2011/5/22

新淀川 キビレ 釣行記 U  投げ釣り

新淀川   キビレ  釣行記 U   5月22日 中潮

 4月末から一か月ほど続いた忙しい日々も、いよいよ終盤を迎え、ようやく出口が見えてきました。あと一週間ほどで、釣行が再開出来そうです。我慢もあと少しですが、仕事も順調に進み出口も見えてきたということで、日曜日の夕方、久々に早上がりで、例の場所に。2時間ほどの予定で、もちろん釣行再開の予行演習です。
 仕事を終え、南港でエサを仕入れて、現地新淀川に着いたのが7時。昼間かなり激しい雨が降ったので、少し心配しましたが、ほとんど影響もなく、濁りも入っていません。しかも青空が広がり、熱くもなく寒くもなく、天気は最高!相変わらず、常連さんがウナギを狙って竿を出されていますが、昼の雨の影響か、公園で遊ぶ人も少なめです。
 中ほどに釣り座を確保すると早速準備を始めて、一投目を投入。二本目を準備していると早速アタリです。元気にグイ、グイと竿先を持っていきます。早速お出まし!と軽くあわせて巻き取りを始めると乗りましたが、何か変?キビレの手応えとは違いすんなりと寄ってきます。やはり上がってきたのは、40cm弱のセイゴ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 釣れないよりましかと気分を切り替えて、再度投入。順次すべての竿を投入し終えるとすぐにまた、右端の竿先にアタリが出ました。期待を込めてあわせますが、巻き始めるとこれまたすんなりと寄ってきます。登場したのは、小キビレ27cm。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 アタリは、あるものの、う〜ん何とも渋い出足です。寸足らずが続き、なんとなく不安が出てきますが、アタリだけは、ほとんど休む間もなく、堅調に続きます。すぐに、少し、らしいアタリが出て、期待が高まります。ゴンゴンと頭を振る、そこそこの手応えで、登場したのが、キビレ35cm。やっとそれなりの型ものが登場して、ほっと一安心。

クリックすると元のサイズで表示します

 続いて、キビレ32cm。 

クリックすると元のサイズで表示します

 そして、寸たらの29cm。

クリックすると元のサイズで表示します

 この寸たらを処理している間に、初のドラグ音。ジャッ、ジャーー!とドラグが滑っていきます。止まってしばらくするとまたジャーーと出ていきます。やっと淀川らしいアタリに、小チヌの処理もそこそこに、気持ちを込めて合わせるとドーンと重々しい手応えが返ってきました。これこれこれ!頭を振り激しく抵抗する重量感あふれる手応えを存分に楽しみ抜きあげるとやはり40cmUPのキビレ。満足の一匹です。

クリックすると元のサイズで表示します

 次が、小さいアタリで小チヌ。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 そのあと、右から二番目の竿がドラグオン。来た来た来た!と期待を込めて糸の出が止まるのを待ちますが、スプールが止まりません。ジーーーッ、ジーーー。しばらくして、ようやく止まりましたが、すぐにまたジーーーーーーと糸が出続けます。???いったい何?不思議に思いつつ合わせを入れて巻き始めるとすごい抵抗です。すぐに巻き取れなくなりました。ん〜これはひょっとして・・・エイ!?テトラに出て、腕が筋肉疲労でパンパンになりながらようやく浮かして確認したのは、やはりというか、・・・一抱えもあるエイ!仕掛けを切って丁重におかえりを願いました。
 このエイと格闘している間にも、単発で、後ろからドラグ音が、ジーー、ジーーと聞こえてきます。ようやく、ほっと一息ついて、アタリのあった竿を合わせるとこれもそこそこの抵抗で、登場したのが、キビレ37cm

クリックすると元のサイズで表示します

 次に、左端の竿先をひったくるような大きなアタリの後、ドラグ音を鳴らして今日一の激しい抵抗で登場したのがキビレ42cm

クリックすると元のサイズで表示します 

 これを機に、9時30分、納竿終了。結果は、実釣2時間半で、40UP2枚を含め30オーバー5枚の釣果。不安なスタートでしたが、終わってみればコーヒーを飲む間もないくらいの好釣果で、予想通りの淀川盛期入りを確認。竿尻を浮かすくらいのアタリでも乗らないことも何度かあって、工夫をすれば・・・・・。いずれにしても釣行再開に向けた素晴らしい予行演習となりました。
 あらためて淀川とキビレに感謝!
0

2011/5/4

新淀川 キビレ 釣行記  投げ釣り

新淀川 キビレ 釣行記 5月4日 大潮 

 ゴールデンウイークは、長くても短かくても、ゆうたろうには全く関係ありません。世間には10連休などという人もおるようですが、ゆうたろうのゴールデンウイークは、原則というか、基本的にというか、なんと言い変えようが、ず〜〜っと仕事!です。もちろん仕事ですから、これっぽっちも不満はありません・・・いや、ないはずです・・・いやいやないと思います・・・いや、ちょっとだけ・・・ん〜嘘です!やっぱりお魚さんと遊びたい・・・しかし、だからと言ってどうしようもありません。手も足も出ません。ということで、昨年に続いて少しだけ悪あがき!
 ゴールデンウイーク淀川キビレ釣査を実行です!!
 シーズンインすれば、安くて、近くて、短時間で投げ釣りの魅力を味わえる淀川は、まさに都会のオアシス。ここ数年の釣査では、ゴールデンウイーク前後で、シーズンインというのが結果ですが、シーズン初期の短時間釣行ですので、型や数よりも、とにかく釣れ出しを確認することが一番となります。
 もちろん釣れればそれに越したことはありませんし、それはそれで、最高ということになりますが、実際には、はずすこともあります。事実3年前には、60cmほどのスズキは釣ったもののキビレには全く相手にされずHZUREでした。昨年、一昨年は、盛期ほど数は出ませんでしたが、あのキビレの元気を確認。竿先を一気に持っていく大きなアタリと竿を持つ手にガンガン伝わるびっくりするような激しいファイト、そのキビレ最大の魅力を存分に堪能しました。春先、水温が少し低目に推移したことの影響が気になりますが、はたして、今年はどうなることやら・・・

 当日は、夕方仕事終了と同時に、事前に予約を入れていたエサを取りに行き、6時過ぎに、現地新淀の北港のポイントに到着。半年ぶりの淀川は、いつもと変わらぬゆったりとした流れで、迎えてくれました。すでにウナギ狙いの地元の方々が何人か竿を並べておられます。そのうちの一人の方に少しお話を聞くとエサはイソメ、連日、来られていて、今日は渋いが、昨日は良型の太いウナギを含めて2本の釣果。キビレもたまに上がっているのではとのこと。ふかせでチヌを狙っておられた方にもお話を聞くと昨日は良型のチヌを上げたが、今日はアタリもない・・・。
 ん〜!?中々渋そうです。何となくはずしそうな感じですが、翌日も仕事ですので、とりあえず8時過ぎの満潮の潮変わりまでの短時間勝負ということで早速準備を始めます。準備のできた竿から大きめにエサをつけてフルスイング。第一投。盛期の新淀であれば、2本目の準備をしてる間にも、既に投入した一本目の竿先に大きなアタリが出ることもしばしば。期待しつつ、投入した竿に視線を送りながら2本目、3本目、そして4本目を準備して同じ様に投入しますが、結局最後まで変化なし。風で大きく左にふけた道糸が、上げ潮で徐々に、ゆっくりと右に戻されていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

 やはり盛期のようにはいきません。まだ時間はありますし、これからということで、後ろの自販機でコーヒーブレイク。缶コーヒーを飲みながら戻ってくると・・・ん!?・・・右端の竿に、遠目にもはっきりとわかるアタリが出ました。竿先が、激しくたたかれて一気に入っていきます。
 来た来た来た!やっぱりおるやん!久しぶりの淀川のキビレとの再会にうれしくなってきます。もう一度激しく竿先を持って行ったところで、竿を手に取り大あわせ!気持ちよくグーンと重量感が伝わってきて、乗りました。巻き取りを始めるとゴンゴングイグイと激しく抵抗。ゆっくりと前に出て、テトラに乗ってさらに巻き取っていくと激しく抵抗しながらもようやく手前で浮いてきました。良型です。一旦姿を見せてから更に最後の抵抗、ぐいぐいと力強く潜っていきます。そこを強引に浮かして終了。針掛かりを確認してごぼう抜き。メジャーを忘れて、鞄に入っていた持ち合わせの30cmのモノサシで計測すると40UPのきれいなキビレでした。

クリックすると元のサイズで表示します

 HAZUREも予想していただけに、一投目から40UPのキビレを釣り上げ、久々のファイトを堪能すると、ほっとするとともに、期待が高まります。そして、当然のごとく次のアタリを待ちます。
 ここでは、一匹来れば続くはずですので、今日の釣果は約束されたようなもの、ほぼ間違いなく次の激しいアタリが見れるはずですが・・・しかし、次にやってきたのは、激しい引き潮。7時過ぎ、上げの時間にもかかわらず、突然全ての竿先が、ゆっくりと揺れ始め、あっという間に道糸が左横に。回収すると左からテトラぎりぎりに帰ってきます。新たに投入した仕掛けも落ち着くことなくみるみる左に流されて、他の道糸と交差します。釣りになりません。結局テトラに糸が絡んで、一本の竿の仕掛けをロストすることに・・・ここ新淀の北港でこんなに激しく流される経験は、過去にありません。不思議なことに、この激しい引き潮も、小一時間ほどで嘘のようにおさまり、仕掛けが落ち着くようになります。すべての竿に新しいエサを付け替えて、心機一転投げ返しますが、このころから、今度は強い北風が吹き始めます。それでも次のアタリを期待して、潮変わりのあとの9時過ぎまで、寒風に堪えて頑張りましたが・・・残念ながら最後まで竿先は、激しいアタリを伝えることなく、納竿終了。

 結局、実釣2時間半の今年初の新淀釣行は、隅一の40UPのキビレ一枚という残念な結果に終わりましたが、逆にこの一匹が釣れたことによって、釣期入りの確認ができたと思っています。これから日に日に水温が上がって、そう待たずに新淀のキビレは盛期入りするはずです。次回は、爆釣・・・かな???

 それにしても、いったいあの激しい潮は何だったのか・・・不思議でなりません。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ