2009/5/21

新淀川 KIBIRE 釣行記 U  投げ釣り

新淀川 KIBIR 釣行記 U 5月21日 中潮
 そろそろ有田川でキスがいけるかも、そして、和歌川で年なしチヌを狙って…などと計画を立てていましたが、休みが思うように取れません。仕方がありませんので、自主的かつ、勝手に、大阪市内で区切りがついたところで仕事を強制終了。直帰の連絡を入れて、エサ屋に直行し、お馴染みの新淀川へ午後4時過ぎに到着。飽きもせず、毎度毎度のキビレ釣行です。夕方5時満潮、午後11時干潮の中潮。今年の淀川は、例年になく釣れだしが早いように思います。しかも、一気に盛期の釣れ方です。ということは、夕方明るいうちから釣れるはずということで、早速準備をして午後4時半第1投。日没が午後7時ですので、ご覧のとおり、真昼間からの竿だしです。
クリックすると元のサイズで表示します
 強い風が、左から右に吹いて波立っており、糸ふけが大きく出ます。多少釣りづらいですが、続けて2本目の竿を準備していると、その強風での糸ふけをものともせず早くもあたりが出ました。竿先を一気に30cmほど持って行きます。あわてて、準備している手を止め、合わせを入れるとドーンと乗りました。むちゃくちゃ元気で、ゴンゴンと頭を振り、右に左に走ります。手前に来ても衰えることなく激しく抵抗。キビレ特有のナイスファイトです。計測すると37.5cm
 一投目投入、即、あたりで取り込み、幸先良いスタートです。
クリックすると元のサイズで表示します
 再度エサを付けて左斜め遠投、同じポイントへ。続けて2本目を準備して、投入し、3本目の準備に取り掛かっていると最初の竿に、またゴンゴンとあたりです。これも乗りましたが、激しいあたりの割に小ぶりなキビレ32cm
クリックすると元のサイズで表示します
 またまた新しいエサを付け直して、同じポイントに投入し、3本目の竿の準備に取り掛かっていると、今投入したばかりの竿に、早速大きなあたりです。ひったくるように竿先を持っていった後、グングン、ガンガンと派手に竿を揺らします。元気、かつ激しく抵抗し、しかも、少し重量感あるファイトで上がってきたのは40cmジャストのキビレ
クリックすると元のサイズで表示します
 明るいうちから元気なキビレのうれしい大歓迎の連続です。投入するとあたりの繰り返しで、結局4本の差を全部出し終えるまで1時間近くかかりかした。
 さらに続けて34.5cm
クリックすると元のサイズで表示します
 そして、その後も順調にあたりが続きます。
 33.5cm
クリックすると元のサイズで表示します
 36cm
クリックすると元のサイズで表示します
 33.5cm
クリックすると元のサイズで表示します
 34cm
クリックすると元のサイズで表示します
 ここで日がくれ、あたりが随分と暗くなって来ましたので、穂先ライトをセット。ところが暗くなりはじめてからアタリが単発に・・・。
 それでもぽつぽつと思い出したように激しいあたりがあります。そして、あたりが少なくなった分、型が良くなったようで、重量感のある激しい抵抗で41cm
クリックすると元のサイズで表示します
 続いて、40cm
クリックすると元のサイズで表示します
 最後の最後、納竿間際に、大きく竿先を引き込むあたりで、これは45UP?と思わせて上がってきたのは、体高の高い40.5cm
クリックすると元のサイズで表示します
 その他、チンチン・ババタレクラスを7〜8匹釣っていますので、大忙しの釣行となりました。結局、40UP4匹を含む計11匹の大爆釣。小雨がパラパラと振りだした午後8時早々と納竿。満足、納得の帰宅と相成りました。
 新淀川のキビレ釣り・・・・・強い風をものともせず竿先を大きく引き込む明確なあたり。巻き取る竿を持っていく程の強い力。手前に来ても最後まで激しく抵抗する元気なファイト。手近で、40cmクラスが、ほぼ確実に得られる釣果。しかも盛期には、45UPが1〜2匹混じる型の良さ。1000〜1500円の安いエサ代。
 どれをとっても文句のつけようがありません。
 キビレには、全く不満はありませんが・・・しかし、キビレ以外のお魚さん、例えばキスとか・・・ゆっくりと釣りに行きたいと思う今日この頃のゆうたろうです。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ