2009/9/29

有田川 KIBIRE OOHAZURE 釣行記  投げ釣り

有田川KIBIRE OOHAZURE釣行記 9月28日 中潮
 シルバーウイークも無事仕事をこなし、2週間ぶりのお休み。ということで前回の釣行の再現、いやそれ以上の「のっこみ」キビレの爆釣を狙って有田川へ。今回は、泉大津でチロリを予約し購入。現場到着が前回と同じく午後8時前。潮も10時過ぎが干底で、上げに変わる前回釣行と全く同じ条件。釣れない訳がないと高をくくって8時過ぎ第1投。静かに下げているなか、5本の竿を順次投入してアタリを待ちます。今回は、とりわけ、味を占めたというか、のっこみキビレの旨さを堪能した山の神たちの大きな期待も背負っての釣行、気合いが入ります。
クリックすると元のサイズで表示します 
 前回は、ここで、少し待ってアタリがないので買出しに走りましたが、今回は、爆釣を期待して、じっと集中してアタリを待ちます。しかし、期待や意気込みに反して、なかなか竿先を大きく揺らすアタリは、出てきません。しばらく待ってやっと小さなアタリがきました。コンコン、コンと小さいですが、はっきりしたアタリが竿先を揺らします。やっと来たと思い待ちますが、コンコンと小さなあたりが続くだけで、それ以上、竿先を持っていく力はないようです。竿で聞いてみると小さいですが何か乗っていますのでゆっくりと巻き取り開始。仕掛けを上げると付いていたのは、予想どおりの小チヌ。所謂、チンチン・ババタレと世間で言われている奴です。お父さんお母さんを連れてくるよう丁重にお願いして放流。しかし、お願いしたにもかかわらず、次にきたのも先ほどと同じような小さなアタリで、小チヌ。しかも、気のせいかいつにもまして極端に小さいような…10cmにも満たない大きさです。これまた。針をはずしてお帰り願いました。
 そして、次に登場したのは、コンコンブルブルというあたりで常連のゴンズイ。続いてコンクイクイと少しましなアタリを送ってきたのは、良型のアナゴ。ま、いつものことで、あまり気にせず投げ返します。そうこうする内10時過ぎの干底を向かえますが、ここでも前回同様釣果0。少し不安がよぎりますが、「前回も上げてからアタリ連発。潮が上げに変われば、絶対に釣れる。」と何の根拠もないのに不思議にも妙な自信が…
 ところが、その頃から予報通りに、雨が降り出します。最悪ですが、これからが時合い、撤収するわけに行きません。幸い、細かい小ぬか雨ということで、「さーいらっしゃい」とぬれながらも竿先を睨んで真剣にキビレからのシグナルを待ちます。
 すると暫らくしてコンコングーとようやくいいアタリが、・・・やっぱり我慢するものです。「よっしゃ!やっぱりきた!」と期待をこめて巻き取り開始。結構な手ごたえですが・・・・・しかし、少し変です。上げてみると小さいうちわサイズのエイ。期待が大きかっただけに落ち込みも激しく、がっくり。何とか気を取り直し待っていると、次に、単発のコン、コンというあたり。そして、登場したのは、ハゼ。ん〜。いやな予感。この頃にはすっかり自信喪失。しかも、期待もむなしく次もハゼ。その次は、竿先をグーンと持っていく大きなアタリでエ〜イ。だんだん雨脚も激しくなってきて本降りに。それでも、あきらめきれず何とか1匹としばらく濡れ鼠になりながら粘ったものの・・・結局、キビレからのシグナルはその後もなし!
 結果は、完全無欠のOOHAZURE。世に言うボウズ。撃沈。のっこみキビレの大爆釣??どころか、達成したのは外道の5種目だけ。なんと情けない。12時過ぎ納竿し、帰宅。
 翌日、山の神たちの「自慢のキビレのたたきはどうしたの!?」の一言が身にこたえました。
2
タグ: 有田川 キビレ チヌ

2009/9/16

有田川 KIBIRE 釣行記  投げ釣り

 有田川 KIBIRE 釣行記 9月16日 中潮 
 6月16日お休みをいただいてからちょうど3ヶ月、ようやく仕事も峠を越して、一段落。3ヶ月ぶりのお休みをいただきました。
 ということで、当然、3ヶ月ぶりの釣行です。しかし、この3ヶ月、釣りと無縁の仕事漬けの毎日。気持ちとは裏腹に、体力(筋力)もおとろえており、加えて、仕事の忙しさを口実に道具もそのままほったらかし。しかも、我が家の用事も山積みということで余り無理をせず、新淀川で確実にキビレ狙いと一旦は決めたものの、今夏のベストシーズンに有田川でキスの型物狙いができなかったことに未練があり、時期的に遅いかもと思いつつも最終的に有田川に変更。
 6時半、仕事終了後、在庫を確認し南港でチロリを仕入れて一路有田川へ。途中、海南出口が工事中で閉鎖とのこと。仕方なく海南東で降りて、初めての道路を走りますが、途中少し道を間違え多少の時間をロス。しかし予想した夕方の渋滞もなく、国道は、順調に流れており8時前には有田大橋上手右岸のいつものポイントに到着。
 早速第1投。続けて5本の竿を順次投入。全て投げ終えアタリを待ちますが、静かに潮がゆっくりと下げているだけで、音沙汰なし。
クリックすると元のサイズで表示します
 本命は、10時過ぎの上げに変わる潮変わり以降の時間と決めつけ、コンビニに夜食の買い出しに。帰ると予想に反して、2本の竿にアタリ。一本は、なかなかの抵抗を見せますが、予想通り常連のエイ。一本は、頭を振るそこそこの抵抗(キビレの型物?)を見せ期待しましたが、途中でふっと軽くなり13号カレイ針が素針で帰ってきました。がっくり!3ヶ月ぶりの初獲物を逃しいやなスタートです。
 それからは、ちょこちょことアタリがありますが、釣れるのは、ゴンズイ、ババタレ、エイ、そしてこの日は珍しく良型のアナゴが連発。そして、遂にウミヘビも登場。オールスター勢揃いです。10時の干底を迎えますが、獲物らしい獲物がきません。この時点でまともな獲物ゼロ。新淀川ならこの時点でキビレ二桁・・・・、キスはもうだめかな・・・・、と考えていると潮変わりに合わせるかのように一番左のあまりいつも期待していない竿に、珍しくクイクイっと明快に竿先が入るアタリ。期待せずに待っているとさらにクックッと竿先が入りました。竿を手に持ち聞き合わせ。乗っていることを確認し、巻き取り開始。結構な抵抗で海面に顔を現したのは、キビレ。元気で、型もそこそこ。初獲物ということで丁寧に引き寄せ確保したのは、キビレ38cm。
クリックすると元のサイズで表示します
 嫌なスタートを切ったあとだけに坊主を回避してほっと一安心。締めて丁寧にクーラーへ。これを機に、好調に獲物が続きます。まず、クックーんとシャープなアタリで良型のキス24.7cmが登場。
クリックすると元のサイズで表示します
 続いて、型は小振りながらも元気手応えで上がってきたのは、天然ウナギ53cm。
クリックすると元のサイズで表示します
 これも鄭重にクーラーへ。更に、これまたシャープなアタリでキス24.3cm。
クリックすると元のサイズで表示します
 この時間、相変わらず、エイやゴンズイ、アナゴも登場しますので大忙しです。しかし、12時過ぎから次第にアタリが遠のきます。
 3ヶ月ぶりの釣行。型物のキビレと良型のキス。少し小さめですが天然物の有田川産ウナギ。ムニエルも煮付けも蒲焼きもキスのお造りも、すべて期待できる十分満足な釣果です。アタリが遠のきましたので、あと30分!1時納竿と決めて竿先を見つめていますとクイクイと連続したアタリで、小チヌが登場。針を外し、丁重にお帰りいただいていると、続けて余り期待をしていない、例の左端の竿がグイと入りました。またババタレかなと思っていると更にググーッと大きく入りました。少し期待できるアタリですが、エイの場合もありますので、ゆっくりと巻き取り開始。確かに重量感のある手応えですが、さほどの抵抗もなく意外とすんなりと寄ってきます。ということは、エイではありません。一体何かな?と期待しつつ更に、一定のリズムで慎重に巻きとっていきますと海面に現れたのは、大きなキビレです。
 なんやキビレか・・と思いつつ更に寄せにかかると先ほどまですんなりと寄ってきたキビレが急に抵抗を始めました。ひらを打って反転、グイグイと抵抗します。ドラグ調整をして対抗し、ようやく階段下に引き寄せますが、そこでも何度も抵抗を見せます。最初は、キビレということもあり、軽く考えていましたが、このキビレ予想を超えてかなりの大物、しかも、ひょっとしたら50近くありそうです。後悔先に立たず!この時点で、タモを用意していないことをまたまた後悔。去年から3度目、懲りない男です。13号のカレイ針ですので、仕方なく慎重なやりとりが続きます。何度か失敗して、ヒヤッとする場面もありましたが、そうこうする内にだいぶ弱ってきたところで、ようやく階段下にずり上げ、慎重に手で確保してやっと一安心。ほっとして落ち着きを取り戻し、あらためて見ると見事に丸々と太ったでかいキビレです。計測すると実寸49.5cm。翌日魚拓をとって拓寸51.8cm。キビレとしては、初の50オーバー、自己記録更新です。
クリックすると元のサイズで表示します
その後は、小チヌを追加しただけで、1時半に終了、納竿して帰宅しました。
 
 翌日、我が家は、お魚パーティー。キビレをさばくと2匹とも抱卵。(確か何かの本にキビレは、9月が産卵期と書いてあったような記憶が・・・。)マチヌと違い、お腹だけがパンパンということもなく体全体がパンパン。身も厚く油ものりのり。たたきにするために、ガスコンロで金串をさした身を焼くと炎の中で身から出てきた油がパチパチと燃え出し、こおばしい魚が焼けるにおいがむちゃくちゃ食欲をそそります。氷水で熱を取ったあと、油の乗ったもっちりした身を、半分はわさび醤油で、残り半身は、刻みねぎ・おろししょうがたっぷりのポン酢で堪能しました。あまりの旨さにうなりました。あら身と卵は、1:1:3の割合の煮付け(某先生のパクリ・・・結構煮付けはむつかしい、自分でやると毎回味が違い良く失敗する)で、ふわっとした腹身はこれまたバカうま、大成功。小さいほうのキビレは、これまた定番のムニエルで美味しくいただきました。加えてウナギの白焼きとキスの塩焼き。豪華絢爛な食事に、我が家の山ノ神&同居人はうま〜いを連発!有田川のキビレを大絶賛!

 期待を裏切らない有田川にあらためて感謝、感謝。
 そして、へたれのゆうたろうでも釣れてしまう投げ釣りは、やっぱり面白い。最高です!
 
10
タグ: キス キビレ 有田川



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ