2009/12/22

紀ノ川 KIBIRE 釣行記 小潮  投げ釣り

 年末恒例の境港釣行を予定していましたが、先週は、ばたばたで休みが取れませんでした。そうこうする内に、強烈な年末寒波・第一弾がやってきて、日本海側は、10年(?)ぶりの12月の大雪。22日、ようやく2週間ぶりの休みが取れたもののドカンと居座っていた寒波の余波がまだ続いており山越えは微妙、全く自信がありません。凍結、チェーン規制など、へたれアンドいい加減のゆうたろうには、とてもとても無理。 ということで今年は、恒例の境港釣行を断念。それでは、どこへと考えましたが、どこも寒さ厳しき折、名案が浮かんできません。クロソイやアイナメ狙いで鳥羽まで走ることも考えましたが、結局は、この寒さの中、鳥羽まで走る元気も無く、安全牌のキビレ狙いと言うことで超近場、ゆうたろうのホームグランドを選択。一年ぶりの紀ノ川釣行です。
 カレイを本格的に追いかけるようになったここ数年は、ほとんど通っていませんが、それ以前は、12月から4月頃までは、もっぱら紀ノ川、有田川の河口でみぞれや風がビュービュー吹く、くそ寒い中で、キビレを狙って奮闘していました。
 突然、竿先をひったくるように持って行く大きなアタリ、頭をゴンゴンと振り、手前に来ても猛烈に横走りして最後まで激しく抵抗するキビレチヌは、一年中で最も寒く釣り物が極端に少ないこの時期、投げ師を楽しませてくれる貴重なファイターです。しかも、近場で、夜釣りで狙える優れ物。仕事でなかなか休みが取れないゆうたろうに取っては短時間勝負で投げ釣りができる最高の相手です。
 さて、今回色々悩んで選んだのは、以前に型物を良く釣らせていただいた紀ノ川左岸。いわゆる青岸。ここ数年大規模な護岸工事が行われており、暫く通っていませんでしたが、ようやく工事も峠を越し、現在、工事の中心は紀ノ川大橋の北側に移りつつあります。工事の結果、自販機前や水門など有名ポイントは大きく変化しており、水際は、以前に比べ30mほど後退。手前は、コンクリートで平坦に、水際は、自然石で石積み護岸にと、とてもきれいに整備されました。結果、猫の額のようなところに荷物を置いて、コンクリートブロックの上から後ろを気にしながら投げていた以前に比べて抜群に釣り易くなっています。ただ、投げ師にとって大事なのは、釣り易さよりもお魚さんにとってどうなのかです。
 工事以前は、この時期アタリがあると35cmから40cm前後の型物がばたばたと立て続けに釣れ、春先には50cm近い大物も釣っています。工事が終了してどう変わったのか、確認する目的もあっての釣行です。以前と変わらなければ、はずれることなく、型物のキビレが激しいアタリを送ってくれるはずです。
 この日は、小潮。午前3時30分干潮、午前10時満潮ということで、夜明けをはさんで、潮が上げているこの絶好の時間を狙っての釣行です。エサの小ボケを和歌山市内で仕入れて、紀ノ川現地到着が3時30分。早速車から荷物を降ろして、準備開始。5本の竿に小ボケの2匹刺しで、順次投入。ゆっくりと潮は上げています。4本目の竿を準備していると早速真ん中の竿にあたりです。一気に30cmほど竿先を持って行きました。さらに続けてガンガンと竿先を揺らします。元気の良いキビレの当たりです。準備している竿をおいて、あたっている真ん中の竿を持ってあわせを入れるとガッチリと乗りました。そこからゆっくりと巻き取り開始。ゴンゴンと頭を振って抵抗する魚の様子が伝わってきます。最後に手前でも激しく横走り。しかし、あまり重量感がありませんので、大きくはありません。
 抜き上げ計測すると26cm。いわゆるチンチン・ババタレといわれる小チヌクラス。その元気に、余裕で丁寧に針をはずして放流。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 5本の竿全て投げ終え、竿先を見つめていると続けて26cm。
クリックすると元のサイズで表示します

 続けて28.5cm。
クリックすると元のサイズで表示します

 さらに続けて29.5cm。これは、針をしっかりと飲んでいますのでキープ。
クリックすると元のサイズで表示します

 しかし、ん〜???小チヌだらけ!この場所で、この時期にこれだけ小チヌを釣った記憶がありません。やっぱり工事の影響か?不安になってきました。しかも天気予報どおり今期一番の冷え込み。防寒着を通して体に寒さが伝わってきます。鼻水がでて、小ボケを付ける指がしびれます。ただ、少しづつ型が大きくなってきていますので期待してまっていると、次に登場したのが、30.5cm。ぎりぎりですがやっと待望の30cmオーバーのキビレ 待った甲斐がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして、ひときわ大きなあたりと抵抗を見せて上がってきたのがキビレ34cm
クリックすると元のサイズで表示します

 ここでうっすらと明るくなってきて、更に大物の期待が高まりますが・・・結果、明るくなってからもぽつぽつとアタリを拾って、釣り上げたのは27cm。28.5cm。29cmと相変わらずの寸足らの3枚のキビレ。8時30分エサ切れ納竿終了。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



 34cmを頭に9枚。どのキビレも、オツ!とビックリするくらい大きなアタリで、しかも小さな体に似合わず激しい抵抗を見せ、なかなか楽しませてくれました。型物2匹と針を飲んだ小チヌ2匹を持ち帰り、お造りとムニエルに調理し、我が家で美味しくいただきました。紀の川のキビレに感謝!!
 全く不満はありません……が……が……
 はっきり言って不満です!釣れないなら釣れないで納得ですが、これだけ釣れて35cmオーバーがゼロ。以前の紀ノ川では、ちょっと考えられません。時期が早いのか?それとも工事の影響か?いずれにしても不完全燃焼です。
12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ