2009/4/22

松帆 KAREI OOHAZURE 釣行記  投げ釣り

松帆 KAREI OOHAZURE 釣行記 4月22日 中潮

 本来なら、先週で戻りのカレイは終了。今週は、乗っこみチヌ狙いで、紀ノ川か和歌川周辺をうろついている予定でしたが、たまたま大ガレイが釣れてしまった投げ師の「さが」といいますか、一度釣ってしまうとチヌ、キビレのほうがはるかに確立は高く、確実に楽しめることが分かっていても、頭の中では、アドレナリンが出まくりで、「幻想交響曲」が、ドドーンと流れています。ということで、誰の目から見ても、99.99パーセント撃沈と分かっている松帆へ・・・再度の釣行です。
クリックすると元のサイズで表示します
 例のごとく松帆で仮眠の後、朝5時起床。もう明るくなっています。早速準備して、第1投。取り合えず、3本で様子を見ます。潮は上げで、結構流れていますが、投げれないほどではなく、ある程度左に流されて止まります。しかも、先週同様、今日も朝8時満潮の朝一勝負。鼻息荒く、気合入りまくりで、竿を5本に追加し、あたりを待ちます。ただ先週と違うのは、本日は、不思議と漁船が出てきません。しかし油断は禁物。耳を使い、時々見回し、かつ警戒しながら竿先を見つめ続けますが、結局底引きは登場せず、出てきたのは、毎度毎度のおなじみの蛸漁のおっちゃん。いつものとおり朝の挨拶をかわします。この日は、たまたま1本の竿の道糸が掛かってしまい、危うくきられてしまうところでしたが、気づいたおっちゃんが、漁の手を止め、絡んだ道糸を丁寧にはずしていただき、感謝!!当然ながら、大声でこころからのお礼を申し上げ、分かれました。
 そして、いよいよ満潮の潮どまり−好時合いに突入。さあいらっしゃいと竿先を見つめ、あたりを待ち続けますが、・・・・・静かです。竿先は、ただ静かに波に揺られています。それでも、さらに、辛抱強く待ち続けますが・・・・・沈黙が続き、何事もないまま、無常にも時間だけが、むなしく過ぎていきます。
 結局、夢よもう一度と最後まで粘りましたが、結果、掛かったのは、この蛸漁の船と流れ藻、そして星二つぐらいで、最後の最後まで、何のアタリも、反応もなし。外道も、そして驚きですが、フグすらにも相手にされず、何度投げてもエサは、付いたまま帰ってきます。ハズレの多い投げ釣りでも、珍しいくらいの完全無欠・完璧なまでのBOUZE・撃沈!!宝くじで言えば、下二桁すらにもあたらなかった状態で、潮が激しく下げ始め納竿、終了。この時点で頭の中では、「幻想交響曲」が、「悲壮」に変わっていました。
 ゆうたろうの今シーズンの戻りのカレイも、これにて終了。今年の秋の乗っ込みまで、松帆とお別れです。10時過ぎには、春爛漫のお花畑の松帆を後にしました。
 松帆での今シーズン(20年秋〜21年春)のカレイの大物釣果(30cm以上)は、合計3枚。昨シーズンが9枚ですのでちょうど3分の1。ただし、今年は、40UPが2枚。昨年は0枚。
 投げ釣りは、やっぱりむつかしいと思う今日この頃です。
クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ