2011/4/12

淡路松帆 マコガレイ・アイナメ  釣行記  投げ釣り

淡路松帆 マコガレイ・アイナメ 釣行記 4月12日 長潮
 
 今年の春はことのほか忙しく、思うように休みが取れません。ようやく、今週、仕事が一段落。すぐに次の山が待ち構えてはいますが、数少ないチャンスということで、合間を縫ってほぼ半月ぶりの休みを頂きました。もちろん久しぶりの釣行です。
 鳥取賀露でイシガレイを狙うことも考えましたが、当日の潮は長潮。潮があまり動かないということで、小さい潮にぴったりの松帆釣行を選択。今年は2回目の松帆釣行で、前回は手のひらのみとあまり良くありませんでしたが、昨年はこの時期、毎週のように、ここ松帆に通い、カレイ・アイナメ・舌平目と良い思いをさせてもらいました。
 ただ今年は、全体に淡路島の戻りのカレイが、思わしくないようで、あまり良いお話が聞こえて来ません。となると結果は極めて期待薄ですが、釣れても釣れなくても、とにかく明石海峡に向かって久方ぶりに思いっきり竿を振れるということで、わくわくしてきます。
 しかし、謙虚さは初めだけ。いよいよ釣行日が近づくと自らの実力とは関係なく、そして、あまり釣れていないなどという情報とは全く無関係に、気分は舞い上がり勝手な妄想がもりもり・・・。毎度のことながら、HAZUREを何度経験しても、次の釣行前には、自作仕掛けに勝手に大ガレイが食らいついてきます???・・・頭の中では・・・いつでも釣行前は、大爆釣!投げ釣り名人!

 当日は、夜遅く仕事を終えると予約していたエサを南港で仕入れて、一旦帰宅。道具を積み込み、冷凍庫に眠っていた塩マムシを補充していよいよ出発です。いつものとおり、阪神高速神戸線を経由して淡路島へ。松帆到着後仮眠して、うっすらと空が明るくなりかけた朝5時起床。早速道具を抱えて浜に出ると準備開始。すぐに夜が明けますので、準備のできた竿からエサをたっぷりと付けて、まだ薄暗い海に向かってフルキャスト。少し花冷えですが、予想していた風もなく春の朝日に照らされて、松帆で思い切り竿を振ると気分はやっぱり爽快、そして最高!もちろん我流の乱れ打ちですが、・・・春の一日のんびりと竿をふれることに感謝。しかも今日は長潮、ここ松帆では最も問題なく竿をふれる潮のはず・・・ですが・・・意外にも結構潮がながれています。

クリックすると元のサイズで表示します

 もちろん釣りができない程ではありませんが、投入した仕掛けは、みるみる流されて竿を右に大きく曲げます。しかも、春の定番、流れ藻が次々に道糸に絡みつきます。早速からみついた流れ藻を処理し、エサの点検のため竿を上げようとすると一投目から根掛かり。ゆっくり下がって何とか回収しようとしますが、結局、高切れ・・・。予想どおりというか、期待はずれというか、幸先の悪いスタートとなりました。
 それでも、急いでテーパーラインを結びなおして、仕掛けをセット。再度投入して、朝一の時合いにかすかな望みを掛けて、じっくりと竿先に集中します・・・グーッと押さえ込めと、念じていると、先ほどから藻が絡み規則的に揺れていた真ん中の竿、その穂先が、突然、大きくグ〜ンと入りました。えっ!アタリ?・・・それとも大きな流れ藻でも掛かったかなと見てみますが、そんな様子もありません。ということはやっぱりアタリです。軽く合わせて巻き取り開始すると潮の流れと相まって結構な重量感です。そして、時々グイグイと魚の手応えが竿に伝わってきます。アタリの大きさからカレイではありませんが、おそらくアイナメかコブダイの型物と思われます。
 久々の型ものの手応えに、何とか取りたいと気持ちが高ぶり、必死で巻き取っていきますが、あまり釣行していませんので、腕が付いていけません。腕の筋肉に乳酸がたまって次第にスムーズに巻き取れなくなってきました。焦りますがどうしようもありません。かけ上がりで、一瞬止まりかけましたが、巻き取れなくなった分、後ろに下がりながら竿をあおると何とか動き出しました。ほ〜っと危機を脱して一息。後は一定のリズムで巻き取っていきます。アイナメ?コブ?とラインの先の海面を見つめているとかなり近くなって茶色い大きな魚体がラインを右に左に揺らしています。アイナメです。しかもかなりの大きさです。慎重に波打ち際にずり上げ魚体を確保。計測すると実寸で40cmに達する大きなアイナメ。期待を超える大物に感激です。

クリックすると元のサイズで表示します

 もちろん、昨年のこの時期に、ここ松帆で40オーバーのアイナメ2匹を釣っていますが、いくら妄想逞しいゆうたろうでもまさか、また40オーバーのアイナメが釣れるとは思っても見ませんでした。どちらかと言えば尺越えのマコガレイを何とか一枚でもというのが本音です。それだけに、よく太った大きなアイナメにうれしさがこみ上げてきます。ゆうたろうの最近の釣果からすれば、カレイ狙いとはいえ、このアイナメだけで、もう十分大満足!お釣りがくるくらいです。
 しかし、時間とエサが大量に残っていますので、ひょっとしたらと投げ続けます。すると、ついている時はこんなもので、エサ替えのため上げた右端の竿に、軽い締め込みが・・・アタリの無いままに上がってきたのはマコガレイの30.5cm。ぎりぎり尺超えですが、これで、アイナメ・カレイの型物そろい踏み!

クリックすると元のサイズで表示します

 釣れなければ、夕方までと思ってここ松帆釣行を計画してきましたが、もう朝の9時過ぎには、大幅に目標達成です。信じられないようなラッキーですが、やっぱり松帆です。
 まだ大量にエサが余っていますので、とりあえず夕方までの予定を昼過ぎまでと納竿時間を大幅に短縮変更して、のんびり、余裕で釣り再開です。ちょうどこの時間に地元の方が見に来られて、情報交換。松帆でも最近あまり釣れていないとのこと。釣果をお見せするとアイナメにびっくりされていました。
 その後は、アタリもなく、春の柔らかな日差しの中、ゆったりとした時間が流れていきます。釣果が上がると心に余裕が出来てくるのか、お腹がすいてきました。ドラグをゆるめて、近くのコンビニでおにぎりを購入。釣り座に戻り、青空の下、鮭おにぎりを頬張っていると後ろの林から「ホー、ホケキョ」とウグイスの鳴き声が聞こえてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 鳴き声がした方を暫く見ていると2度3度と繰り返しウグイスのきれいな鳴き声がきこえてきます。釣果に恵まれ、桜も満開。ウグイスにも祝福され?う〜ん春の松帆は最高!などとボーッとしていると、次の瞬間「ジッ、ジッジー」とドラグ音が微かに聞こえてきました。慌てて振り返ると左端の竿先がわずかに揺れています。一瞬何のことか分かりませんでしたが、ひょっとしたらアタリ?!ということで慌てて竿に近づきドラグを締めて大あわせ。
 するとドーンと大きな手応えで、確かに何かが乗りました。しかし、デカフグでも結構な手応えですから、半信半疑で暫く巻き続けていると、グイグイと力強い魚の反応が伝わってきました。フグとは違う!!ということで必死で巻き取っていくと今回は、意外にもすんなりとかけ上がりを通過。暫くするとテーパーラインが見えてきました。一体何が掛かったのかじっと見ていると仕掛けの先で悠然と泳いでいるのは、一匹目と変わらない大きなアイナメ!いやむしろ大きいぐらいです。慌てて前に出て慎重に魚体を確保。指がまわらない太さのアイナメにドキドキです。計測すると41.5cm。

クリックすると元のサイズで表示します

 大きさでは、自己記録には届きませんでしたが、昨年に引き続き40UPのアイナメを一日に2匹、信じられないような釣果です。更に、昨年は、30ちょいのアイナメの組み合わせですが、今年は30ちょいのマコガレイとの組あわせ。う〜ん・・・なんと!自分でも言葉がありません。ただ言えることは、これが松帆の実力!!魅力!!
ただただ、松帆に感謝!!
 もちろんその後は、何事もなく予定どおり午後1時30分納竿。松帆を後にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

 家に帰ると、久々のアイナメのフルコース(お造り、湯引き、から揚げ、骨せんべい)に、マコガレイのお造り。山の神や同居人はもちろん、「ミャー」も大満足の夕食になりました。

 因みに下の写真が、昨年3月12日(中潮)松帆での釣果写真です。
クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ