2011/9/30

引本矢口浦 マダイ HAZURE 釣行記  投げ釣り

引本矢口浦 マダイ HAZURE 釣行記 9月26日 大潮

 世間は、先週まで2週連続の3連休でしたが、その間、ゆうたろうのお休みは、一日だけ。しかも、ちょうど台風が通過した日で、手も足も出ずに結局、釣行を回避。前後の日程で淀川釣行も試みましたが、これまたタイミングが合わずにやむなく断念。それにしても、今年は、台風が多いというか、雨がよく降るというか、温暖化の影響でしょうか?次々に記録を塗り変えるような大雨が、各地に多くの被害をもたらしています。今日の時点でも、ゆうたろうがホームグランドとしてお世話になっている有田川中流域の水質は、泥水状態のままで、引き続き河口域に濁りを供給し続けています。ということでおそらく今季の有田川のキスは終了、打ち止めということに。マスター師匠からアドバイスを頂く予定にしていた淡路島も先日の台風で、記録的な豪雨を観測し、河川が氾濫。とても釣行は難しそうです。
 釣行日というか休日前日になっても、どこへ行こうか決まらぬまま、いろいろ迷ってネットを探っていると引本白石湖の養殖筏で、この連休後半、チヌとマダイが上がっている釣果情報がでてきました。しかも、24日には、60cmのマダイも上がっているとのこと。びっくりです。台風の影響で今季はおそらくだめだろうと思っていた引本矢口浦ですが、釣り方が違うとはいえ白石湖でこの釣果なら矢口浦でも釣れるのではとの思いがむくむくと湧き上がってきました。そして、昨年この時期、ふぐたろう会長の情報をもとに、自己記録のマダイを連発した記憶が鮮明に蘇ってきて、後先考えずに釣行を決断。そして、いざ行くとなると竿先に一晩一度も生物反応がでない日もあるなどという都合の悪い話や経験は、当然、忘却の彼方。昨年の再現は難しいものの、白石湖の釣果情報が正しければ、半夜でも粘れば何とか型物の一枚、一号UPは可能ではと勝手に妄想し、気が付くと、タイムシ一本に絞ってエサの予約を入れていました。
 当日は、少し早めに仕事を切り上げて、予約していたタイ虫を南港で購入。一路、引本矢口浦を目指します。本当は、日没前に現地入りをしたかったのですが、仕事の日程があり、そこまで早上がりができませんでしたので、途中で日没を迎えます。行く道すがら、去年の実績を尊重して、浮き桟橋に決めていましたので、迷うことなく、すっかり暗くなった夜道を走らせ、浮き桟橋到着が、午後8時。辺りは街灯もない真っ暗闇ですので、早速ヘッドランプを付けて行動開始。5時満潮で、ゆっくりと下げ始めています。急いでタックルを車から降ろして浮き桟橋へ。
 1年ぶりの浮桟橋は、台風の影響もなく、何事もなかったようにそのままで、迎えてくれましたが・・・水面を見てびっくり・・・あの青く透き通った水は、白く濁っています。もちろん泥水ということではありませんが、泥が沈殿した上澄み液のように、言い換えれば、白い透けたレースのカーテン越しに物を見るように薄い濁りが入っています。そして、そう多くはありませんが、周辺に木の破片などのゴミが漂っています。しかも、後で気が付いたのですが、去年は周りで確認できたウニが全くおりません。タックルと荷物を持ったまま、茫然と浮き桟橋に立ち尽くし、一気にヤル気はトーンダウン。この状態でマダイが釣れるのか?おそらく・・・結果ははっきりしています。しかし、それでも、実績場へのこだわりか、自分でもわかりませんが、何故か転進する気にもなれず、これもめぐり合わせとその場で腹を括ってしまいました。
 早速荷物を降ろして、準備を開始。そして、ビッグサーフ15号の根付の仕掛けにたっぷりとタイムシを付けて第一投。続けてすべての竿を順次、扇方に投げ分けてアタリを待ちます。ここ引本は、まるで湖で投げているように、とても静かで、ゆっくりと潮が満ち、そして引いていきます。仕掛けが潮で流されるということはなく、また打ち寄せる波もほとんどありませんから投げ終えると静かな真っ暗闇に、穂先ライトだけが点転々と浮かんでいます。加えて、この日は風もありませんので、穂先ライトは微動だにしません。そして、いつにもまして、退屈な時間だけが1時間2時間と経過していきます。それでも、元々一晩に多くて数回有るか無いかのアタリですし、その極端に少ないチャンスに期待しての覚悟の釣行ですから、辛抱強く穂先ライトを見つめ続けます。時折、エサの点検を兼ねて仕掛けを回収をしますが、ほとんどエサはそのまま。ほとんど何の音もない静寂に包まれた真っ暗闇に一人じっとしていると何とも言えないものがありますが、それでも突然、竿先が震え、ドラグ音が響く時のたとえようのない興奮、そして上がってきたコバルトブルーの斑点をまとったあのピンクの美しい魚体には、たとえようもない喜びがあり、ただそれだけを期待し、とにかくアタリを待ちます。
 何事もないまま2時間ほど経過して、ようやく穂先ライトに初めての変化が現れました。右遠投の竿の穂先ライトが、チョンと動きました。やっとアタリです。ここ引本矢口浦で、タイムシのみでアタックするとアタリは極端に少ないもののあたればほぼ間違いなくマダイというのが過去の経験です。さあいけっ!と気持ちを込めて見つめますが、期待に反して何の変かも現れません。仕方なく仕掛けを回収するとエサがグチャットなって、その先に赤いものが付いています?いったい何がと思いよく見ると手のひらサイズのチャリコ。ビッグサーフの15号の針をしっかり加えています。小鯛の笹寿司でしたら可能ですが・・・丁重にお引き取りを頂きました。その後同じようなアタリで、チャリコをもう一匹追加。ここ矢口浦で、泉州サイズのチャリコを釣るとは!?当たれば型物マダイ、そうでなければ丸BOUZUというのがここ矢口浦での過去の経験です。それでも、小さくてもマダイはマダイです。釣れたということが大切です。ひょっとしてと期待して、待っているとしばらくして、穂先ライトがさっと大きく揺れ、今日一の大きなアタリが出ます。期待を込めてあわせますが、期待したような手応えは帰ってきません。やっぱりあかんなと巻き取ってくると何か細長いものがが仕掛けの先についてきました。よく見ると驚いたことに24cmほどのキスが登場。ビッグサーフ15号を丸呑みにしたこの強者に敬意を表して写真撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

 この後も、単発ですが、11時の潮変わり前後を中心に、ぽつぽつとアタリがでますが、ほとんど針に乗りません。ここ引本で、タイムシエサのみで、これだけアタリがでるのも初めてですが、おそらくその正体は、チャリコとキスと思われます。結局、1時過ぎ、マダイとの遭遇をはたせぬまま、チャリコを一匹追加したのみで、エサ切れ納竿。


 当初の予想どおり、ゆうたろうにとっては、今季の引本矢口浦初釣行はOOHAZURE!厳しい結果となりました。筏では釣れても、投げでのマダイは、今季やっぱり厳しいかなというのが、ゆうたろうの率直な感想です。ということで大きなマダイとの遭遇は、来期のお楽しみということにして・・・
 それにしても、やっぱり引本は遠い・・・はずすと余計に身に応え、疲れました。はあ〜


北斗サーフ公式サイト
2
タグ: 引本 マダイ 天然

2011/9/16

淡路富島 キス HAZURE 釣行記 大潮  投げ釣り

淡路富島 キスHAZURE 釣行記 9月13日 大潮

 今週は、先日の台風から10日ほど経過していますので、そろそろ有田川をのぞいてみようかと釣行を予定しておりました。ところが、どうもまだ台風12号の影響が色濃く残っているようで、ふぐたろうさん(会長)が日曜にクラブの9月月例会(故小林元会長追悼大会)で訪れた際にもひどい状態だったようで、当分の間、紀州の川尻釣行は、かなり難しそうです。やむを得ず、日本海方面に走ることも考えましたが、ちょっとそこまでの体力的な自信もなく、結局、近いところで妥協し、HAZURE覚悟の淡路富島シーズン最終釣行に決定。実は、昨年のこの時期、台風一過のここ富島で2度OOHAZUREを食らっていますので、おそらく9月にのこのポイントはかなり難しいと思われます。ただ、今年の淡路は、例年に比べてかなり変でしたので、ひょっとして釣れたりすることもあるのではなどと微かな可能性を自分の都合のいいように勝手に解釈。結果は、おそらくフグのエサやりになると思われますが、立ち寄った南港で仕入れたチロリは、いつにもまして抜群の生きの良さで、いつものごとく期待と妄想だけは、超大物、そして、型物キスの大爆釣・・・なのですが・・・

 仕事の都合で、少し遅くなり、南港経由で目指す目的地、淡路島富島、野島の波止に着いたのは、午後8時前。すっかり日が暮れて、一日遅れの中秋の名月のお月さんが早くも東の空に上がって来ています。今日は、5時半が干底、11時満潮の大潮。すでに、潮が上げ始めていますので、急いで準備を開始して8時30分第一投。続けてすべての竿を順次、遠近扇方に投げ入れていきます。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 ここは、海藻とフグと暑さとの三重苦との戦いですが、台風一過の後だけにどう変化したのか・・・確認の意味もあり、投げ終えてすぐ最初の竿から順番に上げていきます。盛期ほどではありませんが、暑さは相変わらずで、日が落ちているにもかかわらず汗がじわっと出てきます。そして、回収した針も、先ほど投入したばかりなのに、これまたいつものようにすべてきれいに、エサがなくなっています。ということでフグも相変わらず健在です。
 ところが、最もいやな海藻は、予想に反して、時々お愛想程度に付いてくるだけで、一向に姿を現しません。つい2週間ほど前までは、毎回毎回ミルフィーユのように何層にも重なって一抱えもあるような大きさになって絡みつき、リールを巻く手に豆を作るぐらい重く苦しめられてきたあの海藻・・・それが見当たりません。海藻がまとわりつきだすとフィットネスのトレーニングマシーンを相手にしているような重たい気分で、竿を上げるのが億劫になってきます。結果、キスをイカに横取りされることも・・・もともと下げよりも上げの方がましなので、下げたらきっとまた苦しめられるはずですが、いずれにして三重苦の一番疲れる海藻から解放されて、気分的にはとてもラッキー。
 そこからは、軽快にマシンガンキャスト、ガンガン投げては回収、投げては回収の繰り返しで、止まることなく5本の竿を駆使して遠近右左に投げ続けます。満潮から下げ初めまでの深夜1時までが勝負ですので、これだけ軽快に投げ続ければ、キスとの遭遇の確率もかなりUPするはずと期待が高まり、妄想たくましく、もくもくと投げ続けます。そして、体力に余裕がある分、明るく照らしてくれる大きなお月さんを眺めるゆとりも生まれて1日遅れのお月見さんも楽しませていただきました。そして、途中、お馴染みの良型ヒガンフグも予定通り登場。更に更に微妙なアタリで、20cm弱の小さいキスがダブルできたり、グングンと竿先を揺らして30cm弱のチャリコが釣れたりということで何事もそれなりに順調に推移しますが、ただ、狙いの大ギスだけが登場しません。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 それでも、深夜潮変わりの前後はよくアタリが出ると信じて粘り強く投げ、大ギスの来訪を待ちますが、順調にエサが消化されるだけで気が付くといつの間にか潮は下げに変わっています。ゆっくりと江崎方面に流れる潮に、道糸は右に向きを変えましたが、仕掛けは落ち着いており、下げに予想し覚悟していた海藻の襲来が、不思議なことに全くありません。前回釣行で、あれほど大量に流れ絡みついてきた海藻は、いったいどこに行ったのか?不思議ですが、何故か消えてしまいました。
 おかげさまで、順調に仕掛けを回収できますし、その分手返しが早くなりフグとの戦いに集中できます。これまたラッキーと更に1時間、元気にかつ辛抱強く、しかもエサを贅沢に使って投げ続けますが、予想された海藻の攻撃もなかった代わりに、結局、大ギスの来訪もありませんでした。
 午前2時エサ切れ納竿。結局、予想通りというか、予定通りというか、きっちりOOHAZURE。海藻とのやり取りがなかった分、体力的にはとても楽でしたが、気分的にはどっ〜と疲れました。

 翌日の夕食は、山のような大根おろしを添えて、一尾百円の三陸産の新サンマの塩焼きを今年初めておいしく頂きました。夜仕事を終えて帰ってきた山の神は、出されたサンマをとてもおいしそうに食べておりましたが、その顔は何でサンマやねんと言いたそうでした・・・はい!
 さて、さて、次はどこでリベンジ・・・




北斗サーフ公式サイト
2
タグ: 淡路 キス 野島

2011/9/10

新淀川 キビレ 釣行記  投げ釣り

新淀川 キビレ 釣行記 9月8日 若潮

 今週は、特別忙しい週でもありませんでしたが、満遍なく、はずせない日程が散りばめられ、結局お休みがとれない週になりました。仕方がありませんので、昼からぽっかり日程の空いた木曜日、午後半休を取って8月末絶不調だった新淀川の状況確認に・・・。
 昼過ぎに予定通り仕事を終えて、そのまま南港経由でチロリを確保。先日来の雨の影響で、濁りが入って釣り人も少なく、余り釣れていないのでは?と思いつつ現地に着くと、意外にも竿の放列で、ウナギ狙いの人で入る余地がないような状況です。空いていると言えば一番奥の奧、ヨットの係留場所の付近のみ。
 とりあえず情報収集ということで顔見知りの常連さんを見つけて状況を聞くと先日の台風以降上手を中心に公園の遊歩道一帯でウナギが釣れているとのこと、キビレも連日よく上がっており、型も40UPが結構釣れている。昨日もミミズのエサに40数cmを頭に5〜6匹かかっていると教えていただきました。
 渋いのではとの予想で来たにもかかわらず、意外な話に少し拍子抜けです。予想どおり水は、泥の流入のためコーヒー牛乳のように濁っていますが、釣況は好調そのもの・・・分からないものです。どちらにしてもいつもの新淀川が戻ってきていると言うことは、悦ばしい限りで、後は実釣で確認するのみです。ということで早速準備を始めます。
 公園の遊歩道は、かなり人が多いので回避して、少し上流の階段下のテトラに釣り座を決めて準備を始めます。当日は若潮で、大きい潮ではありませんが、午前11時から午後6時までの上げということで、潮的には狙い目です。天気も最高、気温はまだ夏を残していますが、ぬけるような青空に、乾いた川風が気持ちよく吹きぬけていきます。夕日の沈む前、午後6時納竿と決めて準備のできた竿から1本2本と順次投入していきます。
 3本目の準備に掛かっているとこの時期のいつもの新淀川と同様に、早速アタリが出ました。グッグッググーと竿先が大きく入り、ゆっくり戻りました。そして、すぐまた力強くグッグッグーーと竿先が押さえ込まれて竿尻が浮きました。元気一杯の力強いアタリです。準備を止めてアタリのあった竿を手に取り、巻き取りを始めるとグッグッグーンと力強い手応えが竿を持つ手に伝わってきます。早速良型のお出ましです。久々のキビレの元気を堪能しつつ引き寄せたのは、43cm。常連さんの言うとおりいきなり良型、40UPの登場です。

クリックすると元のサイズで表示します

 幸先の良いスタートを切って、今日はひょっとしたらと45UPのキビレに期待が高まります。次に竿先を激しくたたいたのは、これまた元気いっぱいのキビレ42cm

クリックすると元のサイズで表示します

 そして次に来たのもぎりぎりですが、40cmのキビレ

クリックすると元のサイズで表示します

 スタートから40UPの3連発に、これはひょっとしてしてほんとに45UPが期待できるのではとテンションは最高潮。
 しかし、思い通りにならないのが投げ釣り。次に来たのは、キビレ32cm。逆に小さくなりがっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

 そして、その次に登場したのは、更に小さくなって、寸たらのキビレ。その次も期待していない小さなアタリで、寸たらです。40UPの連続から一転して、寸たらの連続でがっくり。45UPどころの話ではありません。少し気落ちし、西に傾いた日差しの中でぼーっと川風に吹かれていると暫くしてようやく、それらしい激しいアタリが出ますが、残念ながら上がってきたのは元気な割に小さなキビレ39cm。期待に反してやはり型は伸びません。

クリックすると元のサイズで表示します


 そう簡単に45UPが狙い通り釣れるはずもなく、好調を確認し、これだけ釣らせてもらえれば十分満足、そして納得です。日が徐々に傾き始めていますので、残り1時間と決めて、荷物の整理を始めていると左遠投の竿先が例のごとくグンッグンッグーーと大きくひきずりこまれました。間違いなく40cmクラスの力強いアタリです。久しぶりの力強いアタリに期待しつつ竿を手に取りやり取りを始めると、予想どおり大型のキビレの重く力強い手ごたえが伝わってきました。グイグイ、ゴンゴンと最後まで激しく抵抗し、中々姿を現しませんでしたが、ようやくテトラの際まで来て登場したのは、今までになく体高の高い大きなキビレ!見た目にも今日一!
 ひょっとしてと期待しつつ計測するとやはり実寸で45cm丁度のキビレ。ぎりぎりですが、何とか狙いの45cm達成です。とてもラッキー!クロダイのCランク3匹目、1号UPです。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後は、ひょっとして50UPが来ないかななどと冗談ともつかない気持ちで残りエサを豪華に付けて次を期待しましたが、

 続けて、来たのがキビレ40cm

クリックすると元のサイズで表示します

 
クリックすると元のサイズで表示します

 そして、最後の一投に連続したアタリでキビレ32cm

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、キビレ37cm

クリックすると元のサイズで表示します

 このキビレを最後に、予定通り日没前の午後6時、納竿終了。新淀川を後にしました。

 結果は、渋いのではの予想を大きく覆し、45cmを頭に、40UP5匹を含め合計9匹の型物のキビレの大爆釣。最後の最後まで、アタリが続き、しかも、良型ぞろいで、新淀のキビレは、今、絶好調です。


 

 先日の台風の大雨は、紀伊半島南部に甚大な被害をもたらしました。今年はほんとに驚愕するような自然災害の連続で、言葉もありません。和歌山県の河川情報の映像を見る限り、ゆうたろうのホームグランド有田川でも水位は、平常に戻ったものの今もって水は泥水状態が続いています。これは一時的に濁りが入ったということではなく、今も上流からの泥水の流入(供給)が続いているということで、紀伊半島に降った今回の雨量が如何に多かったかを裏付けるものと思われます。
 ライフラインの復旧が急がれている一方、土砂ダム決壊の危険性も残されており、更に尾鷲では、養殖マダイの大量死が伝えられるなど地場産業への甚大な被害も明らかになっています。
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに被災者の皆さんの一日も早い復旧復興を願ってやみません。




北斗サーフ公式サイト
2
タグ: 淀川 キビレ チロリ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ