釣果は、ゼロ!
 OOHAZURE確定で、ぼろ雑巾のようになったゆうたろう、疲れる体にムチ打って撤収納竿のために竿を片付けていると・・・手ごたえが?・・・そしてアタリのないまま現れたのは、まさにこれぞお情けのアイナメ36cm
 
クリックすると元のサイズで表示します

 幸運が残っていたと言いますか、あげたらついていたアイナメに、最後の最後にかすかな救いをいただいたゆうたろうですが、ほぼOOHAZURE状態に変わりもなく、疲れる体を引きずって帰宅の途に。
 たまたま、まぐれで釣れた釣果に舞い上がり、性懲りもなく、自分の妄想を爆発させて、しつこく鳥羽へ足を運んだ結果は、行けば行くほど釣れなくなって・・・疲れました。

 え〜い!何がポンポンポンや!!しばらく鳥羽にはいったらへんわい!!

 なんのこっちゃ!!





にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2
タグ: アイナメ ポン 鳥羽



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ