2011/3/10

淡路松帆 マコガレイ 釣行記  投げ釣り

淡路松帆 マコガレイ 釣行記 2011.3.10 中潮

 いよいよ待ちに待った3月!戻りガレイのシーズン到来です!!
 まだまだ気候は不順ですが、確実に春が一歩一歩近づいてきています。そして、厳しいながらも、確実に、あちこちから大きなカレイの便りが入って来るようになりました。残念ながらゆうたろうにとっては、まだまだ凍りつき、身震いするような冬が頑張っていますが、遅い早いは別として、誰にも平等に必ず春は訪れてきます。そして、誰にも平等に海は出迎えてくれるはずです。問題は、それぞれが、どう努力して、いいめぐりあわせを引き寄せるか・・・それだけのはずですが・・・とにかく釣行しなければ100%、出会いもありませんし、平等に待っているチャンスに巡り合うこともありません。春のカレイの戻りシーズンへ、とにかくアタック開始です。
 前回に続いて鳥取賀露も考えましたが、当日は、天候が冬型。ノーマルのゆうたろうは、安全優先で断念し、とりあえず恒例の淡路島釣行を決定。どこに入るかかなり迷いましたが、どこへ行っても釣れる気がしませんので実績重視で、これまた恒例の松帆にご挨拶です。確かに昨年は、松帆で二度と起こらないような良い思いをさせていただきましたが、狙いの本命である戻りのカレイは、通った割には少なくて3枚のみです。ま、そこが松帆の意外性の魅力というか、カレイを外しても何か出会いがあります・・・あるはずです・・・あるかな・・・あってほしいな・・・あるかも・・・どちらにしてもあまり自信がありませんのでとにかく松帆の可能性に掛けてHAZURE釣行返上を目指します。

 とにかく釣れません。あまりにも釣れない日々が続いておりますので、とりあえずキビレで流れを変えてと・・・げんを担ぐような気持ちで寄り道釣行。(ふぐたろうさんが釣られているのを参考に、勝手にお邪魔して「元気」を少しわけていただきました!すいません!)

クリックすると元のサイズで表示します

 結果は、何とか5匹ほどのキビレに元気をもらって一路松帆へ。
 
 松帆に着くと例のごとく仮眠をして、5時半起床。一時に比べて夜明けが早くなって来ていますので、もうこの時間には東の空が青みを帯び始めています。急いで荷物を担ぎ浜に出ると、準備の出来た竿からマムシをたっぷり付けて第一投。潮どまりには早いこの時間、まだ海面は波立っており流れがありますが、実際投入してみると見た目ほどでもなく、仕掛けはある程度右に流されて止まります。いけると言うことで、続けて順次全ての竿を投入し終えると完全に夜が明けました。

クリックすると元のサイズで表示します

 よし来いと竿先を見ていると早速、右端の竿先がグーッと小さく入りました。小さいとはいえ、はっきりとしたカレイ独特の竿先を押さえ込むアタリです。竿を手に持ちあわせると乗りました。アタリ同様、大きくはありませんが間違いなく乗っています。強引に寄せてくるとやはり小振りのマコガレイ26cmでした。小さいながらも、肉厚でしっかりとエサをくわえ込んでいましたので鄭重にクーラーにキープ。型は別として、アタリを取って一投目からマコガレイを確保、ラッキーです。期待が高まり、気合が入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

 暫くして、一斉にエサの点検と付け替えを行うため、竿を上げていくとアタリもなくマコガレイがダブルで・・・???・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 木っ端にもかかわらず、15号のカレイ針を2匹ともしっかりとくわえ込んでいます。こんな木っ端が連で上がるなんて松帆では初めてです。ん〜何とも微妙ですが、続けてマコガレイが上がってきましたので、今日はいける!期待が持てる!と勝手に解釈。エサを付け替え、気持ちを込めて再投入。アタリを待ちます。
 しかし、世の中そんなに甘くはありません。そうそう簡単に釣れるはずもなく、幾度となく回収してはエサの点検、また投入を繰り返しますが、その後は何の変化も現れません。塩マムシが瞬殺で無くなる秋のエサ取りの猛攻が嘘のように、何度投げても、新鮮なマムシが新鮮なまま帰って来ます。そして、朝の時合いも期待に反して何事もなく終了。こんなはずではと不安が高まる中、微かな望みをかけて昼からの潮止まりに期待し、粘り強く投げ続けましたが、結局、退屈な時間だけが流れて、最後の最後まで新鮮なマムシは新鮮なまま。下げの激しい潮が流れ出し、仕掛けが止まらなくなったところでジエンド!納竿終了。

 結果は、隅一の小さいマコガレイ以外、フグのエサ取りも含めて一切の生物反応なしという限りなくHAZUREに近い釣行でしたが、・・・しかし、小さいながらも今年初のマコガレイの顔を見ることがで来たと言うことでとりあえず納得。次回に肉厚マコガレイを期待し松帆を後にしました。
 ・・・で、小さいマコガレイですが、・・・もちろん針を飲み込んで持ち帰ったキビレ一匹とともに強引にお造りにして、一家四人と一匹、とてもおいしくいただきました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ